ログイン / 登録 アカウント

Red Hat Forum 2021

日本|2021年10月20日

Jump to section
Open image

your perspective

Red Hat Forum 2021 オンライン開催決定!

世界が激変する今、生活スタイルやビジネスは変容を余儀なくされています。企業がこれまで以上に変革を進め、既存の組織やプロセスを見直しDXを実現するには、柔軟で多様な視点やオープンテクノロジーの選択が鍵となります。

オンラインで開催される今年のRed Hat Forumでは、直面する課題を解決し、競争に勝ち抜くために必要な先進事例や最新動向をお届けします。オープンソースの最新テクノロジーで、どのようにビジネス創出やカルチャー変革を成し遂げたのかご覧いただきます。

また、基調講演や導入事例、最新技術動向、ライブデモを通して、ハイブリッドクラウド、クラウドネイティブ、自動化の主要テーマをご紹介いたします。さらに、各業界に特化した最新事例もお届けする予定です。DXによるビジネス革新の未来をともに創りましょう。

Agenda

2021年10月20日(水)

10:00 a.m. - 10:25 a.m.

Opening Keynote

ご挨拶

レッドハット株式会社 代表取締役社長 岡 玄樹

Keynote

Digital Transformationin the new world

レッドハット アジア太平洋地域担当 バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Marjet Andriesse,

デジタルトランスフォーメーションは、コロナ禍にもかかわらず、と言うよりもコロナ禍であるからこそ加速しています。 アジア各国の人口動態や、通信事業者の5Gおよびエッジ技術の導入の高まりがハイブリッドクラウドサービスの需要をさらに高めています。 本ビジネスキーノートでは、Red Hatアジア太平洋地域担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるマリエット・アンドリーセが、お客様の成功を次のレベルに引き上げるためのアプローチについてお話しします。 お客様がRed Hatのソリューションを使って、どのようにオープンハイブリッドクラウドの力でビジネスを成功に導いたかについてもご紹介します。 最新のテクノロジーを利用すれば企業が生き残れるわけではなく、共に成功するためにはアイデアを共有し、信頼できるパートナーと力を合わせ、視野を広げなければならないとRed Hat は考えています。

10:25 a.m. - 11:05 a.m.

Red Hat APAC Innovation Awards 2021受賞企業による特別対談

11:05 a.m. - 11:10 a.m.

Red Hat Japan Partner Awards 発表

レッドハット株式会社 副社長執行役員 パートナー・アライアンス営業統括本部長 兼 事業戦略室長 金古 毅

11:10 a.m. - 11:30 a.m.

Partner Session  (富士通株式会社)

進化するお客様業務システムアプリケーションの迅速な開発・柔軟な運用の実現に向けて

富士通株式会社 ソフトウェアプロダクト事業本部 本部長代理 中原 千里 氏,

急速に進むクラウド環境での業務システム開発には、アプリケーション開発のアジリティと、高信頼かつ可用性の実現が重要です。本講演では、Red Hat OpenShift上でこれらのポイントを実現する「マルチプラットフォーム開発基盤」と「運用高度化に対応したデータベース」をご紹介します。

11:30 a.m. - 11:50 a.m.

Partner Session  (日本マイクロソフト株式会社)

エンタープライズ アジャイル のススメ ~ Cloud Native 開発、リモート開発を Microsoft Azure で~

日本マイクロソフト株式会社 クラウドソリューション事業統括本部 アプリケーション開発本部 本部長 平野 和順 氏,

デジタル化の需要が急激に高まり、迅速な変化への対応が求められてるこの時代に、企業における開発環境はどうあるべきでしょうか?本講演では「Cloud Native 開発、リモート開発の加速」にフォーカスし、マイクロソフトがいかに開発者をテクノロジー面でご支援させていただけるのか、事例を交えてご紹介します。

11:50 a.m. - 12:10 p.m.

Partner Session  (日本電気株式会社)

老朽化する現行システムへの取り組み方 ~攻めと守りの自動化でROI最大化とOPEX効率化を両立する~

日本電気株式会社 サービス&プラットフォームSI事業部 主任 窪庭 亮太 氏,

NECは現行システムの老朽化問題に対し、経営・運用・利用の視点から課題と目的を正確に把握し、再構築対象の機能を選定するよう努めてきました。 本講演では、再構築対象の機能に対しOpenShiftでROIを最大化し、現状維持する機能に対しAnsible等でOPEXを効率化するための具体的なメソッドを、事例を織り交ぜながらお話します。

12:10 p.m. - 1:00 p.m.

Open Source Stories show time

1:00 p.m. - 1:30 p.m.

Red Hat Expert Session

ポイントは業務視点、技術的負債を一掃するシステム更改戦略 -クラウド時代のアーキテクチャへの道のり-

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 部長 内藤 聡、テクニカルセールス本部 チーフテクノロジスト 梅野 昌彦,

数々のシステム刷新を成功させてきた、レッドハットならではのシステム刷新アプローチとアプリケーション・プラットフォーム・開発手法の現実解をご紹介します。歴史と共に巨大化複雑化したシステムの刷新にて、長期に渡る調査検討を経てなお刷新の見通しが立たないジレンマを抱える皆さま必見です。

1:30 p.m. - 2:00 p.m.

Red Hat AOT demo(通訳)

移行、管理、モダナイゼーションのAOTデモ:Red Hatと実現するカスタマージャーニー

レッドハット Jean Pong、Steven Ellis、Hwee Ming Ng、Nicholas Chia,

現在のITには、拡大し続けるビジネスの要求に応えられるだけの、スピードと安定性、そしてスケールが求められています。それと同時にIT部門は、新旧入り乱れたアプリケーション、プロセス、スキル、インフラのハイブリッドミックスに対応しなければなりません。現在のシステムを維持し、ガバナンスとセキュリティの要件を満たしながら、お客様はどのようにしてソリューションを迅速に提供するのでしょうか。オープンハイブリッドクラウド(OHC)がRed Hatの答えです。OHC戦略は、お客様が、現在および将来のビジネスニーズに対応しながら、プライベート、パブリック、ハイブリッド、マルチクラウドというどのインフラストラクチャでも一貫性のあるソフトウェアソリューションを提供できるようなアーキテクチャ基盤を構築する力となります。本セッションでは、このような課題に対応するためのRed Hatのオープンハイブリッドクラウド戦略をご紹介します。オープンハイブリッドクラウドとは何かを定義し、オープンハイブリッドクラウド戦略によってお客様が実現できる主な成果と能力について解説します。

2:00 p.m. - 2:20 p.m.

Red Hat Session  (Hybrid Cloud Infrastructure Overview)

これからのシステムを牽引する人に伝えたい 『僕がOpenShiftを薦める理由』

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 北山 晋吾,

コンテナのアプリケーション開発には高いスキルが求められます。また、継続的に安定したクラスタ運用にはノウハウが必要です。こうしたコンテナ活用の課題を解決するOpenShiftの特徴についてコンパクトにお伝えしつつ、世界の数多くのエンタープライズで親しまれる理由について解き明かします。

Red Hat Session  (Managed Service)

効率的なクラウドネイティブアプリケーションの開発を実現するRed Hatのマネージドサービス

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 ミドルウェアソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 杉本 拓,

Red Hatでは様々なマネージドサービスを提供しています。Red Hatのマネージドサービスを活用することにより、ハイブリッドクラウド環境でのアプリケーションの開発と管理において一貫性と柔軟性を実現し、アプリケーションのTime to Marketを短縮することが可能になります。Red HatのマネージドサービスはKubernetesのプラットフォームを提供するだけでなく、アプリケーションを開発する上で必要となるAPI管理のサービスやイベント駆動型アーキテクチャを実現するためのManaged Kafkaのサービスも含んでおり、スケーラブルなクラウドネイティブアプリケーションの効率的な開発やデプロイを実現可能にするデベロッパーファーストのエクスペリエンスを提供します。本セッションでは、マネージドサービスとしてのOpenShiftやRed HatマネージドのApplication Servicesについてご紹介します。

Red Hat Session  (Automation)

脱「ビミョーなインフラ自動化」、そしてようこそ自動化2.0へ

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 中島 倫明,

ITインフラでは自動化が効率化やコスト削減の特効薬として期待されてきた一方で、実際に自動化を進めても望んだ効果が得らなかったという経験がある方も多いのではないでしょうか。本講演では従来の自動化が機能しない原因と、大きな効果を発揮する新しい自動化との違いを「自動化2.0」というキーワードで解説します。

2:20 p.m. - 2:40 p.m.

Red Hat Session  (RHEL)

Podmanで始めるコンテナの世界 -Container journey to OpenShift-

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 ソリューションアーキテクト 田中 司恩,

RHEL 8からOS標準のコンテナ実行ツールとしてPodmanが搭載されたのをご存知でしょうか。デーモンレスなコンテナエンジンであるPodmanを中心にOCIコンテナを開発、管理、実行するための最新情報をご紹介します。またPodmanからOpenShiftへコンテナを移行する方法についても解説します。

Red Hat Session  (Hybrid Cloud Infrastructure Jounery)

そのコンテナ、ほんとに導入が目的? 〜 より良い開発/運用体験のためのContainer Adoption Journey

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 エンタープライズソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト 棚井 俊,

具体的な効果の実感が得られない、せっかく用意した基盤が利用してもらえない、既存の開発/運用ルールに合わせた結果かえって手間が増えてしまった・・・。そんなコンテナ利用の課題を回避するために、私達が皆様に重視してもらいたいポイントや、課題を乗り越えるためのノウハウ獲得のための当社サービスを紹介します。

Red Hat Session  (Automation)

ついにリリース!Ansible Automation Platform 2.0 最新情報!!

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 岡野 浩史,

Ansible Automation Platform (AAP)2.0 がついにアーリーアクセス版としてベールを脱ぎました。全部入りではなくなったモジュールの提供方法、実行環境のコンテナ化、TUI インターフェースなどなど、旧バージョンから多くの変更点があります。本セッションでは魅力的な AAP 2.0 の新機能と使い方、AAP1.x 利用の際の注意点について解説します。

2:40 p.m. - 3:00 p.m.

Red Hat Session  (RHEL)

もっとあなたの近くにRHEL for Edge

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 テレコムソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 平 初,

RHELの適用エリアは今も広がっています。オンプレミスやクラウド上のサーバーから、学術系スパコン、最近ではLTE/5G基地局でも数万台を越えるRHELが稼働しています。 次なる領域はEdgeにおける身近なコンピューターリソースです。RHEL for Edgeの生まれた背景や製品形態、仕組みについて解説します。

Red Hat Session  (App Modernization)

アプリケーションモダナイズで失敗しないためのデータ・システム移行のアプローチ

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 ミドルウェアソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト 森 和哉,

多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを実現するため、アプリケーションのモダナイズに取り組んでいます。一方で、システムを安全にリリースするために特に注意すべき事項として、「データ移行」・「システム移行」があり、プロジェクトの全工数のうち、移行関連で約40%を占めるとも言われております。データ及びシステムの移行を進めるための効率の良い手法を選択することは、開発工数を抑える上で大いに重要なポイントとなります。本セッションでは、このようなアプリケーションをモダナイズする際に乗り越えなければならない移行という課題に対し、Red Hat が提供する Application Services を活用して効率よく解決するためのアプローチについてご紹介します。

Red Hat Session  (OpenShift demo)

実践!デモで見るOpenShiftのCICDパイプライン

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 宇都宮 卓也、石川 純平,

コンテナ化されたアプリケーションを素早く開発し、商用環境に提供していくためには開発におけるCICDの仕組みが不可欠です。 OpenShiftでは、CIとしてOSSのTektonをベースとしたOpenShift Pipelines、CDとして同じくOSSのArgo CDをベースとしたOpenShift GitOpsを提供しています。本セッションではデモとしてこれらの機能をお見せし、開発からデプロイまで一連の自動化されたプロセスをご紹介します。

3:00 p.m. - 3:20 p.m.

Partner Session  (アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社)

Red Hat OpenShift Service on AWS の概要と展開方法 - より安全に、スケーラブルに、そして高速に –

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ISVパートナー本部 部長/パートナーソリューションアーキテクト  河原 哲也 氏,

2021年3月末に一般提供を開始したレッドハットとアマゾン ウェブ サービス (AWS) が共同で管理・サポートするマネージド型サービス Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) の概要をご紹介します。セッションの中では、実際に AWS 上に OpenShift クラスターを簡単かつ迅速に展開する流れもご説明します。

Partner Session  (日本ヒューレット・パッカード合同会社)

オンプレで実現するクラウド体験 ~ Hybrid Cloud を見据えたプラットフォームの選択 ~

日本ヒューレット・パッカード合同会社 Pointnext事業統括テクノロジーアーキテクト部 テクニカルアーキテクト  米倉 章良 氏,

Hybrid Cloud環境におけるコンテナ基盤の導入が現実味を帯びてきました。 コンテナアプリケーションの運用も、自動化が進むことで効率的な運用が可能となってきています。 このセッションでは、いかにしてオンプレ環境におけるクラウド体験を実現するかを、HPEが提供するサービスと合わせてご紹介します。

Partner Session  (伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

お客様のシステム戦略を支える デプロイ基盤の課題解決に向けた取り組み

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 デジタルビジネス推進第1部 エキスパートエンジニア 河合 玲男 氏,

Kubernetesの導入はついにキャズムを超えたといいますがその実態についてと、システム戦略の要となるデプロイ基盤(コンテナ基盤)をEnterprise Systemとして活用するための課題点をCTCではどのような取り組みを行っているのかをご説明致します。

3:20 p.m. - 3:40 p.m.

通信セッション  (字幕)

通信業界とエッジコンピューティング ― 通信事業者の5G投資は成功するか?

レッドハット Chief Strategist – Global Industries Ian Hood,

あらゆる業界のエッジアプリケーションやサービスは、クラウド規模の計算処理能力とAI技術をどこでも利用可能にし、革新的な新しい価値を提供できるようになります。 革新的な製品を効率的かつ安全に製造し、医療分野で質の高いサービスを提供する上で、タイムリーな情報の価値はかつてないほど高まっています。 通信事業者にとって、5Gネットワークの価値を効率的に提供できることが、エッジコンピューティングにおける1つの成功の鍵となるでしょう。

製造・流通セッション

三越伊勢丹におけるDX向け基盤のつくり方

株式会社アイムデジタルラボ 取締役  鈴木 雄介 氏,

三越伊勢丹ではDX推進と基幹システムのモダナイズを目的として「ビジネスプラットフォーム」と呼ばれるデータ基盤の整備を進めています。講演では、コンテナや自動化を前提としながら、基幹システムのデータをどのようにDXサービスに連携するのかについて様々なパターンと実装例を紹介します。

公共セッション

デジタル庁におけるベースレジストリの取り組み ~変化し続ける社会に迅速に対応できる基盤づくりの重要性~

デジタル庁 データ戦略統括  平本 健二 氏、レッドハット株式会社 エンタープライズ事業本部 公共事業部 部長 松下 悟,

デジタル庁におけるベースレジストリの取り組みについて、対談を通じてご紹介致します。

3:40 p.m. - 4:00 p.m.

Partner Session  (SB C&S株式会社)

​アーティファクト管理のド定番「JFrog」から始めるDevOpsの旅!

SB C&S株式会社 ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 テクニカルマーケティングセンター ビジネス開発課 課長  加藤 学 氏,

皆さんはバイナリの管理はどのように行っていますか? 本セッションでは、Jfrogを活用したリリースサイクル改善例の紹介、OpenShiftを組み合わせたCI/CD、DevSecOpsのご紹介をいたします。 アプリケーション開発者だけではなく、インフラ担当者の方にもお勧めしたいセッションとなっております。

Partner Session  (SCSK株式会社)

RedHat® OpenShift導入の視界良好! Sysdigがもたらす三つの価値とは?

SCSK株式会社 ミドルウェア営業部 第一課 宮﨑 俊旬 氏,

皆さまはどの程度コンテナを利用していらっしゃいますでしょうか?これから利用を検討される方も多いのではないでしょうか?そういった方達に向けて、本セッションではどの様なポイントで自社のコンテナ基盤を選んでいけば良いかをお話させて頂きます!

Partner Session  (サイオステクノロジー株式会社)

Operatorでデータベースもコンテナ化!〜EDB Cloud Native PostgreSQL

サイオステクノロジー株式会社 ​DX Product & Integration Service Line Executive Manager 村田 龍洋 氏,

DXが進むとデータの活用が必要不可欠になります。これまでのようにデータベースを配置するだけではクラウドネイティブの特徴を実現すことができませんでした。このセッションではKubernetes Operatorを活用したデータベースの新たな形をご紹介いたします。

4:00 p.m. - 4:20 p.m.

Red Hat Session  (Global Learning Service)

Red Hat トレーニングでリスキリングの推進 ークラウドネイティブ時代に本当に使える技術育成をー

レッドハット株式会社 グローバルラーニングサービス部 ビジネスデベロップメントマネージャー 松田 絵理奈,

DX人材不足が叫ばれる中、予期せぬパンデミックの影響もあり、事業プロセスや働き方の急速な変革に伴う人材育成の手段として、”リ・スキリング”(既存の人材に今の時代に必要な新しいスキルを獲得させること)が注目されています。イノベーションを支えるクラウドネイティブ戦略を展開してきたレッドハットのトレーニングだからこそ出来る、リ・スキリング、についてお話します。

Red Hat Session  (Global Professional Service)

シン・組織変革論:1.0

レッドハット株式会社 サービス事業統括本部 プリンシパルアーキテクト 山田 義和,

DX、アジャイル、リーン、組織文化、共感や心理的安全性、xx思考など、領域横断的なキーワードが頻出する昨今のIT運営。このIT運営に関わる組織変革の課題は何か? 本セッションでは、組織変革の理由を定義、その明確なゴールを提言します。また、ゴール達成のための定性的、定量的要因についても体系的に探求します。ビジネス成長のための変革推進を検討するにあたり、大きなヒントになるはずです。

金融セッション  (字幕)

金融機関がクラウドネイティブなビジネスプロセス自動化で顧客中心のビジネスモデルを構築する方法

レッドハット Vincent Caldeira,

金融機関がデジタルカスタマーエクスペリエンスを向上させ、より一層、顧客を中心とした体制を構築しようとする中で、自動化の推進、コストの削減、顧客サービスの向上、規制遵守の強化を目指す組織にとって非常に重要になるのがプロセスのリエンジニアリングと改善です。しかし、この過程において、主に二つの課題に直面することになります。一つは、顧客データが収められている商品中心の硬直したサイロ型システムという形のレガシーアーキテクチャの重さ、もう一つは、社内だけに目を向けがちな、時代遅れのビジネスモデルの組織構造を反映した既存のプロセスです。 本セッションでは、デジタルチャネルがビジネスモデルにおいて劇的な変化を遂げる中、クラウドネイティブなビジネスプロセス自動化テクノロジーをコンポーザブルアーキテクチャの一部として活用することで、レガシーコンポーネントを調整して顧客中心のプロセスに統合し、既存のプロセスと調和させる方法を紹介します。

※プログラム、講演者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

Speakers

Speaker名をクリックするとProfileがご覧いただけます。 ※敬称略

岡 玄樹

レッドハット株式会社

岡 玄樹

代表取締役社長, レッドハット株式会社

2021年1月、レッドハット株式会社 代表取締役社長に就任。 前職は、2018年より、日本マイクロソフト株式会社の常務執行役員。以来COOとして同社のクラウド・コンピューティング、SaaS、ビジネスアプリケーション、ハードウェアビジネスグループ、マーケティング、オペレーション、コーポレートソリューションセールス、競合分析、カスタマーエクスピリエンスおよび広報などの支援部門を含む日本事業を統括してきました。 慶応義塾大学を卒業後、リーマン・ブラザーズの投資銀行本部に入社。コロンビア大学からMBA取得後は、マッキンゼー・アンド・カンパニー米国ニューヨーク支社勤務。5年後に東京支社にてパートナーに昇格し、約10年間幅広いテーマのコンサルティングに従事。シリコンバレーにて、ソフトバンクグループのチーフ・グローバル・ストラテジストを歴任した後、中国系フィンテックのアリペイの日本代表に就任。営業、戦略、事業開発およびマーケティング管理など様々な職務に従事しました。

Marjet Andriesse

レッドハット

Marjet Andriesse

アジア太平洋地域担当 バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー, レッドハット

Marjet Andriesse(マリエット・アンドリーセ)は経験豊富なリーダーであり、顧客満足、販売、収益成長の推進において25年以上の経験を持ち、欧州とアジアにわたるテクノロジー企業や専門サービス企業の移行および組織管理を通じて複数の企業を統括してきました。   レッドハットのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーとして、アジア太平洋地域の次の成長段階の推進、オープン・ハイブリッドクラウド・テクノロジーにより顧客の成功を可能にするイニシアティブの主導に尽力しています。また、この職務で、アジア太平洋地域の法人顧客に対するエンゲージメントおよび新興テクノロジー販売・サポート機能を管理しています。   これまで、物流、電気通信、人事サービスなどの業界において様々なリーダー職を経験してきました。レッドハット入社以前は、Telstraのアジア太平洋地域のマネージングディレクターを務め、同地域の企業戦略の遂行を担っていました。Telstra入社以前は、RandstadおよびKPN NVにおて、欧州とアジアにわたる国内および国際的な管理職として勤務しています。   オランダ出身。フローニンゲン大学にて経済学修士号 取得

金古 毅

レッドハット株式会社

金古 毅

副社長執行役員 パートナー・アライアンス営業統括本部長 兼 事業戦略室長, レッドハット株式会社

パートナービジネスの責任者として、日本におけるレッドハットのパートナー戦略全般を統括しています。 レッドハット入社前は、総合商社で海外向け通信プラントの開発事業に従事。2000年に日本マイクロソフトにOEM営業担当として移籍。2013年に同社執行役員に就任し、約4年に渡り日本のOEMビジネス全般の責任者としてPC、サーバー、IoT関連パートナーとのビジネス拡大に努める。2017年にパートナー事業本部に異動し、Azure、Office365、Dynamicsを中心としたクラウドビジネスをパートナーと共に拡大。2019年7月にレッドハットのパートナービジネス拡大のために現職に就任。
1993年 成蹊大学 法学部政治学科卒。

内藤 聡

レッドハット株式会社

内藤 聡

テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 部長, レッドハット株式会社

Linux担当として基幹システムのメインフレーム/商用UNIX移行をリードしなが 
ら、オープンソースを利用した運用管理の自動化や標準化に従事。2015年より 
OpenStackの立ち上げ、Ansibleの立ち上げを経て、 2018年より現職。

梅野 昌彦

レッドハット株式会社

梅野 昌彦

テクニカルセールス本部 チーフテクノロジスト, レッドハット株式会社

ミドルウェア製品を中心としたチーフテクノロジストとして、業種業界を問わずお客様のところにお伺いしています。特にルールエンジンを中心としたソリューションを得意としており、現実的なAIで世界を変えようと日々奔走しています。

中原 千里

富士通株式会社

中原 千里

ソフトウェアプロダクト事業本部 本部長代理, 富士通株式会社

入社以来、ネットワークソフトウェアの製品開発に従事。ミッションクリティカルなお客様を中心としたSI支援、LoBをターゲットとしたPaaS企画、ビジネス開拓でお客様プロジェクトへの参画などを経験。ソフトウェアの企画・戦略を経て、現職に至る。

平野 和順

日本マイクロソフト株式会社

平野 和順

クラウドソリューション事業統括本部 アプリケーション開発本部 本部長, 日本マイクロソフト株式会社

2007年にマイクロソフトにエバンジェリストとして入社、Visual Studioや.netなど開発者向けプラットフォームを中心に活動。2010年からは活動の主体をクラウドサービスAzureに移し、ソリューションアーキテクトチームの立ち上げや、主要顧客向けへのAzureの利用を推進。

窪庭 亮太

日本電気株式会社

窪庭 亮太

サービス&プラットフォームSI事業部 主任, 日本電気株式会社

NECでシステムエンジニアとして大手キャリア向けSIプロジェクトに従事。
現在はNEC発のOSSであるExastroの導入支援および販促業務を行っている。

北山 晋吾

レッドハット株式会社

北山 晋吾

テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部" シニアソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

Red Hat OpenShiftのソリューション企画や技術を担当。オープンソース界隈を中心とするコミュニティ活動を趣味としており、業務問わずコミュニティ運営や登壇を生きがいに楽しんでいる。また『Kubernetes実践ガイド』の他にも、AnsibleやGitLab実践ガイド(インプレス) を始めとする書籍なども執筆。

杉本 拓

レッドハット株式会社

杉本 拓

テクニカルセールス本部 ミドルウェアソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

SOA、アジャイル開発、デジタルマーケティング、コンテンツ管理などの分野でコンサルタントを経験後、現在Red Hatにて、APIやインテグレーションに関するソリューションアーキテクトとしてクラウド時代のインテグレーションを提案。

中島 倫明

レッドハット株式会社

中島 倫明

テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

レッドハットにてお客様のインフラ自動化の推進を多角的に支援。その傍らで大学や研究機関での講師を勤め、クラウド時代のIT人材の育成に尽力する。共著で「インフラCI実践ガイド」「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」他数冊を執筆。

田中 司恩

レッドハット株式会社

田中 司恩

テクニカルセールス本部 ソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

西日本エリアのお客様やパートナー向けのプリセールス活動に従事。商業誌への寄稿やブログでコンテナやOpenShift関連の情報を発信中。最近はPodmanやOKDの開発コミュニティに参加して日々日本語での情報発信に努めている。

棚井 俊

レッドハット株式会社

棚井 俊

テクニカルセールス本部 エンタープライズソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

金融機関のお客さま担当。OSSやDevOpsカルチャーに可能性を感じ、2020年1月にレッドハット入社。前職は金融機関の情報システム子会社のシステムエンジニアとして、公共分野や通信事業者向けシステムのアプリケーション開発や、R&D部門での企画・推進などを担当。

岡野 浩史

レッドハット株式会社

岡野 浩史

テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

SIパートナーのビジネス拡大をミッションとするプリセールス。Ansible大好き。仮想環境から始まり、AWS、ネットワーク機器、Windowsなどいろんなものを自動化して遊んでます。趣味は天体観測。

平 初

レッドハット株式会社

平 初

テクニカルセールス本部 テレコムソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

通信キャリア担当のソリューションアーキテクトに従事。NFVインフラの検討から、RHELのインストーラーの日本語化までマルチに熟す。
著書に「できるPRO RHEL7」、「Ansible徹底入門」など。

森 和哉

レッドハット株式会社

森 和哉

テクニカルセールス本部 ミドルウェアソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

製造業にて工場の生産能力改善に長年携わり、その後は基幹システム刷新プロジェクトに従事。現在はレッドハットのソリューションアーキテクトとして、主に業務ロジックを可視化するルールエンジンの導入を提案などを担当。

石川 純平

レッドハット株式会社

石川 純平

テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 OpenShift/Kubernetes Architect, レッドハット株式会社

新卒で通信系SIerに入社したのち、2021年6月にレッドハットに入社。
現在はOpenShiftのソリューションアーキテクトとして活動しており、
主にCI/CDや、Gitのブランチ戦略など、OpenShiftにおけるクラウドネイティブな開発周りを担当。

宇都宮 卓也

レッドハット株式会社

宇都宮 卓也

テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

外資系ITベンダーに新卒入社以来ストレージ製品のプリセールスとして従事。2017年2月にレッドハットに入社し、ストレージの周辺を中心にクラウドインフラストラクチャ担当のソリューションアーキテクトとして活動中。好きなものはストレージとプロレスと将棋。

河原 哲也

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

河原 哲也

ISVパートナー本部 部長/パートナーソリューションアーキテクト, アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

2015年にアマゾン ウェブ サービス ジャパンに入社し、AWS ISVパートナー様をBuild, Market, Sellの観点で幅広くご支援するソリューションアーキテクトチームのマネージャーとして従事。

米倉 章良

日本ヒューレット・パッカード合同会社

米倉 章良

Pointnext事業統括テクノロジーアーキテクト部 テクニカルアーキテクト, 日本ヒューレット・パッカード合同会社

主にお客様向けシステムのインフラ設計・構築・技術支援に関わる各種プロジェクトに従事。その中でも特に、クラウド、コンテナ等の技術領域におけるテクニカルアーキテクトとして活動。

河合 玲男

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

河合 玲男

デジタルビジネス推進第1部 エキスパートエンジニア, 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

2000年、伊藤忠テクノサイエンス(株)入社。2005年、CTCにおける3OS戦略の中でLinux技術者の育成、社内におけるLinux技術の展開をリード。近年はOpenShift、Ansibleを中心とした技術を展開、推進。

鈴木 雄介

株式会社アイムデジタルラボ

鈴木 雄介

取締役, 株式会社アイムデジタルラボ

マイクロサービス導入のコンサルを行うグロース・アーキテクチャ&チームス(株)代表取締役社長。
2019年より、三越伊勢丹グループのアイムデジタルラボの取締役を兼任し、技術や人材面でのDX推進を担当している。

平本 健二

デジタル庁

平本 健二

データ戦略統括, デジタル庁

SI、コンサルティング会社等を経て現職。政府の改革を中心に社会全体のデータ環境の整備を担当。グローバルなデジタル社会に合わせたサービス改革や制度改革も担う。

松下 悟

レッドハット株式会社

松下 悟

エンタープライズ事業本部 公共事業部 部長, レッドハット株式会社

外資系ITベンダにてプリセールス、コンサルティング、およびマネジメントを歴任。2018年7月に Red Hat 入社、公共部門のビジネス開発担当を経て、2019年3月から現職。

加藤 学

SB C&S株式会社

加藤 学

ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 テクニカルマーケティングセンター ビジネス開発課 課長, SB C&S株式会社

エンタープライズ領域での開発から運用監視までの幅広い業務経験を活かし、事業開発やマーケティングチームと一緒になってビジネスの立ち上げを行っている。SB C&SにおけるDevOpsビジネスのチームリーダ。

宮﨑 俊旬

SCSK株式会社

宮﨑 俊旬

ミドルウェア営業部 第一課, SCSK株式会社

SysdigやOpenShift 等コンテナ関連プロダクトの営業、プロモーション担当として活動。HW畑出身の目線からの「なぜなぜ?」を武器に変え、コンテナを取り巻く環境を極力分かりやすい言葉でお伝えすることを心掛けています。

村田 龍洋

サイオステクノロジー株式会社

村田 龍洋

​DX Product & Integration Service Line Executive Manager, サイオステクノロジー株式会社

2002年 サイオステクノロジーに入社。ハードウェア部門、Linux/OSSサポート部門を経て、エンタープライズ向けのOSSおよびコンテナ関連サービスの事業企画を担当

松田 絵里奈

レッドハット株式会社

松田 絵里奈

グローバルラーニングサービス部 ビジネスデベロップメントマネージャー, レッドハット株式会社

SEとして長年数多くの業務システム開発に従事。レッドハットに入社後は、ミドルウェアのコンサルタントを経験した後、ソリューションアーキテクトに転向、レガシーモダナイズのソリューションを広く展開。現在は、DXに不可欠な手法や技術を"真に使える技術"として浸透させるべく、トレーニング部門にて活動中。

山田 義和

レッドハット株式会社

山田 義和

サービス事業統括本部 プリンシパルアーキテクト, レッドハット株式会社

ビジネス成長を目指した変革のお手伝いをしています。具体的には、顧客開発、組織開発(組織文化、組織構造、制度とプロセス、リーダーシップの改善)、Lean、Agile Engineering、Scrum、DevOps、Cloud Native Architectureの組織的なゴール・課題の可視化および導入・実践、Agile Coaching、Engineering Coaching等々。

Vincent Caldeira

レッドハット

Vincent Caldeira

Chief FSI Technologist, Red Hat APAC, レッドハット

Sponsors

プラチナ

ゴールド

シルバー

Campaign

全てのAPAC地域の開催情報


2021年10月13日 | 韓国

2021年10月21日 | インド

2021年10月28日 | 中国

2021年11月2日 | ASEAN

2021年11月4日 | 台湾

Open your perspective. 開かれた知が、新たな未来をつくる。

Red Hat Forum 2021のテーマは「Open your perspective」。
オープンであることはもはや成功のための必須条件。
オープンソースの世界では、共有することで新たな「解」が生まれ、
目指すべき未来へつながるヒントが見つかります。

お問合せ:info@redhat-forum.jp

ハッシュタグをつけて投稿しよう!: #RedHatForum

Red Hat Forumは世界中の人のためのオープンソース
テクノロジーイベントです。ぜひコミュニティでシェアしてください。


Terms and conditions