リソース

Case study

Caixa Seguradora、アジャイルでスケーラブルな仮想化プラットフォームを採用

保険ソリューションプロバイダーである Caixa Seguradora は、コンプライアンス規準に適合し、同社のグローバルな事業展開をサポートする効率的な IT 環境を構築する必要がありました。この環境には、7 つの会社とブラジル全土の約 1,000 万人の顧客をサポートする 2 つのデータセンターが含まれます。同社は Red Hat® Virtualization と Red Hat Satellite によって、リソース管理、効率性、信頼性を高める新しい仮想化プラットフォームを導入しました。結果として、Caixa Seguradora は IT コストを削減し、ビジネスインテリジェンス(BI)やビッグデータなどの新しいプロセスやテクノロジーの採用に備えられるようになりました。