リソース

Whitepaper

最新のデータセンターに対応したデュアルプラットフォーム戦略

今日の厳しい経済状況において、IT 部門はサービスレベルの改善やコストの削減といった、差し迫った問題を抱えています。 先を見通す力のある企業は、ビジネスの俊敏性を高め、コスト削減を進める手段として、IT インフラストラクチャのアップグレードや、仮想化およびクラウドコンピューティングソリューションの実装を進めています。 その際、多くの企業で採用しているのが、オフィスの生産性およびコラボレーションアプリケーション向けには引き続き Microsoft Windows を使用し、インフラストラクチャおよびデータセンターのモダナイゼーションには Red Hat® Enterprise Linux® をデプロイするというデュアルプラットフォームアプローチです。 標準ベースの Red Hat Enterprise Linux を採用することで、総所有コスト (TCO)1 を全体的に抑えながら、高いパフォーマンスと信頼性、セキュリティを実現できます。