リソース

Analyst paper

俊敏性への道のり

説明

UBM が最近実施したアンケートにより、回答した企業の大半で混合型の IT が採用されていることが明らかになりました。ただし、そのほとんどは初期の試験段階にあり、従来のインフラストラクチャが大半を占め、アジャイル型のテクノロジーの統合と管理へのサポートを必要としています。企業は 3 - 5 年以内に俊敏性を高めようと計画していますが、そうした企業の大半は、豊富な知識を持ったスタッフの欠如や、セキュリティに関する懸念、アーキテクチャのサイロ化などの大きな課題を克服する必要があります。