リソース

Case study

Grab、Red Hat Ansible Tower で需要拡大に対応

配車プラットフォームの Grab は、わずか数年のうちに急速な成長を遂げ、現在では 1 日あたり 350 万件の配車を管理しています。アプリケーションの新機能を毎週何百回もプロダクション環境へデプロイするため、同社ではインフラストラクチャのスケーラビリティと安定性を強化するとともに、成長を続けるエンジニアリング・チームの管理を単純化する必要がありました。オープンソースのエンタープライズ向け IT 自動化・管理ソリューションである Red Hat® Ansible Tower を導入することで、Grab はアプリケーションの稼働時間を 99.99% に伸ばし、開発およびデプロイの所要時間を短縮し、ロールベースのアクセスとデプロイの自動化によりインフラストラクチャ管理を効率化しました。その結果、Grab のユーザーは必要な時にアプリにアクセスできるようになり、IT チームはシステムを安定させ、機能やユーザーベースの拡大に合わせて拡張できるようになりました。