リソース

Datasheet

Red Hat コンサルティングにより、IBM MQ から Red Hat JBoss A-MQ に移行

IBM MQ(旧称 WebSphere MQ)は、IBM メインフレームとの密接な結び付きにより、堅牢なメッセージングシステムとして、アプリケーション統合プラットフォームの大黒柱となってきました。しかし、ビジネス要件の変化により、保守費用を抑えつつ、より高い柔軟性や速度を達成することも重要になってきています。Red Hat® コンサルティングは、IBM MQ 環境から、Apache ActiveMQ に基づく Java メッセージサービス(JMS)準拠のプラットフォーム Red Hat JBoss® A-MQ へと、安全かつスムーズに移行することにより、変化し続ける要件に低コストで対応するよう組織を支援します。