ホーム

日本語
日本語
検索
ログイン
Log in / Register
Web サイト

データシート

Red Hat OpenShift Container Storage:永続的なクラウドストレージ

最終更新日:

概要

Red Hat® OpenShift® Container Storage は、Red Hat OpenShift Container Platform に統合され、最適化された、ソフトウェア・デファインドの永続ストレージです。Red Hat OpenShift が実行される環境 (オンプレミスまたはパブリッククラウド) で実行できます。Red Hat Ceph® Storage 上に構築されたこのプラットフォームは、Red Hat OpenShift およびハイブリッド・マルチクラウド向けの緊密に統合された永続的なデータサービスを提供します。Red Hat OpenShift 管理者コンソールに不可欠な、動的で、ステートフルで、可用性の高いコンテナネイティブ・ストレージのプロビジョニングとプロビジョニング解除をオンデマンドで行うことができます。

Red Hat OpenShift Container Storage

Red Hat OpenShift Container Storage は、あらゆるインフラストラクチャ上で Red Hat OpenShift Container Platform 向けのデータサービスを提供するように設計、テスト、確認されています (図 1)。OpenShift Container Storage は、Red Hat OpenShift 内で Kubernetes サービスとして実行されます。また、分離して、1 つあるいは複数の OpenShift Container Platform クラスタにファイル、ブロック、オブジェクトデータを提供する個別のデータストアとして管理することもできます。Red Hat OpenShift、Red Hat Middleware、Red Hat OpenShift Container Storage などの密接に関連した製品群は、組織がデータパイプラインを自動化するのにも役立ち、エッジからハイブリッドおよびマルチクラウド・プラットフォームまで、リアルタイムのデータ処理を可能にします。このレベルの統合により、Red Hat OpenShift を複数のプラットフォーム上で実行する際に不透明な前提で試行錯誤する必要がなくなるとともに、企業にとって必要なデータストレージ機能、データサービス、データ保護が提供されます。

イメージコンテナ 図 1. Red Hat OpenShift Container Storage は、Red Hat OpenShift Container Platform 向けのデータサービスを提供するように設計、テスト、確認されています。


開発者主導のアジリティ

アジリティを高めるために、組織はクラウドベースのアプリケーションとデータの複雑さを軽減し、あらゆるクラウドにアプリケーションデータを迅速かつ柔軟にデプロイできるようにする必要があります。Red Hat OpenShift Container Platform を使用すると、開発者は迅速に移行して、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) 駆動の永続ストレージを提供することができます。コンテナネイティブ仮想化により、コンテナと仮想マシンはどちらも Red Hat OpenStack® Platform にデプロイでき、Red Hat OpenShift Container Storage によって完全にサポートされます。Red Hat OpenShift オペレーターは、パブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウド間でストレージ管理を単純化し、データの可搬性を提供します。

大規模な決定論的パフォーマンス

クラウドへの移行によって、アプリケーションのパフォーマンスを犠牲にすることはできません。Red Hat OpenShift Container Storage はネイティブでオブジェクトストレージをサポートしているため、入出力 (I/O) パフォーマンスが劇的に向上し、クラウドベースのワークロードのパフォーマンスが向上します。Red Hat エンジニアはパートナー組織と連携し、プラットフォームが 広範な Red Hat OpenShift ワークロードのレジリエンシー (回復力) とともに大規模な決定論的パフォーマンスを提供できるようにして、Kubernetes ポッド、人工知能/機械学習 (AI/ML)、およびその他の一般的なワークロードをサポートします。

一貫したユーザーエクスペリエンス

OpenShift Container Storage は Red Hat OpenShift のサービスとして実行されるため、ユーザーはデータがどこにあるかに関係なく、一貫したユーザーエクスペリエンスによるメリットを享受することができます。OpenShift Container Storage は、データがエッジで集約されているのか、コアデータセンター、ハイブリッドクラウド、または複数のパブリッククラウドでアクセスされているのかにかかわらず、スケーリングと自動化に適したポリシーベースの管理を提供し、デプロイに柔軟性をもたらします。組織は、データをアクセス可能で、レジリエンシー (回復力) があり、アプリケーションで実行可能なものにするとともに、新しく、影響力の高い方法でデータを利用できます。このプラクティスに従って、組織は、エンタープライズデータの移行、保存、変換、応答、および学習をインテリジェントに行うための直感的なサービスを備えた、一貫性のあるオープン・ハイブリッドクラウド・アプリケーション環境を作成できます。

メリット 特長と詳細
アジリティRed Hat OpenShift Container Platform との完全統合により、Day 1 と Day 2 のインストールおよび管理が容易です。単一の統合プラットフォームで次のものをサポートします。

• ブロックストレージ:データベースとメッセージング用
• 共有ファイルストレージ:継続的インテグレーションとデータ集約用
• オブジェクトストレージ:アプリケーションデータ、データレイク、アーカイブ、バックアップ、およびメディアストレージ用

ストレージノードは、Red Hat OpenShift クラスタのメンバーです。OpenShift Container Storage ノードは、Red Hat OpenShift 管理者コンソールを介して管理されます。
スケーラビリティあらゆるタイプの OpenShift ワークロードをサポートし、地理的なロケーションやプラットフォーム間でのオブジェクトデータ共有を容易にします。また、OpenShift Container Storage クラスタあたりの永続ボリューム (PV) の拡張性は以前のリリースに比べると格段に優れています。
一貫性ハイブリッドクラウド内の Red Hat プラットフォーム全体で、統一されたデータサービスのエンドユーザー・エクスペリエンスを提供します。また、エンタープライズ・アプリケーションのハイブリッドおよびマルチクラウドデータを保護します。一貫性のある Red Hat OpenShift 管理ツールは、オンプレミスでもパブリッククラウドでも、あらゆる環境で機能します。Multicloud Object Gateway は、複数のプライベートクラウドとパブリッククラウドにまたがるデータフェデレーションを可能にします。

Red Hat OpenShift Container Platform との密接な連携

Red Hat OpenShift Container Storage 4 は、コンテナベースの環境向けに作成されており、Red Hat OpenShift Container Platform と緊密に統合されています。1 サポートされている Red Hat OpenShift オペレーターにより、OpenShift Container Storage をコンテナベースのアプリケーション・ライフサイクルの一部としてインストールおよび管理するのが簡単になります。 このイノベーションを活用して、Red Hat はクラウドネイティブ・コンテナの管理、スケジューリング、オーケストレーションを含むコンテナベースの環境全体をサポートでき、次のような成果を生み出します。

  • Red Hat OpenShift のデータレジリエンシー:エンタープライズ・アプリケーションには、エンタープライズ機能を備えたストレージが必要です。ステートフル・アプリケーションが高可用性を発揮するには、まずデータに高可用性が必要です。Red Hat OpenShift Container Platform は、レプリケーションなどの重要な機能をサポートし、アプリケーションデータをさまざまなアベイラビリティゾーンに配置できます。
  • クラウド同様のエクスペリエンスをどこでも実現:状況は常に変化するものです。クラウドプロバイダーを乗り換える場合や、インハウス環境からパブリッククラウドに切り替える場合も想定できるでしょう。その時々で有利な価格からメリットを得るなど、さまざまなビジネス上の圧力に対応していくため、組織にはすばやく行動を起こす能力が必要です。Red Hat OpenShift Container Storage が提供するソフトウェア・デファインド・ストレージを活用することで、組織はアプリケーションとストレージを必要に応じてデプロイし、将来へ向けて状況の変化にも適応させていくことが可能となります。
  • 開発者の生産性向上:クラウド開発者は、アービトレーションの制限を受けることなくイノベーションを起こしたいと望んでいます。従来のストレージは別途時間のかかる調整を必要とするため、しばしばクラウド開発の妨げとなっていました。Red Hat OpenShift Container Storage はすべてのクラウド・プラットフォームに共通する機能を提供することで、開発者の作業を単純化します。

多様なワークロードに対応

ほとんどのクラウドプロバイダーは、さまざまなワークロードのデータストレージをサポートしていますが、通常は、さまざまなストレージ・テクノロジーを使用してサポートしています。この複雑さを理解し、管理するのに時間がかかるだけでなく、他ベンダーが提供するストレージのテクノロジーと機能がさまざまに異なるために、アプリケーションが特定のクラウドベンダー以外を利用できなくなってしまう可能性があります。対照的に、Red Hat OpenShift Container Storage は、複数のワークロードタイプをサポートするコンテナネイティブ・ストレージを提供し (図 2)、複数のクラウド・プラットフォームでサポートします。

100% オープンソース・テクノロジーに基づく Red Hat OpenShift Container Storage は、ファイル、ブロック、オブジェクトストレージをサポートし、すべてのクラウド・プラットフォームで単一セットの Kubernetes Operators を使用します。組織は、単一のソフトウェア・デファインド・ストレージ・ソリューションで複数のワークロードタイプをサポートでき、アプリケーションは互換性のあるクラウド・プラットフォーム間で容易に移行できます。

イメージコンテナ 図 2. Red Hat OpenShift Container Storage は、複数のワークロードタイプをサポートするコンテナネイティブ・ストレージを提供します。


アプリケーション開発を高速化

開発者の生産性は、アジャイルな継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) パイプラインと応答性の高いインフラストラクチャによって決まります。開発者が効果的に活動するためには、セルフサービスでストレージをデプロイできる必要があります。それが可能になることでと、ストレージプロビジョニングは別個のアクティビティではなくなり、遅れが生じることもなくなります。Red Hat OpenShift Container Storage は Kubernetes を包括的にサポートしているため、OpenShift 管理者コンソール内のすべてのアプリケーションリソースのプロビジョニングと並行して、ストレージのプロビジョニングを自動化します。Jenkins のようなコンテナベースのツールを Red Hat OpenShift Container Storage で実行すると、ビルドの依存関係をビルドサイクルごとに取得する必要がないため、パフォーマンスを向上させ、CI/CD パイプラインを自動化できます。

決定論的なパフォーマンスでデータベースをサポート

データベースがコンテナベースの環境に移行するにつれて、保存されるデータの量が増加し、パフォーマンスの高いコンテナベースのストレージが至急必要になりました。データの可用性を高め、フェイルオーバーに対応するには、データベースには永続的なストレージボリュームが必要です。データベースサービスを担う 1 つ以上の Red Hat OpenShift ポッドが特定のノードから別のノードに移行しても、それらが使用するデータは永続的であり、ポッドの移行後もアクセス可能でなくてはなりません。Red Hat OpenShift Container Storage はデータベース向けの永続的なブロックストレージを提供し、データベースの可用性のニーズをサポートして、複数のクラウド・プラットフォーム間の可搬性を単純化します。

データ分析用ストレージの単純化

データ分析は、従来の静的データ分析と動的な AI/ML 環境の両方の観点から、急速に進化しています。開発者と同様に、データエンジニアやアナリストには、ストレージ管理に関する専門知識を身に付ける時間も、エンタープライズ内の他のグループからの時間のかかるストレージ割り当てを待つ時間もありません。Red Hat OpenShift Container Storage を使用すると、データサイエンティストと彼らをサポートするスタッフは、クラウド・ポータブル・ストレージをオンデマンドでデプロイし、管理することができます。データサイエンティストは、データの保存方法やデータセットを他のプラットフォームに移行するために何が必要かを考えることなく、必要なプラットフォームをデプロイできます。

まとめ

Red Hat OpenShift Container Storage は、オンプレミス・インフラストラクチャ、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなどの Red Hat OpenShift が実行されるあらゆる環境で、アジャイルで、スケーラブルで、永続的なデータサービスを提供します。このプラットフォームは、さまざまなワークロードタイプに対応できる、緊密に統合された永続データサービスを提供します。Red Hat OpenShift Container Storage をデプロイするとデータ管理が単純化され、オーケストレーションされたコンテナベースの環境に不可欠なストレージのプロビジョニングとプロビジョニング解除をオンデマンドで行うことができます。 

 サポートされているプラットフォームについては、最新の Red Hat OpenShift Container Storage 4 リリースノートをご覧ください。