検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
Case study

日本の通信事業者が DevOps とコンテナを導入してデリバリーを迅速化

説明

ソフトバンクグループの一員であるソフトバンク株式会社は、新規事業領域への投資と参入に取り組むにあたり、コラボレーティブな DevOps アプローチとコンテナ・テクノロジーを活用したシステム開発体制の改善に着手しました。ソフトバンク株式会社は、Red Hat コンサルティングと連携しながらベストプラクティスを学び、Personal Agent Manager (PAM) プロジェクトに DevOps を採用するロードマップを策定しました。また、Red Hat OpenShift® Container Platform をアプリケーション環境の基盤として導入したことで、開発者の生産性、コラボレーション、デプロイ頻度も向上しました。

最終更新日:2020年 10月 15日