検索
日本語
日本語

言語を選択してください

ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
Case study

TOKAI グループ、マネージド型コンテナ・プラットフォームで Web アプリを集約

説明

多岐にわたる事業を全国で展開する TOKAI グループ。事業の多角化に伴い、同グループの販促 Web アプリケーション環境は複雑化していました。セキュリティ強化と管理の一元化を目指し、同グループは統一されたコンテナベースの開発・運用環境の構築を決定しました。マネージドサービス型コンテナ・プラットフォームである Red Hat OpenShift Dedicated を使用することで、TOKAI グループでは信頼性に優れたパブリッククラウド上におけるコンテナ活用が可能となり、開発と運用の効率性とセキュリティが向上しました。同グループでは、今後このプラットフォームの活用範囲を他の事業領域にも広げることで、引き続き競争力の強化に役立てていく予定です。