関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

ビジネス自動化のための構造化設計手法

ソフトウェア開発のインフラストラクチャと手法の進歩により、ビジネス自動化をモダナイズするためのツールや機会を活用できるようになりました。最新ソフトウェア開発のベストプラクティスをビジネス自動化へ適用する設計手法は、組織がこの機会を活用し、リスクを上げることなく厳格なエンジニアリング・プラクティスを導入するために役立ちます。この手法をビジネス自動化に利用し、専門家によるビジネスロジックのコード化を可能とすることにより、品質の向上、市場投入期間の短縮、および最新ソフトウェア開発コストの予測と低減を実現できます。
https://www.redhat.com/ja/resources/consulting-business-automation-design-approach-whitepaper

モバイル・アプリケーション開発とビジネスプロセス管理をつなぐ

ビジネスプロセス管理 (BPM)、ビジネスルール管理 (BRM)、およびモバイル・アプリケーションは、顧客対応においても、B2E (business-to-employee) や B2B (business-to-business) のインタラクションにおいても、多くのビジネス・トランザクションでますます重要になっています。従来、こうしたトランザクションには紙の書類が使用されてきました。しかしモバイルの導入が進むにつれて、基幹プロセスにもモバイル対応が求められています。 Red Hat ® JBoss ® BPM Suite および Red Hat Mobile Application
https://www.redhat.com/ja/resources/bridging-mobile-application-development-business-process-management-datasheet

LogistiCare、ビジネスの柔軟性とスピードを向上

LogistiCare は、契約輸送会社、公共交通機関パートナーシップ、マイレージ償還プログラム、および独立系ドライバーからなるネットワークを通じて、毎年 7,000 万件の非救急の医療搬送を管理しています。搬送管理に使用していたレガシー・アプリケーションでは拡大するビジネスの規模や複雑性に対応することが難しくなり、同社は Red Hat® JBoss® Middleware、Red Hat OpenShift Container Platform、および Ansible by Red Hat を用いたソリューションを導入しました。この新たなアプリケーション開発環境により、
https://www.redhat.com/ja/resources/logisticare-case-study

ページ