言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

Red Hat ソリューションによる仮想化でパフォーマンスを最大化しコストを最小化

仮想化が汎用テクノロジーとなった今、総所得コスト (TCO) とコストパフォーマンスは、企業にとって最適な仮想化プラットフォームを選択する上で最も重要な要素となります。Red Hat Enterprise Virtualization は、現在の市場において非常に優れたパフォーマンスとスケーラビリティを備えたエンタープライズ仮想化プラットフォームで、最も低い総所得コスト (TCO) を達成しています。
https://www.redhat.com/ja/resources/virtualize-red-hat-maximize-performance-and-minimize-cost

デュアルソースの仮想化がオープンハイブリッドクラウドへの道筋を開

プライベートクラウドの構築にオープンハイブリッドのアプローチを採用することは、シングルベンダーの制限にとらわれずに費用対効果、柔軟なコンピューティング、ストレージ容量などの利点を最大限に活かすことのできる、最善の方法です。Red Hat の広範なコンポーネントがどのようにこれらの目標を達成するのか、CIO Quick Pulse 誌をご覧ください。
https://www.redhat.com/ja/resources/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%8C%96%E3%81%8C%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93%E7%AD%8B%E3%82%92%E9%96%8B

Red Hat Enterprise Linux と Red Hat Enterprise Virtualization

Red Hat® Enterprise Linux® と Red Hat Enterprise Virtualization を組み合わせたソリューションは、企業によるミッションクリティカルなアプリケーションの仮想化を可能にするとともに、比類のないパフォーマンス、スケーラビリティ、およびセキュリティ機能を提供します。 パンフレットをダウンロードして詳細をご確認ください。
https://www.redhat.com/ja/resources/red-hat-enterprise-linux-%E3%81%A8-red-hat-enterprise-virtualization

IDC の見解: Red Hat Enterprise Virtualization

今後 1、2 年で、複数のベンダーが新バージョンの仮想化製品をリリースし、競争力を大幅に強化すると予測されています。こうした製品の 1 つが、オープンソース KVM ハイパーバイザーの商用版であり、オープンソースの oVirt 管理ツールを備えた Red Hat Enterprise Virtualization (RHEV) です。Red Hat は、Linux およびオープンソース分野のリーディングカンパニーであり、オープンソースの商用化における実績が KVM や oVirt にも十分活かされています。
https://www.redhat.com/ja/resources/idc-rhev

ページ