関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

ビジネス自動化のための構造化設計手法

ソフトウェア開発のインフラストラクチャと手法の進歩により、ビジネス自動化をモダナイズするためのツールや機会を活用できるようになりました。最新ソフトウェア開発のベストプラクティスをビジネス自動化へ適用する設計手法は、組織がこの機会を活用し、リスクを上げることなく厳格なエンジニアリング・プラクティスを導入するために役立ちます。この手法をビジネス自動化に利用し、専門家によるビジネスロジックのコード化を可能とすることにより、品質の向上、市場投入期間の短縮、および最新ソフトウェア開発コストの予測と低減を実現できます。
https://www.redhat.com/ja/resources/consulting-business-automation-design-approach-whitepaper

DevOps と Red Hat OpenShift によるイノベーションの促進

DevOps のプラクティスにおいて鍵となるのは、コンテナ・テクノロジー、マイクロサービス・アーキテクチャ、およびクラウドをベースとした最新のアプリケーション・プラットフォームです。これにより、安全で革新的なソフトウェアサービスを、デジタルビジネスに必要なスピードで提供することが可能となります。このデータシートでは、アプリケーションの開発と提供において重要となる段階や、イノベーションの促進をサポートする Red Hat OpenShift の機能について説明します。
https://www.redhat.com/ja/resources/accelerate-devops-openshift-red-hat

モバイル・アプリケーション開発とビジネスプロセス管理をつなぐ

ビジネスプロセス管理 (BPM)、ビジネスルール管理 (BRM)、およびモバイル・アプリケーションは、顧客対応においても、B2E (business-to-employee) や B2B (business-to-business) のインタラクションにおいても、多くのビジネス・トランザクションでますます重要になっています。従来、こうしたトランザクションには紙の書類が使用されてきました。しかしモバイルの導入が進むにつれて、基幹プロセスにもモバイル対応が求められています。 Red Hat ® JBoss ® BPM Suite および Red Hat Mobile Application
https://www.redhat.com/ja/resources/bridging-mobile-application-development-business-process-management-datasheet

ページ