言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

コンテナプラットフォームによるアプリケーション提供のモダナイゼーション

このホワイトペーパーでは、コンテナ・アプリケーション・プラットフォームを導入してアプリケーション提供の処理を改善するために、運用チームと IT チームをまとめる方法を説明します。 アプローチ、コラボレーション、およびテクノロジーが改善された結果、ソフトウェアのライフサイクルがさらに短縮されました。Linux ® のコンテナおよびコンテナ・アプリケーション・プラットフォームは、エンタープライズソフトウェアの新しいアーキテクチャであり、それらを利用することにより企業が技術の進歩を利益につなげていく上で役立ちます。しかし、IT マネージャーは、DevOps
https://www.redhat.com/ja/resources/application-delivery-container-platform-whitepaper

Java アプリケーションをモダナイズするためのプラットフォーム

さまざまな組織が戦略上の岐路に立っています。IDC のアナリストによると、CEO の 3 分の 2 は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを企業戦略の中心に据えようとしています。デジタルトランスフォーメーションの目的は、既存の機能の効率を高めることだけではありません。もっと大きな目的は、新しいことを新しい方法で行ったり、既存のデータをさらに有効に活用したりすることです。組織は、目標や戦略を明確に定め、コミュニケーションを改善し、だれもがよく理解できる統制のとれた分散アーキテクチャに移行する必要があります。
https://www.redhat.com/ja/resources/java-ee-platform-modernizing-applications

仮想化からクラウドへ

仮想化が普及するにつれ、IT 関連の販売企業は仮想化に対しさらに戦略的な取り組みを始めましたが、その取り組みは当初、コスト削減を目指した一つの戦術に過ぎませんでした。クラウドコンピューティングは、本質的にさらに戦略的なものです。ハイブリッドクラウドの導入は徐々に進むと思われますが、考え方の変化が伴います。クラウドの導入も、他の戦略的な IT プロジェクトと同様、軽量なプロセスであったとしても一定のプロセスを利用することになります。このホワイトペーパーでは、こうした 1 つのアプローチについて、IT Process Institute の調査に基づいて説明しています。
https://www.redhat.com/ja/resources/beyond-virtualization-cloud

Red Hat におけるセキュリティとイノベーションの融合

このホワイトペーパーでは、現在のセキュリティの状況について考察し、Red Hat との連携によってセキュリティ、リスク管理、コンプライアンスの目標を実現する方法について説明します。Red Hat のソリューションには、脆弱性を緩和したり、構成管理を実装したり、速度と量が増加しつつある脅威を阻止することできるアクセス制御や、オープンな IT アーキテクチャ、異種混在とハイブリッドの両方のインフラストラクチャを確立することができる各種ツールが用意されています。
https://www.redhat.com/ja/resources/security-innovation-whitepaper

ソフトウェアデファインドストレージを始めるためのベストプラクティス

ビッグデータは増大の一途にあります。多すぎる情報から真価を獲得するためにコスト効率の優れた方法を探すことは、これから数年後に企業が生き残れるかどうかの鍵になります。先進企業は、Web スケールの IT アーキテクチャを導入するための賢明な手段として、オープンソースによるソフトウェアデファインドストレージを採用し、大規模なスケールでもさまざまなデータを管理する柔軟性を提供しています。
https://www.redhat.com/ja/resources/get-started-with-osds-whitepaper

成功するマイクロサービスアーキテクチャの実現

疎結合でありながら自立したシステムを作成する、新しい設計手法であるマイクロサービスアーキテクチャを導入することで、企業はサービス指向アーキテクチャ (SOA) のような初期のアプローチを越える前例のない規模でモジュラーシステムの作成および管理ができる新たなテクノロジーを利用できるようになります。しかし、単一のアプリケーションをマイクロサービスにリファクタリングする組織が経験する成功の度合いは、実にさまざまです。効果的なマイクロサービスに重要なのは、アプリケーションの構築にマイクロサービスをどのように使用するのか、またその理由について確実に理解することです。
https://www.redhat.com/ja/resources/microservices-improved-architecture-design

ページ