関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

Ansible による継続的インテグレーションおよびデリバリー

Ansible は、Ansible のデプロイメントおよびオーケストレーション・ツールの基盤である、強力なオープンソースの自動化言語です。Ansible は、他の自動化ソリューションの各種コア機能よりも生産性に優れた代替機能を数多く備えており、 ゼロダウンタイムで行う継続的インテグレーションと継続的デプロイ (CI/CD) の実現など、IT 関連の主要な課題の解決に貢献します。CI/CD では多くの場合、大量のカスタマイズを伴うコーディングや、複数のソフトウェア・パッケージが必要となります。Ansible は、このような機能すべてをワンストップで提供します。
https://www.redhat.com/ja/resources/ansible-continuous-integration-delivery-whitepaper

アジャイル・インテグレーションによるデジタル革新

デジタル・トランスフォーメーションの実現には、複数ソースからの API を統合する機能が不可欠です。このためには、柔軟性の高いクラウド対応テクノロジーを活用し、エンタープライズ統合の手法を見直す必要があります。アジャイル・インテグレーションとは、アーキテクチャに関わるアプローチです。アジャイルな手法やプラクティスをさまざまなテクノロジーと組み合わせることにより、アプリケーションやデータの迅速な統合を目指します。
https://www.redhat.com/ja/resources/innovation-through-agile-integration

初心者向けガイド:Red Hat Ansible Tower による管理/制御

IT はイノベーションの原動力です。ソフトウェアを迅速に提供できなければ、組織は職務を果たせません。イノベーションの実現を阻む最大の障壁は、複雑性です。この課題を克服するために、多くの組織が自動化と DevOps の導入を検討しています。Red Hat® Ansible Tower を使用することで、組織はより迅速にアプリケーションを導入し、システムをより効率的に管理し、複雑性を解消できるようになります。また、それにより DevOps の強力な基盤を構築し、さまざまな部署において「自動化」を身近なものにできます。
https://www.redhat.com/ja/resources/control-with-ansible-tower-whitepaper

コンテナプラットフォームによるアプリケーション提供のモダナイゼーション

このホワイトペーパーでは、コンテナ・アプリケーション・プラットフォームを導入してアプリケーション提供の処理を改善するために、運用チームと IT チームをまとめる方法を説明します。 アプローチ、コラボレーション、およびテクノロジーが改善された結果、ソフトウェアのライフサイクルがさらに短縮されました。Linux ® のコンテナおよびコンテナ・アプリケーション・プラットフォームは、エンタープライズソフトウェアの新しいアーキテクチャであり、それらを利用することにより企業が技術の進歩を利益につなげていく上で役立ちます。しかし、IT マネージャーは、DevOps
https://www.redhat.com/ja/resources/application-delivery-container-platform-whitepaper

Java アプリケーションをモダナイズするためのプラットフォーム

さまざまな組織が戦略上の岐路に立っています。IDC のアナリストによると、CEO の 3 分の 2 は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを企業戦略の中心に据えようとしています。デジタルトランスフォーメーションの目的は、既存の機能の効率を高めることだけではありません。もっと大きな目的は、新しいことを新しい方法で行ったり、既存のデータをさらに有効に活用したりすることです。組織は、目標や戦略を明確に定め、コミュニケーションを改善し、だれもがよく理解できる統制のとれた分散アーキテクチャに移行する必要があります。
https://www.redhat.com/ja/resources/java-ee-platform-modernizing-applications

ページ