関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

Cox Automotive、Red Hat ソリューションで IT リソースの迅速なデリバリーを促進

Cox Automotive では、優れた競争力を維持するため、25 を超える系列企業の内部ユーザーへ IT リソースを迅速にプロビジョニングする必要がありました。クラウドのインフラストラクチャ管理とセルフサービス式アクセスを提供するため、Cox Automotive は Red Hat CloudForms を採用しました
https://www.redhat.com/ja/resources/cox-automotive-case-study

貨訊通運用紅帽產品,提升企業表現並支援其業務發展

貨訊通有限公司提供環球船運管理軟件方案,協助船運公司和貨運站/貨櫃碼頭提升貨運可靠性、降低運輸成本並精簡作業流程。該公司最近開始創建一個軟件定義數據中心,以滿足更大規模和高效率的需求。 該計劃的關鍵部分是網絡優化引擎(NOE)項目。 為了創建穩定,強大的IT環境來支持NOE項目,貨訊通擴大了其使用 RedHat ® CloudForms 和部署的 Red HatOpenStack ® Platform 以及其他Red Hat產品和服務。 通過這些解決方案,貨訊通可以以更加結構化,高效的方式執行其主動性,並通過新的自助服務功能提高其競爭優勢。
https://www.redhat.com/ja/resources/cargosmart-software-defined-cloud-infrastructure-cloudforms-openstack-jboss-linux-management-consulting-case-study

Red Hat Enterprise Linux の Identity Management | Red Hat

Red Hat® Enterprise Linux® の Identity Management (IdM) は、Linux または UNIX ネットワーク環境向けの統合型 ID 管理および認証ソリューションです。IdM を使用することで、拡大する Linux 環境をコントロールし、規制遵守のための相互運用性を保ち、リスクを低減し、効率性を上げることができます。セキュリティ管理に必要なユーザー、グループ、ホスト、その他のオブジェクトに関するデータを保存することで、IdM サーバーは一元化された認証、認可、およびアカウント情報を提供します。
https://www.redhat.com/ja/resources/red-hat-enterprise-linux-%E3%81%AE-identity-management-red-hat

Ansible による継続的インテグレーションおよびデリバリー

Ansible は、Ansible のデプロイメントおよびオーケストレーション・ツールの基盤である、強力なオープンソースの自動化言語です。Ansible は、他の自動化ソリューションの各種コア機能よりも生産性に優れた代替機能を数多く備えており、 ゼロダウンタイムで行う継続的インテグレーションと継続的デプロイ (CI/CD) の実現など、IT 関連の主要な課題の解決に貢献します。CI/CD では多くの場合、大量のカスタマイズを伴うコーディングや、複数のソフトウェア・パッケージが必要となります。Ansible は、このような機能すべてをワンストップで提供します。
https://www.redhat.com/ja/resources/ansible-continuous-integration-delivery-whitepaper

MyRepublic、Red Hat OpenStack Platform で統合クラウドを採用

インターネット・サービスプロバイダーである MyRepublic では、成長に対応するにあたって、断片化したレガシー IT インフラストラクチャの管理が問題となっていました。優れた柔軟性とスケーラビリティを実現するため、同社は Red Hat CloudForms と Red Hat Ceph Storage を活用しながら、Red Hat® OpenStack® Platform をベースとした統合プライベートクラウドに移行しました。Red Hat コンサルティングの指導と Red Hat ラーニングサブスクリプションを通じたトレーニングにより、
https://www.redhat.com/ja/resources/myrepublic-case-study

アジャイル・インテグレーションによるデジタル革新

デジタル・トランスフォーメーションの実現には、複数ソースからの API を統合する機能が不可欠です。このためには、柔軟性の高いクラウド対応テクノロジーを活用し、エンタープライズ統合の手法を見直す必要があります。アジャイル・インテグレーションとは、アーキテクチャに関わるアプローチです。アジャイルな手法やプラクティスをさまざまなテクノロジーと組み合わせることにより、アプリケーションやデータの迅速な統合を目指します。
https://www.redhat.com/ja/resources/innovation-through-agile-integration

Red Hat Virtualization:VMware からの移行

Red Hat® Virtualization なら、オープンソースで選択肢が広がります。また、優れたパフォーマンスとセキュリティ、高いワークロード密度を実現しながら、総所有コストを抑えることができます。Linux® と Windows 仮想マシンを VMware から Red Hat Virtualization に移行することで、企業は数々の大きなメリットを得ることができます。
https://www.redhat.com/ja/resources/red-hat-virtualization-vmware-migration

LogistiCare、ビジネスの柔軟性とスピードを向上

LogistiCare は、契約輸送会社、公共交通機関パートナーシップ、マイレージ償還プログラム、および独立系ドライバーからなるネットワークを通じて、毎年 7,000 万件の非救急の医療搬送を管理しています。搬送管理に使用していたレガシー・アプリケーションでは拡大するビジネスの規模や複雑性に対応することが難しくなり、同社は Red Hat® JBoss® Middleware、Red Hat OpenShift Container Platform、および Ansible by Red Hat を用いたソリューションを導入しました。この新たなアプリケーション開発環境により、
https://www.redhat.com/ja/resources/logisticare-case-study

ページ