言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

仮想化からクラウドへ

仮想化が普及するにつれ、IT 関連の販売企業は仮想化に対しさらに戦略的な取り組みを始めましたが、その取り組みは当初、コスト削減を目指した一つの戦術に過ぎませんでした。クラウドコンピューティングは、本質的にさらに戦略的なものです。ハイブリッドクラウドの導入は徐々に進むと思われますが、考え方の変化が伴います。クラウドの導入も、他の戦略的な IT プロジェクトと同様、軽量なプロセスであったとしても一定のプロセスを利用することになります。このホワイトペーパーでは、こうした 1 つのアプローチについて、IT Process Institute の調査に基づいて説明しています。
https://www.redhat.com/ja/resources/beyond-virtualization-cloud

VMware 環境などの拡張仮想およびクラウド管理

VMware 環境に拡張仮想化機能を追加したり、組織をクラウド対応に転換する際に、既存の VMware 管理製品に必要な拡張仮想化管理機能が備わっていないことが判明する場合があります。Red Hat CloudForms の総合的な管理プラットフォームを使用すると、種々雑多なツールが混在する状況が解消されます。また、複数の製品を利用することに伴う統合、インタフェースの混在、コストの高騰やトレーニングのニーズといったさまざまな問題が軽減されます。
https://www.redhat.com/ja/resources/advanced-virtual-and-cloud-management-vmware-environments-and-beyond

Cox Automotive、カスタマーエクスペリエンスを向上

Cox 社は Red Hat ® CloudForms、Red Hat Enterprise Linux ® 、および Red Hat Enterprise Virtualization を活用し、リソースプロビジョニングのためのセルフサービス IT ポータルを提供するプライベートクラウドを構築しました。今では、誰でも IT ポータルを利用して新製品の開発をサポートできるようになり、シャドー IT のリスクを回避しながらイノベーションを促進できます。
https://www.redhat.com/ja/resources/cox-automotive-turbocharges-customer-experience

仮想化オープン管理による IT 最適化

組織が競争力を維持するには、高品質の製品やサービスを、短期間かつ安全に、そして低コストで市場に投入する必要があります。最新のインフラストラクチャを採用すれば、ビジネス要件の変化にも、テクノロジー担当者が即座に対応できるようになります。Red Hat ® コンサルティングの仮想化オープン管理の支援を利用することで、先進の仮想化管理戦略により技術革新の加速化、運用の最適化が実現され、将来のインフラストラクチャのための確かな基盤を備えることができます。
https://www.redhat.com/ja/resources/consulting-optimize-management-virtualization-datasheet

Red Hat JBoss Core Services Collection

Red Hat JBoss Core Services Collection は、Red Hat JBoss Middleware 製品で頻繁にデプロイされる多くの機能の使用権を提供します。こうした機能には、Apache HTTP Web サーバー、IIS および iPlanet のコネクター、シングルサインオンサービス、JBoss Middleware のデプロイを管理する Red Hat JBoss Operations Network などがあります。
https://www.redhat.com/ja/resources/jboss-core-services-collection-datasheet

Ansible by Red Hat で自動化を加速

Ansible by Red Hat ® を使用すると、組織において業務自動化を効果的に達成できます。しかし、DevOps までの道のりは、長くて複雑なものとなることがあります。時代遅れの慣習を効率的な手法に置き換えなければなりませんが、新しいツールやプロセスを導入するためには、組織を通じてさまざまな関係者を取り込むことが必要になります。さらに、さまざまなグループに対して、それぞれの作業のベストプラクティスを教える必要があります。Red Hat コンサルティングは、お客様が Ansible を適切な方法で採用および統合し、業務上の価値や市場価値を付加し、DevOps
https://www.redhat.com/ja/resources/accelerate-automation-ansible-red-hat

ページ