関連資料

Red Hat の製品・ソリューション関連資料を探す

すべての資料から探す

フィルター

閉じる

ビジネス自動化のための構造化設計手法

ソフトウェア開発のインフラストラクチャと手法の進歩により、ビジネス自動化をモダナイズするためのツールや機会を活用できるようになりました。最新ソフトウェア開発のベストプラクティスをビジネス自動化へ適用する設計手法は、組織がこの機会を活用し、リスクを上げることなく厳格なエンジニアリング・プラクティスを導入するために役立ちます。この手法をビジネス自動化に利用し、専門家によるビジネスロジックのコード化を可能とすることにより、品質の向上、市場投入期間の短縮、および最新ソフトウェア開発コストの予測と低減を実現できます。
https://www.redhat.com/ja/resources/consulting-business-automation-design-approach-whitepaper

Ansible による継続的インテグレーションおよびデリバリー

Ansible は、Ansible のデプロイメントおよびオーケストレーション・ツールの基盤である、強力なオープンソースの自動化言語です。Ansible は、他の自動化ソリューションの各種コア機能よりも生産性に優れた代替機能を数多く備えており、 ゼロダウンタイムで行う継続的インテグレーションと継続的デプロイ (CI/CD) の実現など、IT 関連の主要な課題の解決に貢献します。CI/CD では多くの場合、大量のカスタマイズを伴うコーディングや、複数のソフトウェア・パッケージが必要となります。Ansible は、このような機能すべてをワンストップで提供します。
https://www.redhat.com/ja/resources/ansible-continuous-integration-delivery-whitepaper

アジャイル・インテグレーションによるデジタル革新

デジタル・トランスフォーメーションの実現には、複数ソースからの API を統合する機能が不可欠です。このためには、柔軟性の高いクラウド対応テクノロジーを活用し、エンタープライズ統合の手法を見直す必要があります。アジャイル・インテグレーションとは、アーキテクチャに関わるアプローチです。アジャイルな手法やプラクティスをさまざまなテクノロジーと組み合わせることにより、アプリケーションやデータの迅速な統合を目指します。
https://www.redhat.com/ja/resources/innovation-through-agile-integration

ページ