Policies and guidelines

Safe Harbor Privacy Notice

セーフハーバープライバシー通知

最終更新日: 2015年3月 21 日

当セーフハーバープライバシー通知 (「セーフハーバー通知」)は、レッドハットのプライバシーステートメント[リンクを追加する] (「プライバシーステートメント」)を補足するものです。内容に齟齬や矛盾がある場合、当セーフハーバー通知は、欧州経済地域(「EEA」)またはスイスから米国へ転送される、プライバシーステートメントの適用を受ける個人情報の処理に関して、当該プライバシーステートメントに優先します。大文字で始まる用語のうち本書にて定義されていないものは、当プライバシーステートメントで定義されている通りに使用されます

序論

Red Hat, Inc.と米国内のその子会社(「米国レッドハット」) は、 redhat.com ウェブサイト や 弊社が運営し当プライバシーステートメントに直リンクを貼る別のウェブサイトを通じてレッドハット各社が収集する個人情報(「個人情報」)を、尊重し保護することに尽力いたします。従って、Red Hat, Inc.は、EEAまたはスイスから米国へ転送される個人情報の収集、保存、使用および転送に関してアメリカ合衆国商務省 リンクを挿入する が定めた原則 (「セーフハーバー原則」) に従っていることを認証しました。

当セーフハーバー通知は、米国レッドハット がセーフハーバー原則を実行する方法を記載しています。

セーフハーバー原則

個人情報の収集、保存、使用および転送に関する米国レッドハットの履行は、通知、選択、転送、セキュリティ、アクセス、データ整合性および施行、対立解決に関するセーフハーバー原則に従って行われます。

  1. 通知 レッドハット の プライバシーステートメント[Add link(リンクを追加する)]には、レッドハットが収集する個人情報の類型、当個人情報を収集する目的、 当該個人情報を開示する第三者の種類、個人の権利と選択肢、および質問や苦情がある場合にレッドハットに連絡する方法が記載されています。
  2. 選択 個人情報が、 (i) 当該個人情報が収集された当初の目的とは異なる新しい目的のために使用される場合、もしくは (ii) 個人情報に対する独立した管理権を行使する第三者に転送される場合、個人は、自身の個人情報がそのように使用または転送されることにつき、異議を唱える機会を、実用的で適切である場合、与えられます。
  3. 個人情報の転送 米国レッドハットは、プライバシーステートメント[Add link(リンクを追加する)]に記載されているように、個人情報を転送する場合があります。米国レッドハットは、個人情報のうち、(1)欧州連合データ保護指令 95/46 またはスイス連邦データ保護法に基づいた法律の対象となっているもの; または (2) 当セーフハーバー原則に同意しているもの;もしくは(3) 関連するセーフハーバー原則により要請されている個人情報のための保護と少なくとも同じレベルを提供することに契約により合意しているものについては、当該個人情報に対する独立した管理権を行使するサーバープロバイダーへの転送のみを行います。

    プライバシーステートメントにおいて記載されている場合を除き、米国レッドハットは、個人に通知が提供され当該個人が同意した場合で、かつ、かかる個人の個人情報の提供先である第三者は米国レッドハットとの間で書面による契約の締結が必要とされる場合、個人情報に対して独立した管理権を行使する非サービスプロバイダーへの個人情報の転送のみを行います。米国レッドハットは、当該セーフハーバー原則に反する方法で非サービスプロバイダーや第三者が個人情報を使用し共有していると認識した場合、かかる処理を禁止するか中止するための妥当な措置を講じます。

    米国レッドハットは、レッドハットの権利を施行または保護するために、警察や政府機関の正式に認可された情報要請に応答する場合などのように、法律または法的手続きによる要請に従い、個人情報を共有する場合があります。かかる開示が行われるのは、適用可能な法律により許可されているように、身体的危害や金銭的損失を防止するために必要かつ適切である場合、または疑惑の調査あるいは実際的な違法行為に関連している場合です。

    米国レッドハットは、合併、買収、統合、子会社売却など、レッドハットの一部または全部に関与するビジネス取引の事情に照らして個人情報を共有する場合もあります。かかる取引には、有望または実際の購買者に対する個人情報の開示、または販売者からの個人情報の受領が含まれることがあります。これらのタイプの取引においては適切な保護を求めることが、米国レッドハットの慣行です。かかるビジネス取引の後、皆様は、弊社が皆様の個人情報を転送した組織に対して、かかる情報の使用に関する問い合わせを行うことができます。

  4. セキュリティ 米国レッドハットは、損失、悪用、ならびに未承認のアクセス、開示、改造および破滅から個人情報を保護するための、合理的な予防措置を講じます。
  5. アクセス 適切な場合、個人は、自身の個人情報に妥当なアクセスを行使し、アクセスを提供する負担または経費が個人のプライバシーに対するリスクに見合わない場合や、当個人以外の人物の権利に対する侵害が発生する場合を除き、訂正、削除、追加を 要請することができます。
  6. データの統合 米国レッドハットは、個人情報の収集や使用を、かかる個人情報が収集された本来の目的に関するものに限定し、かかる個人情報が信頼でき、正確で、完全かつ最新であることを確実にするための、合資的な措置を講じます。個人 は、下記または プライバシーステートメント[Add link(リンクを追加する)]に従い米国レッドハットに連絡を取り、自身の個人情報の更新または訂正を要求することができます。
  7. 施行および対立解決 米国レッドハットは、セーフハーバー原則の実施および順守を定期的に検証するための手続きを確立しました。米国レッドハットは、 個人情報に関する自社の運用に関して米国レッドハットが行う表明が真実であり、かかる運用が表明通りに実施されたことを検証するために、個人情報に関して、その施行に関する自己評価を毎年実施します。

    疑義がある場合、個人は、セーフハーバー原則に従って自身の個人情報の収集、保存、使用、転送および他の処理に関する問い合わせを行ったり、苦情の解決策を求めることができます。米国レッドハットが当セーフハーバープライバシー通知に従っていない、あるいはセーフハーバー原則を順守していないと、個人が感じる場合、当個人は、最初に、以下に記載の連絡情報にて、米国レッドハットに連絡をする必要があります。米国レッドハットは、個人情報に関する未解決の苦情に対処する目的のために欧州データ保護機関に協力することに、同意しております。

修正 当セーフハーバー通知は、 アメリカ合衆国商務省の セーフハーバーフレームワークの要件に整合して修正される場合があります。また、当セーフハーバー通知を更新する場合、本文書の冒頭の「最終更新」日を改訂します。

質問 セーフハーバープライバシー通知または弊社のプライバシー慣行に関するご質問は、以下にご連絡ください。

Red Hat, Inc.
Corporate Legal Group
100 East Davie Street
Raleigh, North Carolina 27601
米国合衆国