言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

Red Hat 認定

Red Hat エキスパート認定 ーData Virtualizationー

Red Hat® エキスパート認定 ーData Virtualizationーを取得した IT プロフェッショナルは、Red Hat JBoss® Data Virtualization を使用して複数のソースからのデータ統合に必要なスキル、知識、および能力を証明したことになります。

技術者認定の詳細

証明できるスキルと知識

Red Hat エキスパート認定 ーData Virtualizationーは、以下の作業を行う能力を証明します。

データソースの設定とインポート
  • フラットファイルソースからのローカルでのインポート
  • FTP でのフラットファイルソースからのインポート
  • RDBMS からのインポート
データの統合と変換
  • Teiid Designer ウィザードを使用したデータトランスレーターの自動生成
  • 生成されたトランスレーターの理解と更新
  • Type Casting のような単純なデータ変換の適用
  • 複雑な組み込み型変換機能の適用
  • 各種組み込み型トランスレーターの使用
VDB モデリング
  • 異なるタイプのデータストアを集約し、次のものを含む統合ビューを作成
    • ファイル (フラットおよび XML)
    • 複数の異なる種類のリレーショナルデータベース
  • 異なるデータストアからの SQL ロジック実装
  • 実体化ビューの理解と実装
チューニング
  • メモリキャッシュを使用したパフォーマンス向上
  • 必要に応じてキャッシュをバイパスする技法の使用
  • 特定の要件に合わせたキャッシング動作の調整
レポート/データエクスポート
  • READ プロシージャの作成
  • XML または JSON としてのプロージャ結果の公開
  • Restful サービスとしてのデータ公開
  • パフォーマンス問題の理解と予測
ランタイム
  • 仮想データベースのパッケージ化とデプロイ
  • Teiid Designer を使用した Data Virtualization ランタイムの制御と管理方法の理解

この技術認定の対象者

Red Hat エキスパート認定 ーData Virtualizationーは、以下のような方々を対象としています。

  • Red Hat JBoss Data Virtualization を活用しながら、複数の異なる種類のデータソースの統合ビューのモデリングと作成を担当する開発者およびアーキテクト
  • 複数の異なる種類のデータソースの統合ビューのモデリングと作成を行うために Red Hat JBoss Data Virtualization を使用しているプロジェクトに参加するデータベース管理者

スキルと知識を証明する認定試験

Red Hat エキスパート試験 ーData Virtualizationー (EX450)
Red Hat エキスパート試験 ーData Virtualizationーでは、Red Hat Data Virtualization を使用して複数のデータソースを統合する上で必要なスキルと知識をテストします。

実践的なトレーニング

Red Hat エキスパート試験 ーData Virtualizationーに向けた準備として、次のコースの受講をお勧めします。

Red Hat JBoss Data Virtualization Administration (JB450)

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら