Red Hat 技術者認定

Red Hat エキスパート認定 ―Container Administration― (提供終了)

Red Hat エキスパート認定 ―Container Administration― を取得した IT プロフェッショナルは、Red Hat Enterprise Linux Atomic Host を設定して既存のコンテナベースのアプリケーションをデプロイするために必要なスキル、知識、および能力を実証したことになります。

技術者認定の詳細

スキルと知識を証明しましょう

Red Hat エキスパート認定 ―Container Administration― を取得した IT プロフェッショナルは、以下のタスクを実行できます。

  • Docker コンテナイメージを作成および管理する
  • カスタムコンテナイメージをプライベートリポジトリに公開する
  • コンテナを使用して多層構造のアプリケーションをデプロイする
  • 既存アプリケーションを Docker 化する

この技術者認定の対象者

Red Hat エキスパート試験 ―Container Administration― は、以下のような方々を対象としています。

  • コンテナベースのアプリケーションのある DevOps 環境で働くシステム管理者
  • 基本的なシステム管理の知識を持っており、コンテナベースのアプリケーションを開発したいと思っている開発者
  • Red Hat 認定エンジニア (RHCE) を保有しており、Red Hat エキスパート認定資格または Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) 認定資格の取得を目指している方

スキルと知識をテストしましょう

この認定を取得するためには、以下の試験に合格する必要があります。

Red Hat エキスパート認定 ―Container Administration―
Red Hat エキスパート試験 ―Container Administration― (EX270) を受けることで、Red Hat Enterprise Linux Atomic Host の設定と、コンテナベースのアプリケーションをデプロイするのに必要なスキル、知識、および能力を証明します。この試験に合格すると、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) を取得する際の前提条件となる Red Hat エキスパート認定を取得できます。

ご不明な点についてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ