CL280

OpenShift Enterprise Administration

情報を表示しています:

OpenShift Enterprise をデプロイ、設定、監視、および保守する方法を学習

OpenShift Enterprise Administration (CL280) は、エマージングテクノロジーに焦点を当てた Red Hat® トレーニングのコースシリーズの一部です。Red Hat の OpenShift Enterprise を使用して、独自の PaaS (Platform-as-a-Service) クラウドコンピューティング環境を実装するシステム管理者を対象としています。

コース概要

OpenShift Enterprise ブローカーおよび OpenShift Enterprise ノードホストをデプロイ、設定、監視、および保守する方法と、OpenShift Enterprise クラウド環境でアプリケーションをデプロイおよび管理する方法を学習します。

学習内容サマリー

  • OpenShift Enterprise インフラストラクチャのデプロイ
  • OpenShift Enterprise ノードのデプロイ
  • OpenShift Enterprise インフラストラクチャの監視
  • OpenShift Enterprise へのアプリケーションのデプロイ
  • アプリケーションプラットフォームのカスタマイズ
  • OpenShift Enterprise で実行されるアプリケーションの管理
  • デプロイ環境の管理
  • OpenShift Enterprise アプリケーションの自動および手動拡張の設定
  • 使用量分析の取得

注: OpenShift Enterprise Administration (CL280) は、Red Hat のエマージングテクノロジーコースの 1 つです。このシリーズのコースでは、Red Hat の先進テクノロジーに焦点を当てています。エマージングテクノロジーコースでは、機能および特長に重点が置かれ、ガイド付き演習形式で進められます。講義はほとんどありません。

対象者と前提条件

  • OpenShift Enterprise のデプロイを担当している、または学習したい Linux システム管理者およびストレージ管理者
  • Red Hat 認定エンジニア (RHCE®) レベルのスキルを推奨

受講の前提条件

学習内容

OpenShift とは
OpenShift Enterprise アーキテクチャーを理解
OpenShift のデプロイ
OpenShift Enterprise の自動デプロイを実行
インフラストラクチャホストのデプロイ
OpenShift Enterprise ブローカーホストのインストールおよび設定
ノードホストのデプロイ
OpenShift Enterprise ノードホストのインストールおよび設定
リソース管理
  • ユーザーおよびギアの設定
  • District の作成および設定
アプリケーションのデプロイ
コマンドラインツールを使用した、OpenShift Enterprise 上のアプリケーションのデプロイおよび管理
クイックスタートの使用
事前に組み込まれたアプリケーションで素早く立ち上げる
Watchman を使用したメトリクスの取得
Watchman を使用して OpenShift Enterprise メトリクスを設定および管理
管理コンソールの使用
管理コンソールを使用して OpenShift Enterprise の使用量統計を取得
カスタムカートリッジの作成とデプロイ
OpenShift Enterprise におけるカスタムカートリッジの開発とデプロイを理解
開発者チームのマッピング
OpenShift Enterprise ユーザースキーマオプションを使用した開発チーム構造をマッピング

: コース概要は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、弊社にお問い合わせください

次の推奨コース

Red Hat エキスパート試験 ーPlatform-as-a-Service ー (EX280)
Red Hat の OpenShift Enterprise を使用して、クラウド環境でアプリケーションを開発、ホスト、および拡張する能力を証明する必要があります。
Red Hat OpenStack Administration (CL210)
このコースでは、システム管理者を対象に、Red Hat® Enterprise Linux OpenStack Platform を使用してクラウドコンピューティング環境を実装する方法 (インストール、設定、保守を含む) について説明します。

このコースを終了すると、次の資格取得の準備が整います。

Red Hat エキスパート試験 ー Platform-as-a-Service ー
クラウド環境でアプリケーションを開発、ホスト、および拡張するスキルを証明する必要があります。