言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

CL310

Red Hat OpenStack Administration III

情報を表示しています:

OpenStack とストレージのデプロイ、管理、設定方法の学習

Red Hat OpenStack Administration III(CL311)コースでは、経験豊富なシステム管理者が、充実した実践的なトレーニングを通じて、Red Hat® Ceph Storage の分散型ストレージ機能と OpenStack® Neutron のネットワーク機能の使用方法について学習します。受講生は、Ceph の環境と構成を OpenStack のバックエンドとして設定し、OpenStack Neutron の高度な機能を設定および使用します。

このコースは、Red Hat OpenStack Platform 6 に基づくものです。

コース概要

受講生は、Ceph の環境と構成を OpenStack のバックエンドとして設定し、OpenStack Neutron の高度な機能を設定および使用します。

学習内容サマリー

  • Red Hat Ceph Storage のデプロイ
  • Red Hat Ceph Storage におけるスナップショットの管理
  • Ceph Block Device(RBD)および Ceph Object Gateway(RADOSGW)を介した Ceph Storage へのアクセス
  • Red Hat Ceph Storage を OpenStack サービスのストレージバックエンドとして設定
  • VXLAN、VLAN、GRE ベースのネットワークの管理
  • OpenStack Neutron における Load-Balancer-as-a-Service(LBaaS)のデプロイおよび使用
  • Neutron に関連する問題のトラブルシューティング

適切なスキルセットを備えているかどうかを確認したい場合は、オンラインスキルチェックをご利用ください。

このコースの対象者

OpenStack 環境の管理を担当している経験豊富な Linux® システム管理者で、次の内容の学習を希望する方:

  • 拡張可能な分散型ストレージを OpenStack のストレージバックエンドとして設定する方法
  • OpenStack Neutron の高度な機能

受講の前提条件

学習内容

Red Hat Ceph Storage の概要
Red Hat Ceph Storage のアーキテクチャ、コンポーネント、属性を紹介します。
Red Hat Ceph Storage のコンポーネントと機能の説明
Red Hat Ceph Storage のコンポーネントと機能を説明します。
Red Hat Ceph Storage のデプロイとアクセス
Red Hat Ceph Storage のスナップショットとクローンを作成します。
スナップショットとクローンの作成
Ceph Block Device(RBD)のスナップショットとクローンの管理を行います。
Ceph と Glance イメージサービスの統合
Ceph を、Glance イメージサービス、Cinder ブロックストレージサービス、およびNova コンピューティングサービスと統合します。
ネットワークの基本
基本的なネットワーキングの概念や OpenStack Neutron ネットワーキングの概念およびサービスについて説明します。
仮想ブリッジングの実装
仮想ネットワークブリッジのインストールと管理を行います。
仮想ネットワークデバイスの実装
仮想ネットワークデバイスを作成およびデプロイします。
ネットワークネームスペースの実装
IP コマンドを使用して、ネットワークインタフェースを手動で持続的に管理します。
Neutron サービスの管理
Neutron ネットワークサービスの設定の検証と管理を行います。
プロジェクトネットワークのプロビジョニング
VXLAN トンネル、GRE トンネル、VLAN を使用して、プロジェクトネットワークをプロビジョニングします。
Load-Balancer-as-a-Service(LBaaS)の実装
LBaaS を実装します。
Neutron ネットワークサービスのトラブルシューティング
Neutron ネットワークサービスの問題の診断およびトラブルシューティングを行います。
理解度の確認
Red Hat OpenStack III コースのタスクの復習

: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点については、Red Hat にお問い合わせください

推奨される次の試験またはコース

RHCE ーRed Hat OpenStackー認定試験(EX310)
認定試験に合格して OpenStack のRed Hat 認定エンジニア(RHCE)になることにより、Red Hat Enterprise Linux OpenStack PlatformRed Hat Ceph Storage、Neutron サービスの統合と設定に関する能力を証明できます。

OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。