CL332

High Availability with Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform

情報を表示しています:

Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform の高可用性 (HA) 機能とツールの学習

High Availability for Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform (CL332) は、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform の高可用性 (HA) に関心のあるシステム管理者とクラウドオペレーターを対象としています。このコースでは、高可用性 (HA) 機能とツールについて、Red Hat OpenStack Administration (CL210) コースよりもさらに詳しく学習します。

コース概要

このコースでは、市販されている主要なオープンソースクラスタリングおよび高可用性 (HA) ソリューションを使用し、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform と接続する包括的な計画について解説します。受講者は、各サービスを可用性の高い方法で実装し、フェイルオーバーのシナリオをテストします。また、Pacemaker、Corosync、CMAN の各ツールと、HAProxy を使用して、クラスタやその他の高可用性 (HA) ツールを実装します。

コース内容の概要

  • 高可用性の基本的な概念
  • 可用性の高いクラウドのための包括的な計画
  • 可用性の高い設計と実装を使用した、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 環境のクラスタリング
  • 可用性の高いクラウドの検証
  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform データベース用の MariaDB Galera クラスタ
  • Glance および Cinder 用の GlusterFS

注: High Availability with Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform は、Red Hat のエマージングテクノロジーコースの 1 つです。これらのコースでは、Red Hat の先進テクノロジーに焦点を合わせています。エマージングテクノロジーコースは、機能に重点を置き、ガイド付きの演習形式で実施されます。

コースの対象者と前提条件

  • プライベートクラウドの保守に関心のある、または保守を担当する Linux のシステム管理者およびクラウド管理者
  • クラウドで高可用性を実現することに関心のあるクラウドオペレーター
  • RHCE 認定または必須レベルの知識を有することを強く推奨

このコースを受講するための前提条件

  • OpenStack サービスとその接続性に関する深い知識
  • 高可用性 (HA) の概念と高可用性 (HA) の実装についての理解

このコースの概要

高可用性 (HA) の概要
高可用性 (HA) によって、どのように Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform サービスをセキュリティ保護し、機能を向上させることができるのかについて解説します。
高可用性 (HA) クラスタのデプロイ
OpenStack API サービス用の Pacemaker、Corosync、および HaProxy を設定します。
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform サービスの設定
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform をインストールし、API サービスを設定します。
アクティブ/パッシブ MySQL クラスタの実装
可用性の高いアーキテクチャーで MySQL データベースを接続します。
アクティブ/アクティブ Qpid ブローカーの実装
メッセージブローカーのプールをセットアップして実行し、可用性と信頼性を高めます。
環境のテスト
サービスごとにユニットテストプロトコルを実行し、高可用性 (HA) サービスをレビューおよび検証します。
障害シナリオの実行
さまざまなサービスで障害を発生させて、高可用性 (HA) をテストします。
さらに可用性の高いクラウドの実装
Red Hat コミュニティストレージプロジェクトである MariaDB Galera や GlusterFS のような主要なオープンソースクラスタリングソリューションを使用して、クラウドデータをセキュリティ保護するための革新的な方法について検討します。

: コース概要は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、お電話 (米国: 1-866-626-2994) またはオンラインでトレーニングスペシャリストにお問い合わせください。