検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
AD364

Developing Application Business Rules with Red Hat Decision Manager

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Red Hat Decision Manager を使用したビジネスルールの作成とデプロイの概要

Red Hat Decision Manager は、ビジネスポリシーとルールの作成、アクセス、および管理を促進するビジネスルール管理用のオープンソースのビジネス自動化プラットフォームです。Decision Manager には、高速、高効率のルールエンジン、使いやすいルール作成ツール、および管理システムが組み込まれています。このコースでは、ビジネスルールの作成、テスト、デバッグの方法、ルールパッケージの生成方法、Decision Manager のランタイム環境が drools と Decision Model Notation (DMN) の両方を使用してルールを実行する方法について学習します。

このコースは Red Hat Decision Manager 7.9 に基づいています。

コースのトピック

  • ガイド付きデシジョンテーブルを使用してルールを作成する
  • Business Central を使用してテスト駆動型ルール設計を実装する
  • Drools Rule Language (DRL) を使用して高度なルールフィールド制約を実装する
  • KIE API を使用してルールを実行する
  • ルールフロー属性を使用してルールの競合を解決する
  • Decision Model Notation を使用して意思決定を作成する
  • 複合イベント処理のルールを定義する

コース対象者

  • このコースは、アプリケーション開発者とビジネスルール開発者を対象にしています。

推奨トレーニング

  • このコースの受講に必要な前提条件はありません。
  • Java SE と Java EE の経験が役立ちます。

テクノロジー上の留意事項

  • インターネット接続が必要です。

学習内容

学習内容

Red Hat Decision Manager の概要
ビジネス自動化と Red Hat Decision Manager の基本的な概念を説明する
Business Central での基本ルールの作成
Business Central を使用して基本ルールの作成とテストを行う
DRL を使用したルールの作成
Decision Central で高度な条件とフィールド制約を使用して DRL ルールを作成する
Decision Manager アプリケーションの統合
Rest API と Java API Client コードを使用して Decision Manager アプリケーションを他のアプリケーションと統合する
DRL のベストプラクティスの実装
高度な競合解決を特定し、DRL ルールのベストプラクティスを実装する
DMN を使用した意思決定の実装
DMN を記述して使用し、Red Hat Decision Manager で意思決定を実装する
複合イベント処理のルールの定義
ルールを用いて複合イベント処理 (CEP) を記述し、使用する

成果

組織にとっての効果

  • 最も一般的なビジネスプロセスのうち、デジタル化されているのは 37% にすぎません。ビジネスルールの自動化、適応、再設計により、ポートフォリオのモダナイズ、従業員への権限付与、顧客との関係構築、および製品の革新が可能になります。Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager はプロセス指向アプリケーションの実行と設計で中心的な役割を果たします。Decision Manager と Process Automation Manager を使用すると、開発者はローコード環境でビジネスプロセスとビジネスルールを自動化できます。このトレーニングは、開発者が Red Hat Decision Manager 7.8 を実際に体験し、組織が市場の変化に迅速に対応するためのビジネスルールを開発する機会を提供します。

個人にとっての効果

  • このコースを受講すると、このコースの概念を使用して、アプリケーションのビジネスルールを単純化し、効率的に管理および自動化することができます。実践的なエクスペリエンスを通じて、ビジネス意思決定を自動化し、それらのルールエンジンをエンタープライズ・アプリケーションに統合する方法を習得できます。

推奨される次のコースまたは試験

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。