DO092

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

情報を表示しています:

マイクロサービス・アーキテクチャを構築するために適切なフレームワークとツールを特定する

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures (DO092) は、さまざまなフレームワークとツールを企業のニーズに適したマイクロサービス・アーキテクチャに統合する方法を説明する、オンデマンドのオンラインビデオシリーズです。

コース概要

マイクロサービス・アーキテクチャについては、耳にしたことがあるでしょう。しかし、理解して実行するとなると、困難です。このコースでは一連のビデオを通じて、マイクロサービスを紹介し、複数のマイクロサービスとランタイムを確認し、手間いらずで DevOps パイプラインからデプロイする手法を説明します。コンテナ、Docker、Spring Boot、NodeJS、.NET、OpenShift、Jenkins、Vert.x、Kubernetes、その他多数を取り上げます。

注:すべてのビデオを見ることも、関心をお持ちのビデオだけを見ることもできます。このコースに関連したハンズオンラボやコース修了の認定はありません。

コース対象者

Java 開発者、および OpenShift や Kubernetes に関心がある方

受講の前提条件

ソフトウェアおよび IT システム・アーキテクチャの理解

学習内容

ビデオ 1:Deploying Cloud-Native Applications with Microservices Architectures の概要
ビデオ 2:マイクロサービスの概要:概略と理由
ビデオ 3:API:マイクロサービスの構築とデプロイ (およびデモ)
ビデオ 4:ディスカバリーと呼び出し (およびデモ)
ビデオ 5:マイクロサービスのパターン (およびデモ)
ビデオ 6:回路ブレーカー (およびデモ)
ビデオ 7:パイプライン (およびデモ)
ビデオ 8:認証 (およびデモ)
ビデオ 9:ログ、監視、追跡 (およびデモ)
ビデオ 10:Blue/Green デプロイ (およびデモ)
ビデオ 11:カナリアデプロイ (およびデモ)
ビデオ 12:モノリスからマイクロサービスへの移行