検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
お問い合わせ
ログイン / 登録 アカウント
DO180

Red Hat OpenShift I: Containers & Kubernetes

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Kubernetes および OpenShift 4 クラスタにデプロイするコンテナの構築と管理の概要

Red Hat OpenShift I: Containers & Kubernetes (DO180) では、コンテナを構築および管理し、Kubernetes クラスタ上にデプロイする方法を紹介します。このコースは、開発者、管理者、サイト信頼性エンジニアなど、複数の職務で必要とされるコンテナ、Kubernetes、および Red Hat OpenShift Container Platform に関する実践形式の授業で、コンテナ管理の基本的な知識とスキルを習得できます。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 8.2 および OpenShift® Container Platform 4.6 に基づいています。

学習内容サマリー

  • コンテナおよび OpenShift アーキテクチャ
  • コンテナ化されたサービスの作成
  • コンテナおよびコンテナイメージの管理
  • カスタム・コンテナイメージの作成
  • コンテナ化されたアプリケーションの OpenShift へのデプロイ
  • マルチコンテナ・アプリケーションのデプロイ

コース対象者

  • ソフトウェア・アプリケーションのコンテナ化を検討している開発者
  • コンテナ化技術やコンテナのオーケストレーションを初めて使用する管理者
  • ソフトウェア・アーキテクチャ内でコンテナ技術の使用を検討しているアーキテクト
  • Kubernetes と OpenShift を使用したテクノロジー・インフラストラクチャのサポートを検討しているサイト信頼性エンジニア

受講の前提条件

  • 無料のスキルチェックでこのコースが自分のスキルに最も適しているかどうかを確認してください。
  • Linux のターミナルセッションの使用経験、OS コマンドの実行経験があり、シェルスクリプトに精通している。Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) の取得を推奨しますが、必須ではありません。
  • Web アプリケーションのアーキテクチャや、対応するテクノロジーに関する経験がある。

テクノロジー上の留意事項

    このコースでは、一般公開されているリソースにアクセスするためにインターネット接続が必要です。

学習内容

学習内容

コンテナ技術の概要
Red Hat OpenShift Container Platform でオーケストレーションされたコンテナ内で、ソフトウェアが実行される仕組みを説明します。
コンテナ化されたサービスの作成
コンテナ技術を使用し、サービスのプロビジョニングを行います。
コンテナの管理
事前ビルド済みのコンテナイメージを修正して、コンテナ化されたサービスを作成、管理します。
コンテナイメージの管理
作成から削除までのコンテナイメージのライフサイクルを管理します。
カスタム・コンテナイメージの作成
コンテナファイルの設計とコーディングを行い、カスタム・コンテナイメージを構築します。
コンテナ化されたアプリケーションの OpenShift へのデプロイ
単一コンテナのアプリケーションを OpenShift Container Platform にデプロイします。
マルチコンテナ・アプリケーションのデプロイ
複数のコンテナイメージを使用してコンテナ化されたアプリケーションをデプロイします。
コンテナ化アプリケーションのトラブルシューティング
OpenShift にデプロイされたコンテナ化アプリケーションのトラブルシューティングを行います。
Containers、Kubernetes、Red Hat OpenShift の概要の包括的なレビュー
ソフトウェア・アプリケーションをコンテナ化し、Podman でテストし、 OpenShift クラスタにデプロイする方法を実演します。
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください。

成果

組織にとっての効果

コンテナと OpenShift は、瞬く間にアジャイル開発およびアプリケーション・デプロイメントのデファクト・ソリューションになりました。管理者と開発者は、アプリケーションの市場投入時間を短縮し、保守性を高めるためのさらなる方法を模索しています。

コンテナベースのアーキテクチャを Kubernetes および OpenShift と連携させると、アプリケーションの信頼性とスケーラビリティが向上し、開発者のオーバーヘッドが減少します。さらに、継続的インテグレーションおよび継続的デプロイメントが促進されます。DO180 は GLS 内の OpenShift カリキュラムの開始点であり、OpenShift の開発または管理に進む前に必要な基盤を提供します。

このコースでは、コンテナベースのアーキテクチャを使用して DevOps の可能性を包括的に理解することで、組織的な変革およびデジタル・トランスフォーメーションへの突破口を開きます。

このコースはお客様にメリットをもたらすことを意図して作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースの受講者は、Red Hat OpenShift Container Platform (OCP) で基本タスクを行うために必要なスキルを習得できます。これには次のスキルが含まれます。

  • Podman を使用してコンテナ化されたサービスを作成する
  • コンテナおよびコンテナイメージを管理する
  • カスタム・コンテナイメージを作成する
  • コンテナ化されたアプリケーションを OpenShift にデプロイする
  • マルチコンテナ・アプリケーションをデプロイする

推奨される次の試験またはコース

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。