言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

DO276

Containerizing Software Applications

情報を表示しています:

Docker および Kubernetes を使用してコンテナアプリケーションをデプロイする方法の学習

Containerizing Software Applications(DO276)では、Docker および Kubernetes を使用してコンテナアプリケーションをデプロイする方法を紹介します。複数のコンテナにわたる既存のアプリケーションのデプロイのためにコンテナを設計したり、Docker を使用してそれらのコンテナを作成およびテストしたり、高可用性と負荷分散を実現するためにKubernetes クラスタ内のアプリケーションをデプロイする方法を学習します。

コース概要

受講者はハンズオンラボを通じて、単体アプリケーションを複数の別個のサービスに分割します。これにより、コンテナがマイクロサービスアーキテクチャーのデプロイのための優れたツールとなることを体験できます。

学習内容サマリー

  • Docker 使用によるコンテナの作成
  • イメージレジストリの作業
  • コンテナへの永続ストレージの提供
  • Dockerfiles 使用による新しいイメージの作成
  • イメージ設計の推奨プラクティスの実現
  • コンテナの連携
  • Kubernetes 使用によるコンテナの編成
  • Vagrant による開発環境とテスト環境のプロビジョニング

対象者と前提条件

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® Container Host ソフトウェアを使用してコンテナ化されたアプリケーションをデプロイする方法、また、それらをコンテナ環境で適切な動作をするアプリケーションに変更する方法を学びたいと考えている開発者、アーキテクト、およびシステム管理者を対象としています。

受講の前提条件

Red Hat が推奨する前提条件は以下のとおりです。

  • プログラミングやスクリプティングの一般的な概念に関する知識
  • JavaScript、Java EE™、PHP、Python のうちの 1 つ以上の言語に関する知識
  • 選択した言語でのランタイム環境設定についての理解
  • リレーショナルデータベースのさまざまな概念に関する知識、および SQL についての基本的な理解。MySQL の経験があることが望ましい
  • Red Hat Enterprise Linux の管理についての基本的なスキル。Red Hat 認定のシステム管理者(RHCSA) 認定資格が望ましい

注: このコースで受講者が実際にコーディングすることはありません。

学習内容

コース紹介
コース紹介と確認
コンテナの使用開始
コンテナテクノロジーを使用したデータベースサーバーのプロビジョニング
コンテナの作業
既存のコンテナイメージの操作によるコンテナ化されたサービスの生成
イメージの管理
作成から削除までのイメージのライフサイクル管理
カスタムイメージの作成
カスタムコンテナイメージを構築のためのDockerfile の設計とコーディング
アプリケーションデプロイのためのコンテナイメージの設計
複数コンテナにわたってアプリケーションをデプロイするためのカスタムコンテナイメージの設計と構築
コンテナアプリケーションのデプロイのテスト
Kubernetes を使用した、複数コンテナアプリケーションのデプロイ
コンテナアプリケーションのトラブルシューティング
さまざまなテクニックを使用したコンテナアプリケーションのトラブルシューティングの実行
開発環境のプロビジョニング
Red Hat CDK を使用した開発環境のプロビジョニング
containerizing software applicationsの総復習
ソフトウェアアプリケーションをコンテナ化する方法のデモンストレーション

: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください

推奨される次の試験またはコース

Red Hat OpenShift Container Platform Development(DO290)
アジャイルソフトウェア開発手法、テスト駆動開発、継続的な統合、PaaS(Platform-as-a-Service)を使用した標準オペレーティング環境を DevOps 環境で利用しながら、Red Hat OpenShift Container Platform を使い、アプリケーションの作成、更新、および保守を行います。
Managing Containers with Red Hat Enterprise Linux Atomic Host(RH270)
「Managing Containers with Red Hat Enterprise Linux Atomic Host」(RH270)で、Docker コンテナ化環境でのアプリケーションのデプロイと管理について学習します。