DO285

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration I | Red Hat

情報を表示しています:

Kubernetes クラスタ上のデプロイのための、Docker コンテナの構築と管理の概要

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration I (DO285) では、Docker、Kubernetes、および Red Hat® OpenShift® Container Platform に関する実践形式の授業で、コンテナ管理の基本的な知識とスキルを習得できます。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.9 および Red Hat® Enterprise Linux® 7.5 に基づいています。DO285 は、「Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180) 」と「Red Hat OpenShift Administration I (DO280)」の内容を組み合わせたものです。

コース概要

このコースでは、Docker、Kubernetes、および Red Hat OpenShift Platform の概要を説明し、DevOps 動向の主な原則である継続的インテグレーションと継続的デプロイメントの理解を深めます。コンテナは、アプリケーションとマイクロサービスの構成とデプロイのための重要なテクノロジーとなっています。Kubernetes はコンテナ・オーケストレーション・プラットフォームで、Red Hat OpenShift Container Platform で基本的なサービスを提供し、企業はこれにより Kubernetes を使用してコンテナのデプロイメントを管理し、アプリケーションのスケーリングを行うことができます。

これらのツールを理解できるだけではなく、OpenShift クラスタのインストール、設定、管理を通じて、管理上のコアスキルを習得できます。

学習内容サマリー

  • コンテナ、Docker、および OpenShift アーキテクチャの習得
  • コンテナ化されたサービスの作成
  • コンテナおよびコンテナイメージの管理
  • カスタム・コンテナイメージの作成
  • マルチコンテナ・アプリケーションのデプロイ
  • OpenShift クラスタのインストール
  • マスターとノードの設定と管理
  • OpenShift のセキュリティの確保
  • OpenShift 上のリソースへのアクセス制御
  • OpenShift のメトリックの監視と収集
  • Source-to-image (S2I) を使用した OpenShift へのアプリケーションのデプロイ
  • OpenShift 上でのストレージの管理

コース対象者

  • ソフトウェア・アプリケーションのコンテナ化を検討している開発者
  • コンテナ化技術やコンテナのオーケストレーションについて、あまり知識のない管理者
  • ソフトウェア・アーキテクチャ内でコンテナ技術の使用を検討しているアーキテクト
  • OpenShift について詳しく知りたいシステム管理者
  • OpenShift について詳しく知りたいシステムアーキテクト
  • OpenShift をインストールして構成するアーキテクトと開発者

受講の前提条件

  • Linux のターミナルセッションを使用し、OS コマンドを実行できるスキル
  • Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) である、または同等の知識を有する
  • Web アプリケーションのアーキテクチャや、対応するテクノロジーに関する経験

学習内容

コンテナ技術の説明
OpenShift Container Platform によりオーケストレーションされたコンテナ内で、ソフトウェアが実行される際の仕組みを説明します。
コンテナ化されたサービスの作成
コンテナ技術を使用し、サーバーのプロビジョニングを行います。
コンテナの管理
事前ビルド済みのコンテナイメージを操作して、コンテナ化されたサービスを作成、管理します。
コンテナイメージの管理
作成から削除までのコンテナイメージのライフサイクル管理
カスタム・コンテナイメージの作成
Dockerfile の設計とコーディングを行い、カスタム・コンテナイメージを構築します。
マルチコンテナ・アプリケーションのデプロイ
複数のコンテナイメージを使用してコンテナ化されたアプリケーションをデプロイします。
OpenShift Container Platform のインストール
OpenShift をインストールし、クラスタを構成します。
OpenShift ネットワークの概念の説明
OpenShift ネットワーキングの概念の詳細を説明します。
コンテナ化されたアプリケーションの OpenShift へのデプロイ
単一コンテナのアプリケーションを OpenShift Container Platform にデプロイします。
マルチコンテナ・アプリケーションの OpenShift へのデプロイ
複数のコンテナイメージを使用してコンテナ化されたアプリケーションを OpenShift にデプロイします。
コマンドの実行
コマンドライン・インタフェースを使用して、コマンドを実行します。
リソースへのアクセスの制御
OpenShift リソースへのアクセスを制御します。
永続ストレージの割り当て
永続ストレージを実装します。
アプリケーションのデプロイ管理
デプロイされたアプリケーションを管理するためのリソースを操作します。
メトリック・サブシステムのインストール
メトリック収集システムをインストールして構成します。
OpenShift Container Platform の管理
OpenShift のリソースおよびソフトウェアを管理し、監視します。

注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースは、コンテナやコンテナのオーケストレーション技術 (Docker、Kubernetes、および Red Hat OpenShift など) の紹介を目的としています。ソフトウェア・アプリケーションやサービスをコンテナ化する方法を学習できます。デプロイメントを行うためのテクノロジーとして、DevOps の原則やプラクティスを採用する組織におけるコンテナの採用率は急増しています。アプリケーションやサービスのデプロイ先を従来型のプラットフォームからコンテナへと移行することにより、統合化されていない複数のハードウェア構成にではなく、単一のクラスタ化されたクラウド・アーキテクチャにアプリケーションをデプロイできるようになります。このトレーニングを修了すると、高可用性、復元力、スケーラビリティのあるコンテナ化されたアプリケーションをデプロイして、Red Hat OpenShift Container Platform をインストール、設定、管理するためのスキルを習得できます。Red Hat OpenShift Container Platform は、迅速なアプリケーション開発とデプロイ、および環境間でのアプリケーションの移植性を実現します。また、適応アプリケーションまたはクラウドネイティブ・アプリケーションのスケーリング、管理、保守を簡素化します。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースの受講者は、Red Hat OpenShift Container Platform クラスタをインストール、設定、管理し、アプリケーションをデプロイできるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • OpenShift Container Platform のインストールと単純なクラスタの作成
  • OpenShift マスターとノードの設定と管理
  • シンプルな内部認証メカニズムによる OpenShift のセキュリティ保護
  • OpenShift 上のリソースへのアクセス制御
  • Source-to-image (S2I) を使用した OpenShift へのアプリケーションのデプロイ
  • OpenShift のポッド、サービス、ルート、秘密情報、およびその他のリソースの設定と管理