検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
DO285

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration II

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Linux コンテナのビルドと管理、OpenShift クラスタの構成と管理を習得

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration II (DO285) では、Linux® コンテナおよび Red Hat® OpenShift® Container Platform のビルドと管理に関する基本的な知識を習得できます。この実践的なラボベースのコースでは、サンプルアプリケーションをローカルのコンテナランタイムまたは OpenShift クラスタにデプロイする方法と、OpenShift クラスタを構成および管理する方法について学びます。開発者、管理者、サイト信頼性エンジニアにとって、これらのスキルを習得することは強みになります。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 4.5 をベースとし、Red Hat OpenShift I: Containers & Kubernetes (DO180)Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster (DO280) の内容を組み合わせたものです。

学習内容サマリー

  • コンテナおよび OpenShift アーキテクチャについて学ぶ
  • コンテナおよびコンテナイメージを管理する
  • カスタム・コンテナイメージを作成する
  • OpenShift 上でのアプリケーションのデプロイとトラブルシューティング
  • ローカルユーザーを使用して認証を構成する
  • ロールベースのアクセス制御を使用してプロジェクトへのアクセスを制御する
  • サービスとコンテナのネットワークを構成する
  • ラベルとセレクターを使用してポッドスケジューリングを構成する
  • コンピューティングリソースの使用量を制限する
  • クラスタのスケーリングを行う
  • クラスタイベントとアラートを監視する

このコースの対象者

  • OpenShift クラスタの特徴と機能を理解することに関心のあるシステムアーキテクトとソフトウェアアーキテクト
  • クラスタの初期設定を習得したいシステム管理者
  • クラスタの継続的なメンテナンスを担当するクラスタ運用者
  • クラスタの継続的なメンテナンスとトラブルシューティングに関心のあるサイト信頼性エンジニア (SRE)

受講の前提条件

Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) である、またはこれと同等の Red Hat Enterprise Linux システム管理の経験を有する

テクノロジー上の留意事項

インターネット接続が必要です。

学習内容

学習内容

コンテナ技術の概要
Red Hat OpenShift Container Platform によりオーケストレーションされたコンテナ内で、アプリケーションが実行される際の仕組みを説明します。
コンテナ化されたサービスの作成
コンテナ技術を使用し、サービスのプロビジョニングを行います。
コンテナの管理
事前ビルド済みのコンテナイメージを修正して、コンテナ化されたサービスを作成、管理します。
コンテナイメージの管理
作成から削除までのコンテナイメージのライフサイクルを管理します。
カスタム・コンテナイメージの作成
Dockerfile の設計とコーディングを行い、カスタム・コンテナイメージを構築します。
コンテナ化されたアプリケーションの OpenShift へのデプロイ
OpenShift Container Platform を使用して、単一コンテナのアプリケーションをデプロイします。
マルチコンテナ・アプリケーションのデプロイ
複数のコンテナイメージを使用してコンテナ化されたアプリケーションをデプロイします。
Red Hat OpenShift Container Platform の詳細
OpenShift Container Platform のアーキテクチャについて理解します。
クラスタの検証
インストール方法を確認し、新たにインストールしたクラスタの機能を検証します。
認証の設定
ID プロバイダーで認証を設定します。
OpenShift リソースへのアクセスの制御
ロールベースのアクセス制御を定義および適用し、機密情報をシークレットで保護します。
OpenShift ネットワークコンポーネントの構成
OpenShift Container Platform のソフトウェア・デファインド・ネットワークのコンポーネントを特定し、その一部を構成します。
ポッドスケジューリングの制御
ポッドを実行するノードを制御します。
OpenShift クラスタのスケーリング
OpenShift クラスタのサイズを制御します。
クラスタ更新の実行
クラスタ更新の実行方法を理解します。
Web コンソールでのクラスタ管理
Web コンソールを使用して、Red Hat OpenShift クラスタを管理します。
理解度の確認
エンタープライズ向け OpenShift クラスタの検証、管理、トラブルシューティングを行います。
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください。

成果

組織にとっての効果

このコースでは、コンテナベースのアーキテクチャの潜在的な可能性を理解することで、組織的な変革およびデジタル・トランスフォーメーションへの突破口を開きます。コンテナと Red Hat OpenShift は、瞬く間にアジャイル開発およびアプリケーション・デプロイメントのデファクト・ソリューションになりました。このコースの目標は、高可用性、復元力、スケーラビリティのあるコンテナ化されたアプリケーションをデプロイして、Red Hat OpenShift Container Platform をインストール、設定、管理するためのスキルを習得することです。Red Hat OpenShift Container Platform は、迅速なアプリケーション開発とデプロイ、および環境間でのアプリケーションの可搬性を実現します。また、適応型アプリケーションまたはクラウドネイティブ・アプリケーションのスケーリング、管理、保守を簡素化します。

個人にとっての効果

このコースを修了すると、Podman を使用したローカルコンテナの作成と管理、新しい OpenShift クラスタの確立、クラスタの初期構成の実行、日常的なクラスタ管理のスキルを実証できるようになります。取り扱う主な内容には、Day 1 以降に直面する可能性がある一般的な問題のトラブルシューティングが含まれます。

以下のスキルを習得できます。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。