DO407

Automation with Ansible I

情報を表示しています:

Ansible Playbook の作成と管理およびシステム管理ツールの自動化を学習

Automation with Ansible I(DO407)は、自動化、設定、および管理のために Ansible を使用することを検討しているシステム管理者を対象としています。Ansible のインストールと設定の方法、Playbook の作成と実行におるシステム設定、インベントリ管理について学習します。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.3 および Ansible 2.3 に基づいています。

コース概要

受講者はハンズオンラボを通じて、管理対象ホスト上のシステム管理タスクの Ansible による自動化、タスク実行を標準化するための Ansible Playbook の作成、Ansible Tower を使った Web インタフェースからの Playbook の一元管理と反復実行のスケジューリングについて学習します。また、Ansible Vault を使用して Ansible の暗号化を管理する方法、Ansible Tower を導入してシステム管理に利用する方法、Vagrant による DevOps 環境で Ansible を使用する方法についても学びます。

学習内容サマリー

  • 中央集中ノードと管理対象ホストへの Ansible のインストールとトラブルシューティング
  • Ansible でのアドホックコマンドと Playbook の実行によるタスクの自動化
  • 効果的な Ansible Playbook の作成
  • Ansible Vault による、タスクに必要な暗号化データの保護
  • Ansible Tower を使用したエンタープライズレベルの Ansible の容易なデプロイ管理
  • DevOps 環境での Ansible と Vagrant との連携

対象者と前提条件

クラウドプロビジョニング、構成管理、アプリケーションのデプロイ、サービス間のオーケストレーション、その他の IT ニーズを自動化する必要があるシステムおよびクラウドの管理者

受講の前提条件

学習内容

コースの概要
コース概要の確認
Ansible の概要
Ansible の用語とアーキテクチャの説明
Ansible のデプロイ
Ansible のインストールとアドホックコマンドの実行
Playbook の実装
Ansible Play の作成と Playbook の実行
変数やインクルードの管理
変数のスコープと優先順位の記述、Play 内の変数やファクトの管理、インクルードの管理
タスク制御の実装
Ansible Playbook でのタスク制御、ハンドラー、およびタグの管理
Jinja2 テンプレートの実装
Jinja2 テンプレートの実装
ロールの実装
ロールの作成および管理
複雑な Playbook の設定
接続タイプ、デリゲート、および並列処理の設定
Ansible Vault の実装
Ansible Vault による暗号化の管理
Ansible のトラブルシューティング
Ansible 制御マシンおよび管理対象ノードのトラブルシューティング
Ansible Tower の実装
Ansible Tower の実装
DevOps 環境での Ansible の実装
Vagrant を使用した DevOps 環境における Ansible の実装
理解度の確認
Automation with Ansible コースのタスクの復習

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください

推奨される次の試験またはコース

Red Hat エキスパート試験 - Ansible Automation - (EX407)
パフォーマンスベースの Red Hat エキスパート試験 - Ansible Automation (EX407) では、Ansible を使用してシステムやアプリケーションの構成を自動化する能力をテストします。
Automation with Ansible II: Ansible Tower (DO409)
Ansible を利用する IT プロフェッショナル向けのコースです。Ansible Tower by Red Hat を用い、多数のメンバーからなる複数のチームや企業規模の複雑なインストール環境にも対応できるような形で、Ansible プロジェクトの一元管理を行う必要がある場合に最適です。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、実動環境またはクラウド・コンピューティング環境で Ansible を実装するために必要なスキルを伸ばすことです。これらのスキルは、Ansible を使用して DevOps の手法を実践することにより、コスト削減と運用効率向上を実現しようとする組織に適しています。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースに参加した受講者は、DevOps 環境で自動化、設定、および管理を行う目的で Ansible を実装できるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • Ansible を使用して、管理対象ホスト上のシステム管理タスクを自動化
  • タスク実行を標準化するための Ansible Playbook の作成
  • Ansible Tower を使用したプレイブック実行の一元管理