言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

EX236

Red Hat エキスパート試験 - Hybrid Cloud Storage -

情報を表示しています:

実技試験の Red Hat® エキスパート試験ーHybrid Cloud Storageー(EX236)では、Red Hat Gluster Storage とクライアントを設定する能力をテストします。

Red Hat エキスパート認定ーHybrid Cloud Storageーは、IT プロフェッショナルが Red Hat Gluster Storage を使用してストレージソリューションを実装したり、そのストレージを使用できるようにクライアントを設定したりする能力を証明した場合に取得できます。この認定資格を取得するには、Red Hat エキスパート試験 ーHybrid Cloud Storageー に合格する必要があります。

この試験は、Red Hat Gluster Storage 3 に基づいています。

準備

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

受験者は次のスキルを備えている必要があります。

  • Red Hat Storage Server を物理システムと仮想システムの両方にインストールし、既存の Red Hat Storage Server アプライアンスと連携させる
  • Red Hat Storage Server ストレージプールを設定する
  • 物理デバイスまたは論理ボリュームのいずれかに個々のストレージブリックを作成する
  • 次のようなさまざまな Red Hat Storage Server ボリュームを作成する:
    • 分散
    • レプリケート
    • 分散およびレプリケート
    • ストライプおよびレプリケート
    • 分散およびストライプ
    • 分散、ストライプ、およびレプリケート
  • 適切なファイルシステムでボリュームをフォーマットする
  • Red Hat Storage Server ボリュームのスナップショットを作成する
  • ブリックを追加し、適切な再バランシング操作を実行することで、既存のストレージボリュームを拡張する
  • ネイティブおよびネットワークファイルシステム(NFS)を使用した Red Hat Storage Server アプライアンスボリュームを使用するようにクライアントを設定する
  • SMB を使用した Red Hat Storage Server アプライアンスボリュームを使用するようにクライアントを設定する
  • ディスククォータ、POSIX アクセス制御リスト(ACL)などの Red Hat Storage Server 機能を設定する
  • NFS ベースおよび SMB ベースのクラスタサービスの IP フェイルオーバーを設定する
  • ジオレプリケーションサービスを設定する
  • Red Hat Storage Server の問題をトラブルシューティングする
  • Nagios 監視機能を設定する
  • ボリュームオプションのチューニング、ボリュームの移行、ボリュームの停止と削除、サーバー側 Quorum の設定などの Red Hat Storage Server 管理作業を実行する
  • 階層ボリュームを設定する
  • I/O 暗号化管理を設定する

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

Red Hat エキスパート試験 ーHybrid Cloud Storageー(EX236)の受験者すべてに、Red Hat Gluster Storage Administration(RH236)コースを受講することをお勧めします。試験を受けるうえで、このコースを受講することは必須ではありません。

Red Hat のトレーニングコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、実務、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat の製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されています。Red Hat は試験対策ガイドのいずれも公式に保証しません。しかし、そのような情報が理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は、ストレージ管理のスキルと知識を評価する実技試験です。認定資格を取得するには、受験者はさまざまな通常のストレージ管理作業を実行し、特定の基準を満たしているかどうかの評価を受ける必要があります。実技試験では、受験者は実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Centralから送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日(*1)以内に送付されます(*1: 日本では 1 週間以内にメールで合否が通知されます)。

試験結果にはセクションごとの得点のみが記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

対象者と前提条件

Red Hat エキスパート試験ーHybrid Cloud Storageー は、以下のような方々を対象としています。

受験の前提条件

受験者は次の条件を満たしている必要があります。