EX300

Red Hat 認定エンジニア (RHCE) 認定試験

情報を表示しています:

この試験と、ここに記載の試験内容は、Red Hat® Enterprise Linux® 7 に対応しています。Red Hat Enterprise Linux 6 対応の RHCSA® 認定試験 (EX200) は、オンサイト個人用試験セッションで提供しています。ご購入期限は 2015 年 2 月 28 日までです。ご購入日から 1 年間以内に、Red Hat Enterprise Linux 6 対応の認定試験を受けてください。Red Hat Enterprise Linux 6 の試験内容については、ここをクリックすると参照いただけます。

パフォーマンスベースの RHCE 認定試験 (EX300) では、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) システムを担当する上級システム管理者に必要な知識、スキル、および能力を備えているかどうかをテストします。RHCE 認定を取得するには、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) の認定が必要です。

RHCE 認定は、Red Hat Enterprise Linux システムを担当する上級システム管理者に必要な知識、スキル、および能力を証明した Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) を対象としています。

トレーニング/テストの方法

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

  • 教室

  • キオスク

  • オンサイトトレーニング

トレーニング/試験の方法
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
AU$715 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
AU$715 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
$400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
$400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
¥36,000 (税別)
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
¥36,000 (税別)
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
₩140,000
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
₩140,000
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
$550 or 4 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€380 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
€470 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
700 SGD or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
700 SGD or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
パートナーへのお問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
6,800 TWD
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
6,800 TWD
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
£ 410 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
£ 410 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
$400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
$400 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
3.5 時間
費用:
お問い合わせ
お申し込み

準備

試験のための学習ポイント

RHCE 認定試験の受験者は、RHCSA 認定試験ガイドに記載されている RHCSA レベルのタスクを実行できることを確認してください。このレベルのスキルは、RHCE 試験の合格基準に達するために必要となる場合があるためです。Red Hat は、試験の内容を追加、変更、削除する権利を保持します。変更する場合は事前にこのドキュメントでお知らせいたします。

RHCE 認定試験の受験者は、下記のタスクを 1 人で実行できるものとします。タスクはカテゴリごとにまとめられています。

システムの設定と管理
  • ネットワークのチーミングまたはボンディングを使用して 2 台の Red Hat Enterprise Linux システム間にネットワークリンクアグリゲーションを設定する
  • IPv6 アドレスを設定し、IPv6 の基本的なトラブルシューティングを行う
  • IP トラフィックのルーティングと静的ルートを作成する
  • firewalld と関連するメカニズム (リッチルール、ゾーン、カスタムルールなど) を使用して、パケットフィルタリングの実装とネットワークアドレス変換 (NAT) の設定を行う
  • /proc/sys と sysctl を使用してカーネルランタイムパラメータの変更と設定を行う
  • Kerberos を使用して認証を行うようにシステムを設定する
  • iSCSI ターゲット、または iSCSI ターゲットを永続的にマウントする iSCSI イニシエータとしてシステムを設定する
  • システムの使用状況 (プロセッサ、メモリー、ディスク、ネットワーク) に関するレポートを作成および提示する
  • シェルスクリプトを使用してシステムメンテナンスのタスクを自動化する
ネットワークサービス

ネットワークサービスは、この試験の重要な部分です。RHCE 認定試験の受験者には、次に示す各ネットワークサービスのタスクを実行できることが求められます。

  • サービスを提供するうえで必要なパッケージをインストールする
  • サービスをサポートするように SELinux を設定する
  • SELinux ポートラベリングを使用してサービスが非標準ポートを使用できるようにする
  • システム起動時に開始されるようにサービスを設定する
  • 基本的な動作を行うようにサービスを設定する
  • サービスに対するホストベースおよびユーザーベースのセキュリティを設定する
HTTP/HTTPS
  • 仮想ホストを設定する
  • プライベートなディレクトリを設定する
  • 基本的な CGI アプリケーションをデプロイする
  • グループで管理されるコンテンツを設定する
  • TLS セキュリティを設定する
DNS
  • キャッシュ専用ネームサーバーを設定する
  • DNS クライアントの問題のトラブルシューティングを行う
NFS
  • 特定のクライアントにネットワーク共有を提供する
  • グループの共同作業に適したネットワーク共有を提供する
  • Kerberos を使用して NFS ネットワーク共有へのアクセスを制御する
SMB
  • 特定のクライアントにネットワーク共有を提供する
  • グループの共同作業に適したネットワーク共有を提供する
  • Kerberos を使用して共有ディレクトリへのアクセスを認証する
SMTP
  • すべての E メールを中央のメールサーバーに転送するようにシステムを設定する
SSH
  • 鍵ベースの認証を設定する
  • ドキュメントに記載されている追加オプションを設定する
NTP
  • 他の NTP ピアを使用して時刻を同期させる
データベースサービス
  • MariaDB をインストールおよび設定する
  • データベースをバックアップおよびリストアする
  • シンプルなデータベーススキーマを作成する
  • データベースに対してシンプルな SQL クエリを実行する

知っておくべきこと

RHCE 認定を受けるには、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 試験にも合格する必要があります。まだ RHCSA 認定試験に合格していなくても RHCE 認定試験を受けることはできますが、両方の認定試験に合格するまでは RHCE の資格は認定されません。受験者がまだ RHCSA 認定試験に合格していない場合は、受験者の RHCE 認定試験の記録は保留となり、後日 RHCSA 認定試験に合格したときに RHCSA の記録とマージされます。

Red Hat では RHCE の受験者すべてに、試験準備として 1 つ以上のオフィシャルトレーニングコースを受講することをお勧めしています。コースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできますが、コース受講時にすでに十分なスキルと知識を有していた合格者の多くが、コースが役に立ったと述べられています。

受講するコースを決める参考となるように、Red Hat はオンラインによるスキルチェックテストをご提供しています。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat 製品のシステム管理に関する各種の書籍や情報が提供されています。Red Hat では、そのような試験対策ガイドのいずれも公式に保証していません。しかし、そういった情報は理解を深めるのに役立つでしょう。

試験の形式

RHCE 認定試験は、Red Hat Enterprise Linux のシステム管理能力と知識を評価する実技試験です。受験者は通常のシステム管理で必要となるさまざまな作業を実行し、特定の基準を満たしているかどうかを評価されます。実技試験では、受験者は実際の業務と同じ作業を実行する必要があります。

RHCE 認定試験は 3.5 時間の実技試験です。試験中はインターネットへの接続はできません。また、テキストやノートの持ち込みもできません。Red Hat Enterprise Linux に同梱されているドキュメンテーションは、試験中に利用可能です。Red Hat は、試験の時間やポリシーなど、試験の形式を変更する権利を留保します。変更する場合は事前にこのドキュメントでお知らせいたします。

試験結果とその通知

この試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central からのみ送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験者に直接結果を通知することはありません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に通知されます。

試験結果はセクションの得点で通知され、個々の項目に関する成績についてはご連絡いたしません。また、そういったお問い合わせにはお答えいたしかねます。

対象者と前提条件

この試験の対象者

  • 現在 RHCSA 認定を保有していて RHCE 認定の取得に関心のある上級 Linux IT 技術者
  • 自分が持っているスキルの評価を望む経験豊富な Red Hat Enterprise Linux システム管理者
  • Red Hat システム管理 III、および III のコース、または RHCE 認定試験ラボを受講済みの方
  • 組織で必要なため、または要求されているため (DOD 8570 の指示)、認定を取得する必要がある熟練した Linux システム管理者
  • 取得した RHCE の有効期限が過ぎているが、RHCSA 認定試験に合格済みの方

この試験を受験するための前提条件

  • RHCE 速習コース、システム管理 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、または同等の経験
  • システム管理の実務経験

適切なスキルセットを備えているかどうかわからない場合は、オンラインスキルチェックテストで確認してください。スキル要件の詳細は、RHCE 認定試験の内容を参照してください。

推奨トレーニング

Linux の経験があまりない Windows システム管理者を対象としたトレーニングコース:
Red Hat システム管理 I (RH124)
Red Hat システム管理 Ⅱ + RHCSA 認定試験 (RH135)
Red Hat システム管理 II (RH134)
Red Hat システム管理 III + RHCSA 認定試験 + RHCE 認定試験 (RH255)
Red Hat システム管理 III (RH254)
経験が 1~3 年の Linux または Unix 管理者を対象としたトレーニングコース:
RHCSA 速習コース+認定試験 (RH200)
RHCSA 速習コース (RH199)
Linux シニア管理者向けの推奨トレーニングコース:
RHCE 速習コース + RHCSA 認定試験 + RHCE 認定試験 (RH300)
RHCE 速習コース (RH299)
Solaris 管理者向けの推奨トレーニングコース:
RHCE 速習コース + RHCSA 認定試験 + RHCE 認定試験 (RH300)
RHCE 速習コース (RH299)