検索

日本語

日本語

ログイン

ログイン/登録

Web サイト

EX310

Red Hat 認定エンジニア - Red Hat OpenStack - 認定試験

場所

形式 What’s this?

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

試験の説明

Red Hat 認定エンジニア (RHCE) - Red Hat OpenStack - 認定試験 (EX310) は、ディレクターベースの Red Hat® OpenStack 環境で高度なネットワークを設定する能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件にもなる Red Hat 認定スペシャリストを取得できます。

この試験は、Red Hat OpenStack バージョン 10 に基づいています。

Red Hat OpenStack バージョン 6 をベースにした試験は、オンサイト試験および個人用試験で受けることができます。詳細

試験の対象者

RHCE - Red Hat OpenStack - は、以下の方を対象としています。

  • Red Hat OpenStack の導入計画やデプロイに責任を持つ、経験豊富な OpenStack システム管理者
  • ネットワーク機能仮想化 (NFV) の能力を実証することに関心のある、経験豊富な OpenStack システム管理者
  • RHCE - Red Hat OpenStack - 認定に関心を持つ RHCSA - Red Hat OpenStack - 認定資格者
  • Red Hat 認定スペシャリストまたは RHCSA 認定資格の取得を目指している RHCE

受験の前提条件

  • Red Hat 認定エンジニアである、または同等の知識と経験を有する
  • RHCSA -Red Hat OpenStack - である、または同等の知識と経験を有する
試験の内容

試験の学習ポイント

受験者には RHCSARHCSA - Red Hat OpenStack - の両方の認定資格を先に取得することを推奨しますが、必須ではありません。RHCE - Red Hat OpenStack - 認定資格を取得するには、RHCSA - Red Hat OpenStack - 認定資格を持ち、RHCE - Red Hat OpenStack - 認定試験に合格する必要があります。どのような順序でもこれらの試験は受けられますが、RHCSA - Red Hat OpenStack - 認定資格 を最初に取得することを強く推奨します。

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

  • 仮想デバイスの作成および処理
    • Linux ブリッジを実装および管理する
    • OpenvSwitch ブリッジを実装および管理する
    • libVirt ブリッジを実装および管理する
  • OpenStack ネットワーク・エージェントの管理
    • DHCP エージェントを使用してテナントネットワークをプロビジョニングする
    • Load Balancer as a Service (LBAAS) を有効にし、LBAAS を使用してインスタンスをデプロイする
    • メタデータ・エージェントを管理する
    • 測定エージェントを管理する
  • OpenStack での IPv6 ネットワークのデプロイ
    • IPv4 と IPv6 でテナントネットワークを作成する
    • IPv6 浮動 IP をインスタンスに接続する
  • OpenStack ネットワークのプロビジョニング
    • ネットワーク名前空間を実装する
    • VXLAN、VLAN、および GRE を使用してテナントネットワークをプロビジョニングする
  • 分散仮想ルーティングの実装 (DVR)
    • DVR ルーターを作成する
    • DVR ルーターを使用するインスタンスを作成する
  • ネットワーク機能仮想化 (NFV) パフォーマンスのチューニング
    • EPA をデプロイする
    • クラウド・アプリケーションをチューニングする
  • NFV データパスの実装
    • OpenvSwitch Data Plane Development Kit (OVS-DPDK) をデプロイする
    • インスタンスが OVS-DPDK を使用できるように Red Hat OpenStack Platform を設定する
    • サービス品質 (QoS) の制限を設定する
  • OpenDaylight によるソフトウェア・デファインド・ネットワークの構築
    • OpenDaylight を実装する
    • OpenDaylight でネットワークを管理する
知っておくべきこと

準備

Red Hat は、RHCE - Red Hat OpenStack - 認定試験の受験者すべてに、Red Hat OpenStackt Administration I (CL110)Red Hat OpenStackt Administration II (CL210)、および Red Hat OpenStack Administration III: Networking & Foundation of NFV (CL310) のコースを受講することをお勧めしています。このコースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat の製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されています。Red Hat ではそのいずれも認定試験の対策ガイドとして公式に承認していません。しかし、そのような情報が理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は、Red Hat® Enterprise Linux® OpenStack Platform 10 の管理スキルと知識を評価する実技試験です。通常のシステム管理で必要となるさまざまな管理作業や設定作業を実行し、基準を満たしているかどうかを評価されます。

実技試験では、実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

これは 3 時間の単一セクション試験です。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

推奨される次の試験またはコース