言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

EX401

エキスパート認定 ー導入およびシステム管理ー

情報を表示しています:

エキスパート試験 ー導入およびシステム管理ー (EX401) では、Red Hat Enterprise Linux® や Red Hat Network Satellite などの Red Hat サポート対象製品を使用して、効率性、拡張性、複製可能性、信頼性の高い方法でシステムのデプロイおよび管理を行うための知識、スキル、能力をテストします。

この試験に合格した RHCE は、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) の取得に際して考慮される Red Hat エキスパート認定を取得できます。

This exam covers Red Hat Satellite 5.

Looking for an exam on Red Hat Satellite 6?Details

準備

この試験を受験する前に、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) または Red Hat 認定エンジニア (RHCE) の認定を取得することをお勧めします。ただし、いずれも必須ではありません。

試験のための学習ポイント

試験の準備に役立つように、試験に出ると予測される作業領域を示します。Red Hat は、試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は事前に公表されます。

Red Hat エキスパート試験 - 導入およびシステム管理 - の受験者には、以下の作業を実行する能力が求められます。

  • Red Hat Network (RHN) Satellite Server の設定
  • ベースチャネルの子チャネルの作成
  • 異なるタイプの RHN ユーザーの作成
  • グループの作成とグループ管理者の追加
  • 設定チャネルの作成
  • カスタム RPM spec ファイルの作成と、提供されたソースからのバイナリ RPM の構築
  • カスタム RPMS の RHN Satellite Server へのアップロード
  • アクティベーションキーの作成
  • グループ、ソフトウェアチャネル、設定チャネルのアクティベーションキーへの割り当て
  • エラータの設定
  • kickstart による RHN Satellite Server クライアントのプロビジョニング
  • SVN バージョン制御リポジトリのセットアップ
  • Cobbler によるマシンの kickstart
  • RHN Satellite Server による仮想システムの管理
  • チャネルのクローン化と、クローン化されたチャネルの使用

Red Hat のすべての実技試験と同様、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

この試験を受験する前に、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) または Red Hat 認定エンジニア (RHCE) の認定を取得することをお勧めします。ただし、いずれも必須ではありません。

Red Hat では、Red Hat エキスパート試験 ー導入およびシステム管理ーの受験者すべてに、Red Hat エンタープライズ 導入およびシステム管理トレーニングの受講をお勧めしています。  コースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、それが試験の合格を保証するわけではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hatの製品のシステム管理に関する様々な書籍や情報が提供されています。Red Hat では、そのような試験対策ガイドのいずれも公式には保証していません。しかし、そういった情報は理解を深めるのに役立つでしょう。

試験の形式

この試験は、システムのデプロイと管理に関するスキルと知識を評価する実技形式の試験です。受験者は、Red Hat Network Satellite と Red Hat Subscription Asset Manager の設定に焦点を当てたさまざまなシステム管理作業を実行し、これらのシステムを利用してクライアントのシステムをデプロイします。実技を通して、一定の基準を満たしているかどうかが評価されます。実技試験では、受験者は実務と同等の作業を実行する必要があります。

この試験は 1 つのセクションで構成され、時間は最大 4 時間です。

試験結果とその通知

この試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central からのみ送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験者に直接結果を通知することは認められておりません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に通知されます。

試験結果はセクションの得点で通知され、個々の項目に関する成績については報告しません。またそういった問い合わせに対して回答することはありません。

コースの対象者と前提条件

Red Hat エキスパート試験 ー導入およびシステム管理ーは、以下のような方々を対象としています。

この試験を受験するための前提条件

受験者は次の条件を満たしている必要があります。

  • Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) であるか、同等の業務経験とスキルがあること (Red Hat 認定エンジニア (RHCE) であればなお可)
  • Red Hat エンタープライズ 導入およびシステム管理 (RH401) コースを受講済みか、Red Hat Satellite Server を使用した幅広い業務経験がある
  • Red Hat エキスパート試験 ーエンタープライズ 導入およびシステム管理ー (EX401) の内容を確認していること