EX421

Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentー

情報を表示しています:

Red Hat® エキスパート試験 ーCamel Developmentー(EX421)では、Red Hat JBoss® Fuse を使用してエンタープライズ統合サービスを作成および保守する能力をテストします。

Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentーを取得したエンタープライズアプリケーション開発者は、Red Hat JBoss Fuse フレームワークと Apache Camel 用のアプリケーションプログラミングインターフェース(API)に基づいて、エンタープライズ統合サービスを作成および保守するのに必要なスキル、知識、および能力が証明されます。

準備

この試験の受験者は、同試験を受験する前に Red Hat 認定 JBoss 開発者(RHCJD)の認定を取得することが推奨されますが、必須ではありません。

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentー の受験者には、以下のタスクを実行できる能力が求められます。

Camel ルートの作成および保守
  • Java 言語の使用
  • CamelContext XML の使用
メッセージ交換
  • 本文
  • 入出力
  • ヘッダー
  • 添付ファイル
ファイルの使用および作成
  • CSV 形式
  • XML 形式
データベースおよび Camel JPA コンポーネントの操作
トランザクションルートの理解
EIP の使用
  • コンテンツベースのルーティング
  • Wire Tap
  • Splitter
  • Aggregator
  • RecipientList
Camel コンポーネントの使用
  • File2
  • FTP
  • JPA2
  • JMS
  • Direct
Camel テストの使用
  • Mock エンドポイント
  • JUnit 4 統合と CamelTest API
メッセージの動的ルーティング
  • 条件ルートの使用
  • データ駆動ルートの使用
例外処理
  • 例外のキャッチと処理
  • 配信不能キューの使用

知っておくべきこと

Red Hat では、Red Hat エキスパート試験 ーJBoss Camel Developmentー の受験者すべてに、Camel Development with Red Hat JBoss Fuse(JB421)コースを受講することをお勧めします。このコースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、それが試験の合格を保証するわけではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

試験の形式

この試験は、Camel の開発に関する受験者のスキルと知識を評価する実技形式の試験です。受験者は、Red Hat JBoss Fuse を使用してエンタープライズ統合パターンの開発および保守に関連するタスクを実行します。実技試験では、受験者は実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

この試験では、受験者はインターネットにアクセスしたり、資料や書籍、電子端末などを持ち込んだりすることはできません。受験者には、JBoss Fuse の公式資料のローカルコピーが提供されます。受験者は、試験準備の際にその資料に精通してください。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日(*1)以内に送付されます(*1: 日本では 1 週間以内にメールで合否が通知されます)。

試験結果にはセクションごとの得点のみが記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

対象者と前提条件

試験の対象者

Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentー は、以下のような方々を対象としています。

  • サービス指向アーキテクチャー(SOA)の原理に精通し、エンタープライズアプリケーションの統合を担当するエンタープライズ Java 開発者
  • Java 開発の経験があり、エンタープライズ統合の知識を有するエンタープライズ SOA アーキテクト

受験の前提条件

受験者は次の条件を満たしている必要があります。

  • Red Hat JBoss Fuse Camel Development(JB421)コースを受講している、または Apache Camel を使用したエンタープライズ統合の豊富な実務経験がある
  • Red Hat Enterprise Linux® 環境での作業に精通している
  • Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentー(EX421)の内容を見直す