EX423

終了済み - Red Hat エキスパート試験 - ディレクトリサービスおよび認証 -

情報を表示しています:

注: この試験および認定の提供は、終了しました。

Red Hat® エキスパート試験  ーディレクトリサービスおよび認証ーは、Red Hat エンタープライズ ディレクトリサービスおよび認証 (RH423) で扱うスキルをテストする実技試験です。この試験に申し込むには、受験者がその時点で有効な Red Hat 認定エンジニア (RHCE®) 認定を取得している必要があります。

準備

試験のための学習ポイント

この試験を受験するには、現在 RHCE である必要があります。

ディレクトリサービスの設定とユーザー認証

受験者は、以下の作業を実行できる必要があります。

  • Red Hat Directory Server をインストールする
  • デフォルト Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) サフィックスを設定する
  • 管理ユーザーを設定する
  • スレーブレプリカを設定する
  • Transport Layer Security (TLS) 通信用に Red Hat Directory Server を設定する
  • 認証局 (CA) からの証明書を要求する
  • CA 署名済みのサーバー証明書をインストールする
  • コマンドラインツールを設定する
  • TLS を使用する
  • デフォルト LDAP サフィックスを使用する
  • ユーザーアクセス制御による Red Hat Directory Server アクセスを設定する
  • Kerberos を使用して Directory Server に対する認証を行う
  • 書き込みリフェラルを設定する
  • NIS ユーザーとグループを LDAP に移行する
  • inetOrgPerson オブジェクトクラスのエントリの作成と変更を行う
  • LDIF ファイルからユーザー情報をインポートする
  • LDIF ファイルへ特定のユーザー情報をエクスポートする
  • LDAP を使用して認証するようにシステムを設定する
  • Active Directory を使用して認証するようにシステムを設定する

Red Hat のすべての実技試験と同様、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

コースの対象者と前提条件

  • 複数のオペレーティングシステムでユーザーアカウント情報とセキュリティ保護されたエンタープライズ認証メカニズムを担当する経験豊富な Linux® システム管理者
  • Red Hat エキスパート認定または RHCSS か RHCA 認定の取得に興味がある RHCE

この試験を受験するための前提条件

受験者は次の条件を満たしている必要があります。

  • 受験時に RHCE 認定を取得していること
  • Red Hat エンタープライズ ディレクトリサービスおよび認証 (RH423) を受講しているか、同等の経験を有していること
  • システム管理者の実務経験が試験の準備の重要な要素であると理解していること
  • Red Hat エキスパート試験ーディレクトリサービスおよび認証ー (EX423) の内容を確認していること

推奨トレーニング

このエキスパート試験を受講する前に、以下を受講することをお勧めします。

Red Hat エンタープライズディレクトリサービスおよび認証 (RH423)