EX429

Retired - Red Hat Certificate of Expertise in SELinux Policy Administration exam

情報を表示しています:

注: この試験および認定の提供は、終了しました。

Red Hat® エキスパート試験  ーSELinux ポリシー管理ー (EX429) では、Red Hat Enterprise Linux® に含まれている SELinux ポリシー内のパラメータを変更する能力とカスタム SELinux ポリシーを構成する IT プロフェッショナルとしての能力をテストします。

準備

この試験を受験するには、受験者がその時点で有効なリリースの RHCE を取得している必要があります。

試験の構成

エキスパート試験  ーSELinux ポリシー管理ーは、次の 1 つのセクションで構成されます。

  • SELinux ポリシーの記述と対象ポリシーのシステムメンテナンス: 3.5 時間

試験のための学習ポイント

SELinux ポリシー管理

受験者は、以下の作業を実行できる必要があります。

  • SELinux ポリシーを記述する
  • 実施モードを指定する
  • 特定のポリシーを指定する
  • 最新の SELinux パッケージを使用するようにシステムを更新する
  • カスタムポリシーモジュールを作成して実装し、以下に示す特定のサービスをサポートする。
    • ポートバインディング
    • ファイルとディレクトリへのアクセス
    • タイプ遷移
    • デフォルトのファイルの種類
    • Boolean
    • タイプエイリアス
  • 次の既存のポリシーを変更する:
    • ポートバインディング
    • ファイルとディレクトリへのアクセス
    • タイプ遷移
    • デフォルトのファイルの種類
    • Boolean
    • タイプエイリアス
    • SELinux 属性を保存しているファイルシステムをバックアップ/リストアする

Red Hat のすべての実技試験と同様、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

コースの対象者と前提条件

  • 強制アクセス制御 (MAC) ベースのセキュリティを担当する経験豊富な RHCE Linux® システム管理者
  • 既存の Linux システムまたはネットワークサービスのセキュリティを強化する必要がある経験豊富な RHCE Linux システム管理者
  • Red Hat エキスパート認定または RHCSS 認定の取得に興味がある RHCE

この試験を受験するための前提条件

受験者は次の条件を満たしている必要があります。

  • 受験時に RHCE 認定を取得していること
  • Red Hat エンタープライズ SELinux ポリシー管理 (RHS429) を受講している、または同等の経験を有していること
  • システム管理者の実務経験が試験の準備の重要な要素であると理解していること
  • Red Hat エキスパート試験  ーSELinux ポリシー管理ー (EX429) の試験内容を確認していること

推奨トレーニング