言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

EX465

Red Hat エキスパート試験 ーBusiness Rulesー

情報を表示しています:

Red Hat® エキスパート試験 ーBusiness Rulesーは実技形式の試験です。Red Hat エキスパート認定 ーBusiness Rulesーを取得した人は、Red Hat JBoss BRMS を使用してビジネス論理を実装および管理するスキルと知識を証明したことになります。

この試験を受験する IT プロフェッショナルは、デシジョンテーブルを使用した非常にシンプルなビジネスルールの実装から、問題解決手法を使用しなければならない比較的複雑なビジネス論理フローの作成まで、複雑度が多岐にわたるさまざまな作業を実行して、さまざまなルールが正しい順序で適用されるようにすることが求められます。 次に、特定の入力セットを指定して特定の出力を生成するなど、実装が目標となる基準を満たしているかどうかが評価されます。

Red Hat エキスパート試験 ーBusiness Rulesーの各種ツール、環境、要件に慣れておいてください。

準備

試験のための学習ポイント

試験の準備に役立つように、試験に出ると予測される作業領域を示します。Red Hat は、試験の内容を追加、変更、削除する権利を保持します。変更する場合は事前に公表されます。

この試験を受験するための前提条件はありませんが、Implementing Red Hat JBoss BRMS (JB465) を受講しておくことをお勧めします。

このコースは、Authoring Rules with Red Hat JBoss BRMS (JB461) と Developing with Red Hat JBoss BRMS (JB463) を組み合わせたコースです。

ビジネスルール

受験者は、以下の作業を実行できる必要があります。

ビジネスルールの設計
  • 関連ファクトを利用した Drools の中間モデルの作成および使用
  • ルールの編成およびファクトの管理
  • 効果的なルール設計パターンの理解および使用
オーサリング
  • 基本的な rulesCalendars デシジョンテーブル
  • ルールテンプレート
  • DSL
問題の解決
  • ルール実行の優先順位付けおよび順位付け
  • ルールのグループ化
  • ルールフローグループの使用
セッション管理
  • 共通オブジェクトの構築
  • ステートレス kie セッション
  • ステートフル kie セッション
  • ファクトの追加、削除、および更新
テストおよびメンテナンス
  • 効果的なテストシナリオの作成
  • 適切に設計されていないルールなど、潜在的な問題の特定
パフォーマンス
  • さまざまなルール設計および実装の影響の理解
  • デカルト積など、よくある不十分な結果の特定および回避
管理
  • ルールのデプロイおよび管理
  • スナップショットの作成および使用

知っておくべきこと

Red Hat では、Red Hat エキスパート試験 ーBusiness Rulesー (EX465) の受験者すべてに、Implementing Red Hat JBoss BRMS (JB465) トレーニングコースの受講をお勧めしています。このコースは、Authoring Rules with Red Hat JBoss BRMS (JB461) と Developing with Red Hat JBoss BRMS (JB463) を組み合わせたコースです。

コースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。コース受講時に既に十分なスキルと知識を有していた合格者の多くが、コースが役に立ったと報告しています。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、それが試験の合格を保証するわけではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat 製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が入手可能です。Red Hat では、そのような試験対策ガイドのいずれも公式には保証していません。しかし、そういった情報は理解を深めるのに役立つでしょう。

試験の形式

この試験は、Red Hat JBoss BRMS の実装と管理に関するスキルと知識を評価する実技試験です。受験者はさまざまな作業を実行し、基準を満たしているかどうかを評価されます。実技試験では、受験者は実務と同等の作業を実行する必要があります。

Red Hat エキスパート認定 ーBusiness Rulesー保有者の雇用をお考えの方は、応募者が本当にこの資格を保有しているかどうかを確認してください。確認するには、応募者本人が申告した認定 ID をオンラインの Red Hat 認定検証ツールで検証してください。

試験の構成は以下のとおりです。

ビジネスルール: 4 時間

試験結果とその通知

この試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central からのみ送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験者に直接結果を通知することは認められておりません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に通知されます。

試験結果はセクションの得点で通知され、個々の項目に関する成績については報告しません。またそういった問い合わせに対して回答することはありません。

コースの対象者と前提条件

  • 企業における Java 開発者としての経験があり、サービス指向アーキテクチャー (SOA) と JBoss ESB に精通していること
  • Java 開発の経験があり、JBoss ESB の知識を有するエンタープライズ SOA アーキテクト

推奨トレーニング