JB248

Red Hat JBoss Application Administration I

情報を表示しています:

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform のインストール、設定、管理

Red Hat JBoss Application Administration I では、Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform (JBoss EAP) 7 のインストールと設定に関するベストプラクティスを紹介します。JBoss EAP 上でアプリケーションを効果的にデプロイおよび管理するうえでシステム管理者が知っておくべき重要な実際の作業を、実践的な演習を通して学習します。

コース概要

このコースを修了すると、Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Enterprise Application Server Administrationー を受験する準備が整います。

学習内容サマリー

  • スタンドアロンモードとドメインモードでの JBoss EAP 7 のインストールおよび実行
  • ドメインの設定
  • JBoss EAP 7 へのアプリケーションのデプロイ
  • データソース・サブシステムの設定
  • Java Message Service (JMS) および HornetQ の設定
  • ログサブシステムの設定
  • Web サブシステムの設定
  • JBoss EAP 7 でのアプリケーション・セキュリティの実装
  • バッチサブシステムの設定
  • クラスタ化の概要

Red Hat JBoss の管理スキルのレベルを確認するには、JBoss Administration スキルアセスメントをお試しください。

対象者と前提条件

Red Hat JBoss を初めて使用するシステム管理者、または Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6 を使用した経験のあるシステム管理者

受講の前提条件

  • Microsoft Windows、UNIX、または Linux® オペレーティング・システムにおけるシステム管理の基本的な経験
  • ハードウェアおよびネットワークの理解
注記:Java、スクリプト、または JBoss Developer Studio の事前知識は不要

学習内容

JBoss Enterprise Application Platform (JBoss EAP) の概要
JBoss EAP 7 の概念と用語について学ぶ
JBoss EAP インスタンスのインストールと実行
拡張機能、プロファイル、およびサブシステムについて理解する
スタンドアロンモードでの JBoss EAP の設定
スタンドアロンモードで JBoss EAP の実行および設定
インタフェースとソケット・バインディング・グループの設定
アプリケーションを設定およびデプロイするスクリプト
コマンドライン・インタフェースで JBoss EAP を設定する
スタンドアロンモードでアプリケーションをデプロイする
管理対象ドメインとしての JBoss Enterprise Application Platform の設定
JBoss EAP を管理対象ドメインとして実行する
ドメインコントローラを割り当てる
ホストコントローラとドメインコントローラの設定
管理対象ドメインでのサーバーの設定
ドメインサーバーのアーキテクチャの管理
サーバーとサーバーグループの設定
データソースの設定
データソース・サブシステムを調べ、JDBC ドライバー、データソース、および XA データソースを設定する
ログサブシステムの設定
ロガーとロギングハンドラーを設定する
メッセージング・サブシステムの設定
メッセージング・サブシステムの詳細を確認する
メッセージング・リソース、ジャーナル、およびその他の設定値を設定する
JBoss EAP のセキュリティ保護
データベース・セキュリティ・レルム、LDAP セキュリティレルム、およびパスワードボールトを設定する
JMS 宛先を保護する
Java 仮想マシン (JVM) の設定
スタンドアロンモードおよび管理対象ドメインで JVM を設定する
Web サブシステムの設定
Web サブシステムの機能を確認し、設定する
クラスタ化されたアプリケーションのデプロイ
クラスタ化されたアプリケーションについて詳しく確認する
クラスタ化されたアプリケーションをサポートするサブシステムを設定し、負荷分散を設定する
HA シングルトン・アプリケーションをデプロイする
バッチサブシステムの設定
バッチジョブとバッチサブシステムを詳しく確認し、設定する
JBoss EAP 7 の新機能の学習
JBoss EAP 7 の新機能を学ぶ
JBoss EAP 6 から JBoss EAP 7 に移行する
Red Hat JBoss Application Administration I の総括的な復習
Red Hat JBoss Application Administration I のタスクを確認する

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください

推奨される次の試験またはコース

Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Enterprise Application Server Administrationー (EX248)
Red Hat 認定スペシャリスト -Enterprise Application Server Administrationー 取得者は、JBoss Enterprise Application Platform でアプリケーションをインストール、設定、監視、管理、およびデプロイするためのスキルと知識を持っていることを証明し、Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Enterprise Application Server Administrationー (EX248) に合格している人です。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースは、アプリケーションの市場投入時間を最小限に抑え、管理作業を簡素化するために必要なスキルを伸ばすことを目的としています。これらのスキルは、アプリケーションの安定性を高め、アプリケーションの管理コストを削減しようとする組織に適しています。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースに参加すると、スタンドアロンモードおよび管理対象ドメインの JBoss EAP 7 を、EAP CLI と Web コンソールの両方で管理できるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • スタンドアロンモードまたは管理対象ドメインとしての JBoss EAP 7 のインストール
  • 新しいバッチサブシステムの設定
  • HornetQ メッセージング・サブシステムの管理
  • JBoss EAP 上にデプロイされたアプリケーションの保護
  • サーバーのログのカスタマイズ
  • データベースへのデータソース接続の作成および管理
  • JBoss EAP クラスタリングの管理