言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

JB325

Red Hat JBoss Enterprise Application Development II

情報を表示しています:

パフォーマンスが高く、スケーラブルなアプリケーションの構築、デプロイ、および保守

Red Hat® JBoss® Enterprise Application Development II では、経験豊富な Java Enterprise Edition (EE) 開発者およびアーキテクトを対象として、高度な Java EE 開発を中心に Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (EAP) について説明します。

コース概要

このコースでは、実践演習を通じて、Java EE API や最先端の JBoss 開発テクノロジーを深く理解します。受講生は、JBoss EAP、Red Hat JBoss Developer Studio、および Maven を使用して、優れたパフォーマンスを発揮するスケーラブルなアプリケーションを構築してデプロイし、高度な開発テクニックで高度な機能を使用します。テスト用の Arquillian、Google Web Toolkit (GWT) Web 開発用の Errai、Web サービス用の RESTeasy などの最新のテクノロジーについても取り上げます。

学習内容サマリー

  • 高度な Web アプリケーションの開発
  • JBoss EAP 6 の開発
  • Web サービスの広範なレビュー
  • Java EE アプリケーションのセキュリティ保護
  • パフォーマンス・チューニング

対象者と前提条件

  • 2 年以上の Java EE 6 の経験と 2 年以上の一般的な Java EE 開発経験のある Java 開発者
  • JBoss EAP および JBoss 開発ツールの高度な機能の使用法を理解したいと考えている Java EE アーキテクト

受講の前提条件

学習内容

Java Enterprise Edition の検討
最新の Java EE の仕様と API について詳しく学びます。
Maven (The JBoss Way) の理解
Maven などの Red Hat JBoss Middleware のスタックやツールについて理解します。
高度な Web アプリケーションの開発
Ajax や GWT などの高度な機能や技術を Web アプリケーションで使用します。
Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6 でのクラスローディング
最新バージョンの JBoss EAP のモジュール依存関係を理解し、設定します。
高度な Enterprise JavaBeans (EJB) の使用
Bean 管理のトランザクションや非同期 EJB などの Enterprise JavaBeans の高度な機能を使用します。
Web サービスの作成
オプションのセキュリティ機能を備えた JAX-WS サービスや JAX-RS サービスを作成します。
効率的なメッセージング・クライアントの開発
高性能のメッセージング・クライアントを構築します。
Java EE アプリケーションのセキュリティ保護
Java EE アプリケーションのカスタム認証および詳細な認証を行います。
Java EE アプリケーションのパフォーマンス・チューニング
Java EE アプリケーションのパフォーマンス・チューニング技術を理解します。
国際化
ローカルの言語や書式設定を使用してユーザー・インタフェース、メッセージ、データを表示できるアプリケーションを開発します。

注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、お電話 (米国: 1-866-626-2994) またはオンラインでトレーニング・スペシャリストにお問い合わせください。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、高度な開発技術を使用してアプリケーションのパフォーマンスを向上させ、市場投入までの時間を短縮するために必要なスキルを伸ばすことです。これらのスキルは、アプリケーションの市場投入時間を短縮し、堅牢なアプリケーション・セキュリティを実装しようとする組織に適しています。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースに参加した受講者は、Arquillian や Errai などの高度なテクノロジーとコンセプトを使用して、Java エンタープライズ・アプリケーションを作成し、それを JBoss EAP 6 にデプロイできるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • ベストプラクティスを使用して、アプリケーションのパフォーマンスを微調整します。
  • アプリケーションを保護します。
  • Web サービスを開発します。
  • 多層 JEE アプリケーションを作成します。