JB348

Red Hat JBoss Application Administration II

情報を表示しています:

JBoss Enterprise Application Platform の大規模なデプロイの管理とプロビジョニング

Red Hat JBoss Application Administration II (JB348) を受講することで、大規模な本番環境での Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform (JBoss EAP) のプロビジョニングと管理に備えることができます。経験豊富な管理者を対象としたこのコースでは、JBoss EAP のインストール、クラスタリング、デプロイ、スクリプト作成、管理、メッセージング、セキュリティについて詳しく説明し、Red Hat JBoss Application Administration I (JB248) で習得したスキルをベースとして、その作業方法についてのさらに深い理解が得られます。

このコースは、JBoss EAP 7 に基づいています。

コース概要

このコースは、EAP 7 のコマンドラインインタフェース (CLI) の新機能を使用したタスク自動化に焦点を当ています。同時に、JBoss EAP インスタンスのプロビジョニングについての深い考察、CLI スクリプティングによるライブでのパッチング、クラスタリング、およびドメイン管理、カスタムコーディング、JBoss 移行、および JBoss EAP のセキュリティシステムについての深い考察について扱います。管理インタフェース、JMS キューなどのリソースのセキュリティ保護、Web インタフェース用 SSL の実装、RBAC、およびネットワークの考慮事項が含まれます。また、JBoss Application Administration II (JB348) は、ActiveMQ Artemis の管理、クラスタリング、およびチューニングについても扱っています。

学習内容サマリー

  • JBoss EAP およびオプションコンポーネントのインストール
  • JBoss EAP 6 から JBoss EAP 7 への移行
  • チューニングを中心としたクラスタリング
  • 本番環境とクラウド環境へのデプロイ
  • CLI を使用したスクリプトの作成
  • JBoss EAP の監視とリソース管理
  • クラスタリングとチューニングを中心としたメッセージング
  • JBoss EAP とアプリケーションセキュリティ

対象者と前提条件

受講の前提条件

学習内容

この実践的な演習を主体としたコースでは、以下の作業について学び、実行します。

JBoss EAP 7 の新機能
JBoss EAP 7 の新機能について説明します。
JBoss EAP 7 への移行
JBoss EAP 6 から JBoss EAP 7 への移行戦略について学びます。
クラスタリング
クラスタリングコンポーネントとその設定、およびクラスタ化されたアーキテクチャへの適用ができることを証明します。
デプロイ
さまざまな種類の本番環境でアプリケーションをデプロイする方法を学習します。
スクリプト作成
CLI を使用して、さまざまな設定および管理シナリオのスクリプトを作成する方法を学習します。
管理
さまざまなツールを使用して、JBoss EAP 7 を監視および管理します。
メッセージング
サポート対象のメッセージングシステムの管理方法を学習します。
アプリケーションのセキュリティ保護
Java™EEアプリケーションを保護するための認可と認証を制限するセキュリティ設定を行います。
JBoss EAP のセキュリティ保護
認証、承認、および管理コンソールなどのセキュリティ設定を行います。
理解度の確認
Red Hat JBoss Application Development Administration II (JB348) のタスクと概念について復習します。

: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、ビジネス効率を高め、市場投入までの時間を最小限に抑え、問題を迅速に解決するために必要なスキルを伸ばすことです。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースに参加した受講者は、メッセージングを設定し、サーバーとアプリケーションのセキュリティを管理し、キャッシュを微調整し、スクリプトを作成し、旧リリースの EAP を現行リリースに移行することで、EAP 7 クラスタを管理できるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • EAP 7 の新機能の活用
  • EAP 6 サーバーから EAP 7 への移行
  • クラスタ内での JGroups と Infinispan の微調整および管理
  • アプリケーションのデプロイのロールバック
  • 共通の EAP 管理タスク用のスクリプト作成
  • JConsole および他の管理ツールを使用した EAP の監視
  • JMS ブリッジの作成
  • FORM ベースの認証ログインモジュールの作成
  • Red Hat Identity Management でのシングルサインオンの実装