Red Hat トレーニング

Red Hat ラーニングサブスクリプション

成長を続ける技術市場では、新しいスキルと知識が求められます。現代のビジネスにおける課題を解決して将来に備えるために、無制限でアクセス可能な信頼あるオンライントレーニングを活用しましょう。

すでにサブスクリプションをご購入済みですか?ログインして学習を開始しましょう。

トレーニングで一歩先のスキルを身につける

シンプルで柔軟なオンデマンドトレーニング

概要

Red Hat® ラーニングサブスクリプションでは、単一の年間サブスクリプションで Red Hat のオンライントレーニング・リソースにアクセスできます。ビデオ学習、コースの受講、オンライン・ハンズオンラボでの演習を活用し、自分のペースで学習しましょう。選択したサブスクリプションレベルに応じて利用できるオンライントレーニング・クラス、認定試験、ビデオコースなどを活用し、自分に適した学習を行えます。

Red Hat ラーニングサブスクリプション (Standard)

Red Hat ラーニングサブスクリプション(Standard レベル)の機能および利点について学習します。

Red Hat ラーニングサブスクリプション (Basic モデル)

Red Hat ラーニングサブスクリプション (Basic レベル) の機能および利点について学習します。

組織の継続的な育成

学習体験を企業全体でスケーリング

Red Hat ラーニングサブスクリプション・エンタープライズは、チームに必要な重要スキルを柔軟かつ安価な方法で提供します。このソリューションは、Red Hat テクノロジーに関するトレーニングを多数のユーザーに行いたい組織のためにカスタマイズされており、個別にサブスクリプションを購入した場合と比較して 70% 低いコストで、従業員 100 名が技術スキルを習得できます。

大規模なチームを育成し、学習予算を最大活用する方法については、データシートをご覧ください。

コースを個別に購入する代わりに Red Hat ラーニングサブスクリプションを購入することで、大幅な割引を受けることができます。また、全コースの全コンテンツにアクセスできることも大きなメリットです。ただし、しっかりとコミットして活用することが重要となります。

Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) Marvin Curlee 氏

当社は大企業ではありますが、少数精鋭の IT スタッフで運営しています。業務上かなり多忙なため、スタッフをオフサイトのトレーニングコースに専念させることはできません。Red Hat ラーニングサブスクリプションなら、社内で各自のペースでトレーニングを受講することができます。

システム・エンジニアリング・スーパーバイザー Rod Preston 氏

Red Hat ラーニングサブスクリプションが提供する優れたトレーニングとラボ環境がなければ、私は RHCSA 認定試験と RHCE 認定試験に合格していなかったと思います。もし 1 からすべて学び直すとしたら、今度は最初から Red Hat トレーニングを利用するでしょう。

RHCSA / RHCE Roger Brown 氏

利点

トレーニングに関する課題を解決

生産性の向上

日常の業務から長時間離れることなく、自分のスケジュールでトレーニングを受けることができます。

あらゆるレベルでのトレーニングおよび認定試験

人気のあるビデオクラスルームのコースとすべての Red Hat オンラインラーニングのコースにアクセスし、あらゆるスキルレベルで学習できます。

継続的な学習

最新のコースのリリースおよびアップデートにすぐにアクセスできます。簡単に使用できるインタフェースで、学習の進捗状況を確認できます。

リスクの軽減

新しいテクノロジーを実装する前にトレーニングを受けることができます。Red Hat 製品およびソリューションを、実際に購入する前にお試しいただけます。

スキルの検証と向上

成功をもたらすチームを維持し、効果的で徹底的なトレーニングと、スキルを検証するための実践的で包括的な認定試験*により、競争力を保つことができます。

*認定試験の受験は Standard レベルのサブスクリプションでのみ可能です。

賢い投資

コースを個別に受講した場合よりもはるかに少ないコストで、無制限にトレーニングを受講することができます。Red Hat トレーニングには 5 対 1 の投資対効果 (ROI) があり、ビジネスゴールを達成するのに役立ちます。[1]

出典:[1] IDC レポート:Red Hat トレーニングのビジネス価値、2017 年

オンライントレーニングと認定試験

デスクトップでのクラスルームトレーニング

Red Hat ラーニングサブスクリプションは、従来のクラスルームで利用される高品質コンテンツへの便利なオンデマンドアクセスを提供します。クラウドベースのラボなどにより、知識を深めることができます。

Red Hat Enterprise Linux®
Red Hat システム管理Ⅰ(RH124)
Red Hat システム管理 II(RH134)
Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 速習コース (RH199)
Red Hatシステム管理 III(RH254)
RHCE 認定試験ラボ (RH299)
Red Hat Enterprise Linux Troubleshooting and Diagnostics (RH342)
Red Hat Satellite 6 Administration (RH403)
Red Hat Server Hardening (RH413)
Red Hat High Availability Clustering (RH436)
Red Hat Enterprise Performance Tuning(RH442)
DevOps
Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)
Red Hat OpenShift Administration I (DO280)
Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration I (DO285)
Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288)
OpenShift Container Platform Development(DO290)
Red Hat OpenShift Administration II: High Availability (DO380)
Configuration Management with Puppet (DO405)
Automation with Ansible I (DO407)
Automation with Ansible II: Ansible Tower (DO409)
Automation with Ansible and Ansible Tower (DO410)
クラウドコンピューティング、Red Hat Enterprise Virtualization、ストレージ
Red Hat OpenStack Administration I(CL110)
Red Hat OpenStack Administration II(CL210)
Red Hat OpenStack Administration III(CL310)
Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration(CEPH125)
Red Hat CloudForms Hybrid Cloud Management(CL220)
Red Hat JBoss AMQ Administration (JB440)
Red Hat Gluster Storage Administration(RH236)
Red Hat Virtualization(RH318)
Red Hat JBoss® Middleware
Red Hat Application Development I: Programming in Java EE (JB183)
Red Hat Application Development II: Implementing Microservice Architectures (JB283)
Red Hat JBoss Application Development Administration I(JB248)
Red Hat JBoss Enterprise Application Development II(JB325)
Red Hat JBoss Application Development Administration I(JB348)
Camel Development with Red Hat JBoss Fuse (JB421)
Developing workflow applications with Red Hat JBoss BPM Suite (JB427)
Enterprise Service Bus Deployment with Red Hat JBoss Fuse (JB435)
Red Hat JBoss Fuse Rapid Track (JB439)
Red Hat JBoss AMQ Administration (JB440)
Red Hat JBoss Data Virtualization Development(JB450)
Red Hat JBoss Data Grid Development (JB453)
Authoring Rules with Red Hat Decision Manager (JB461)
Developing Rules Applications with Red Hat Decision Manager (JB463)
Implementing with Red Hat Decision Manager (JB465)
Building Advanced Red Hat Enterprise Applications(JB501)
ビデオクラスルームコース
Virtualization and Infrastructure Migration Technical Overview (RH018)
Red Hat Enterprise Linux Technical Overview (RH024)
Red Hat Enterprise Linux Advanced Administration Technical Overview (RH044)
RHCSA 速習コース (RH199)
Red Hat システム管理 I (RH124)
Red Hat システム管理 II(RH134)
Red Hatシステム管理 III(RH254)
Red Hat Gluster Storage Administration(RH236)
Red Hat Enterprise Linux Troubleshooting and Diagnostics (RH342)
Red Hat Satellite 6 Administration (RH403)
Red Hat High Availability Clustering (RH436)
Red Hat Enterprise Performance Tuning(RH442)
Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration(CEPH125)
Red Hat Virtualization(RH318)
Red Hat OpenStack Technical Overview(CL010)
Red Hat OpenStack Administration I (CL110)
Red Hat OpenStack Administration II(CL210)
Red Hat CloudForms Hybrid Cloud Management (CL220)
Ansible Essentials:Simplicity in Automation Technical Overview (DO007)
Deploying Containerized Applications Technical Overview (DO080)
Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures (DO092)
Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)
Red Hat OpenShift Administration I (DO280)
Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288)
Red Hat OpenShift Administration II: High Availability (DO380)
Automation with Ansible I (DO407)
Automation with Ansible II: Ansible Tower (DO409)
Red Hat JBoss Application Development Administration I(JB248)
Developing Workflow Applications with Red Hat JBoss BPM Suite (JB427)
Authoring Rules with Red Hat Decision Manager (JB461)
Developing Rules Applications with Red Hat Decision Manager (JB463)

認定試験が含まれているのは Standard レベルのサブスクリプションのみです。このサブスクリプションには、5 回の試験と 2 回の再試験が含まれています。

Red Hat Enterprise Linux
RHCSA 認定試験(EX200)
RHCE 認定試験(EX300)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshootingー (EX342)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Identity Managementー (EX362)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Deployment and Systems Managementー (EX403)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Server Hardeningー (EX413)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -High Availability Clusteringー (EX436)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Linux Performance Tuningー (EX442)
DevOps
Red Hat Certified Enterprise Application Developer 認定試験 (EX183)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -OpenShift Administrationー (EX280)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -OpenShift Application Developmentー (EX288)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Configuration Managementー (EX405)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Ansible Automationー (EX407)
クラウドコンピューティング、Red Hat Enterprise Virtualization、ストレージ
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Ceph Storage Administrationー (EX125)
RHCSA ―Red Hat OpenStack―認定試験 (EX210)
RHCE ーRed Hat OpenStackー認定試験(EX310)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Hybrid Cloud Managementー (EX220)
Red Hat 認定スペシャリスト -Gluster Storage Administration- 認定試験 (EX236)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Virtualizationー (EX318)*
Red Hat JBoss Middleware
Red Hat Certified Enterprise Application Developer 認定試験 (EX183)
RHCJD 認定試験(EX225)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Enterprise Application Server Administrationー (EX248)
Red Hat 認定試験 -Enterprise Microservices Developer- (EX283)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Persistenceー (EX297)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Camel Developmentー (EX421)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Business Process Designー (EX427)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Messaging Administrationー (EX440)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Data Virtualizationー (EX450)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Fast-Cache Application Developmentー (EX453)
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Decision Manager- (EX465)

Standard レベルのサブスクリプションをお持ちの北米のお客様は、Red Hat 個人用試験セッションを通じてのみ試験にアクセスできます。Basic レベルのサブスクリプションをお持ちのお客様は、別途ご購入いただくことで認定試験を受験できます。*EX220 と EX318 は個人用試験の形式では提供されませんのでご注意ください。

Red Hat のインストラクターがオンデマンドのビデオセミナーで、既存のコースコンテンツを補足する知見を提供します。これらのエキスパートセミナーは、Standard レベルのサブスクリプションのみに含まれています。

Red Hat Ansible
Ansible および Ansible Tower による Ansible Tower 構成の自動化
Red Hat Ceph Storage
Ceph RADOS Gateway でのネットワーク・ファイル・システム (NFS) へのアクセスの設定
Ceph RADOS ブロックデバイス (RBD) のミラーリングの概要
スタンドアローン・コマンドを使用した RBD イメージの同期コピーの維持
RADOSGW 構成を使用した Ceph プールへのデータの配置
RADOS Gateway マルチサイト機能を使用したオブジェクトストレージの保護
Red Hat Ceph Storage の概要
コンテナ
コンテナ化アプリケーションの開発に関する考慮事項
DevOps
DevOps 戦略が必要な理由
IoT
IoT (モノのインターネット) とインテリジェントな企業
マイクロサービス
アジャイル・インテグレーション
ワープスピードでの変化
オンデマンド環境の作成
マイクロサービスの概要
サービスのレジリエンスとフォールトトレランス
Red Hat OpenShift
コンテナの構築とテスト
OpenShift でのマイクロサービスの構築と実行 (パート I)
OpenShift でのマイクロサービスの構築と実行 (パート II)
OpenShift でのマイクロサービスの構築と実行 (パート III)
OpenShift でのマイクロサービスの構築と実行 (パート IV)
コード品質 (JBDS 使用)
コード品質 (JBDS 不使用)
継続的コンプライアンス
ダウンタイムゼロでの継続的デリバリー
JBoss Developer Studio (JBDS) を使用した、ローカル OpenShift クラスタで実行されているアプリケーションのデバッグ
ローカル OpenShift クラスタでの IDE による開発
OpenShift による継続的インテグレーションとデリバリーの実装
ローカル開発
JBoss Developer Studio (JBDS) でコードを OpenShift クラスタに変更する
ネットワーク・ポリシー・オブジェクトの動作
OpenShift CI/CD デモ (パート I)
OpenShift CI/CD デモ (パート II)
OpenShift での A/B テストの実行
OpenShift でのブルー・グリーン・デプロイメントの実行
Red Hat Development Studio の設定
Red Hat OpenStack
OpenStack のデプロイと管理に Red Hat OpenStack Director を使用すべき理由

いつでもどこでも知識を広げる

Pranesh Medilall 氏は 2018 年 Red Hat 認定プロフェッショナル・オブザイヤー (2 位) の受賞者です。彼は、Red Hat ラーニングサブスクリプションを使用して、ラボをスピンアップしたり、オンザフライでテストを実施したりしなければならないときに、いつでもどのデバイスからでも Red Hat のラーニング・プラットフォームにアクセスすることで、パートナーからの質問により早く答えることができます。

Pranesh Medilall 氏 - 2018 年 Red Hat 認定プロフェッショナル・オブザイヤー (2 位)

学習方法

ひとつの場所からさまざまなトレーニングにアクセス可能

Red Hat ラーニングサブスクリプションでは、学習スタイルに合わせて、さまざまなタイプのトレーニングで知識を深めることができます。

便利なオンライントレーニング

  • 高品質のコースコンテンツ
  • 経験豊富な講師や専門家、コースコンテンツの作者による Web セミナー
  • 理解度チェックによる迅速なフィードバック
  • Red Hat 認定試験の準備
  • クラウドベースのラボ

ビデオクラスルーム

  • ホワイトボードを使用したインストラクターの知見
  • すべての記録を検索可能
  • クラウドベースのラボ

*選択タイトルでのみ使用可能

398%

IDC の調査によると、Red Hat トレーニングは 3 年間で約 5 対 1 の投資対効果 (ROI) を提供しています。[1]

96%

のサブスクリプション利用者が、すべての Red Hat オンライン・トレーニング・コンテンツへの無制限アクセスにより、新しい技術に順応する能力が向上したと答えています。[2]

92%

のサブスクリプション利用者は、Red Hat ラーニングサブスクリプションを通してすぐに最新のコースコンテンツにアクセスできたことが、技術スキルを維持するのに役立ったと答えています。[3]

86%

のサブスクリプション利用者は、Red Hat ラーニングサブスクリプションによるトレーニングがキャリアアップに極めて役立ったと答えています。[4]

出典: [1] IDC レポート:Red Hat トレーニングのビジネス価値、2017 年| [2][3][4]Red Hat ラーニングサブスクリプション利用者へのアンケート、2016 年 5 月。

購読

自分に合ったオプションを選ぶ

チーム向けグループ割引価格を確認する

1 年間アクセス可能
すべての Red Hat オンラインラーニングコースおよびビデオクラスルームコースにアクセスできます。
実践的な演習
最大 400 時間、クラウドベースのラボにアクセス可能
補足ビデオ
300 以上のインストラクタービデオ
ビデオクラスルーム
人気の高いコースのトレーニングを高解像度で提供
事前アクセス
開発中のコースの章やラボ環境への事前アクセス
1 年間アクセス可能
すべての Red Hat オンラインラーニングコースおよびビデオクラスルームコースにアクセスできます。
実践的な演習
最大 400 時間、クラウドベースのラボにアクセス可能
補足ビデオ
300 以上のインストラクタービデオ
ビデオクラスルーム
人気の高いコースのトレーニングを高解像度で提供
事前アクセス
開発中のコースの章やラボ環境への事前アクセス
認定試験
認定試験へのアクセス*
エキスパートセミナー
Red Hat のリーダーによるビデオセミナーを高解像度で提供
インストラクターオフィスアワー
すべての Red Hat コース向けの、スケジュールに沿ったオンラインでのライブコーチング

*最大 5 回の試験と 2 回の再試験が含まれます。北米のお客様の場合、試験は Red Hat 個人用試験セッションで提供されます。

Basic

Standard

1 年間アクセス可能

すべての Red Hat オンラインラーニングコースおよびビデオクラスルームコースにアクセスできます。

実践的な演習

最大 400 時間、クラウドベースのラボにアクセス可能

補足ビデオ

1,000 以上のインストラクター・ビデオ

ビデオクラスルーム

人気の高いコースのトレーニングを高解像度で提供

事前アクセス

開発中のコースの章やラボ環境への事前アクセス

e ブックのダウンロード

コースコンテンツのうち、最大 10 個の PDF ファイルをダウンロードしてオフラインで使用可能

認定試験

認定試験へのアクセス*

エキスパートセミナー

Red Hat のリーダーによるビデオセミナーを高解像度で提供

インストラクターオフィスアワー

すべての Red Hat コース向けの、スケジュールに沿ったオンラインでのライブコーチング

*認定試験は、Red Hat ラーニングサブスクリプション Standard レベルに含まれます。試験の機能には、最大 5 回の試験と 2 回の再試験が含まれます。北米のお客様の場合、試験は Red Hat 個人用試験セッションで提供されます。

*Red Hat ラーニングサブスクリプション (Standard) は、北米、カナダ、ヨーロッパ、中東、およびアフリカで利用できます。

関連資料

インフォグラフィック

Red Hat ラーニングサブスクリプションとトレーニングで困難なビジネス課題を解決

データシート

技術スキルを磨いて競争力を得る

FAQ

Red Hat ラーニングサブスクリプションに関する Q&A