言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

RH236

Red Hat Gluster Storage Administration

情報を表示しています:

既製のハードウェアやクラウド環境に拡張性と可用性の高いストレージを導入する

このコースは、既存のハードウェアやクラウド環境に拡張性と可用性に優れたストレージを導入する方法を学習したい上級レベルのシステム管理者およびストレージ管理者を対象としています。

コース概要

受講者は、Red Hat Storage Server のクラスタをインストール、設定、保守する方法を学習します。また、Clustered Trivial DataBase (CTDB)、統合ファイル、オブジェクトストレージ、ジオレプリケーションを使用した、可用性に優れた Common Internet File System (CIFS) およびネットワークファイルシステム (NFS) についても知識を得ることができます。さらに、受講者は Red Hat Storage、スナップショット、ジオレプリケーションの Hadoop プラグインについても学習します。

このコースは、Red Hat エキスパート試験 ーHybrid Cloud Storageー (EX236) の準備に役立ちます。

注: Red Hat Gluster Storage Administration は、エマージングテクノロジーコースの 1 つです。このコースシリーズでは、Red Hat の先進テクノロジーに焦点を合わせています。エマージングテクノロジーコースでは、機能や特長に重点が置かれ、ガイド付き演習形式で進められ、講義はほとんどありません。これらのコースの詳細については、こちらにお問い合わせください

学習内容サマリー

  • Red Hat Storage Server のインストールと設定
  • 各種ボリュームタイプの作成と管理
  • CTDB を使用した NFS および CIFS の IP フェイルオーバーの学習
  • ジオレプリケーションの詳細
  • Swift を使用した統合ファイルとオブジェクトストレージの演習
  • スナップショットについて
  • Hadoop プラグインについて

対象者と前提条件

  • Red Hat Storage を使用した大規模なストレージクラスタの管理に関心がある、または現在管理を行っている Linux システム管理者およびストレージ管理者
  • Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 認定または同等レベルの知識を有することを強く推奨

受講の前提条件

学習内容

Red Hat Storage の概要
Red Hat Storage Server の機能と用語を理解します。
教室の演習環境の確認
教室の演習環境を把握します。
インストール
Red Hat Storage Server をインストールします。
基本設定
Red Hat Storage Server のボリュームを構築します。
ボリュームタイプ
さまざまなボリュームタイプを理解します。
クライアント
異なる種類のクライアントから、Red Hat Storage Server のボリューム上のデータにアクセスします。
ACL とクォータ
クォータと Posix アクセス制御リスト (ACL) を実装します。
ボリュームの拡張
ストレージボリュームをオンラインのまま拡張します。
IP フェイルオーバー
CTDB を使用した IP フェイルオーバーを設定します。
ジオレプリケーション
ジオレプリケーションを設定します。
統合ファイルおよびオブジェクトストレージ
Swift オブジェクトアクセスを設定します。
トラブルシューティング
基本的なトラブルシューティング作業を実行します。
スナップショットの管理
Red Hat Storage でスナップショットを管理します。
Hadoop プラグイン
Hadoop プラグインの設定について学びます。

: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、弊社にお問い合わせください

推奨される次の試験またはコース

Red Hat エキスパート認定 ーHybrid Cloud Storageー
Red Hat Storage Server を使用して、オンプレミスクラウドとハイブリッドクラウドに柔軟なストレージソリューションを実装するために必要なスキルと知識を証明します。