RH254

Red Hat システム管理III

情報を表示しています:

Linux システムの管理能力を強化し、Red Hat 認定エンジニア (RHCE) 試験に備えます。

Red Hat® システム管理 Ⅲ (RH255) は Red Hat Enterprise Linux® 7 に関連するコースで、Linux システム管理者の経験があり、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA®) の認定または同等のスキルを保有し、エンタープライズレベルの Linux システムの管理能力を強化したい方を対象としています。

コース概要

このコースでは、稼働中のネットワークサーバーのデプロイと管理、ドメインネームサービス (DNS) のキャッシュ、MariaDB、Apache HTTPD、Postfix SMTP Null クライアント、ネットワーク・ファイル・システム (NFS) によるネットワークファイル共有、サーバー・メッセージ・ブロック (SMB)、iSCSI イニシエータおよびターゲット、高度なネットワークと firewalld 設定、さらにはシステムの自動化、設定、トラブルシューティングのための bash シェルスクリプトの使用方法を主に扱います。すでに RHCSA 認定を取得している受講者は、講義と実践ラボを通じて、RHCE 認定試験 (EX300) の対象であるスキルをすべて習得できます。

注: このコースは、RHCSA のタスクの内容をすべて網羅するものではありません。RHCSA スキルのレビューが必要な方は、RHCSA 速習コース (RH199) を受講することをお勧めします。

対象者と前提条件

Red Hat システム管理 Ⅲ は、スクリプトを使用したエンタープライズ・レベルの自動化技術、ネットワークサービスのデプロイと保護の方法、Red Hat Enterprise Linux のその他の主要なセキュリティ機能の管理方法を学習したいと考えている経験豊富な Linux 管理者を対象としています。このコースを受講するには、RHCSA または同等のスキルを保有している必要があります。

受講の前提条件

  • RHCSA 認定または同等の経験
  • RHCSA をまだ取得していない受講希望者は、必要なスキルと知識があるかどうかをオンラインのスキルチェックテストで確認できます

学習内容

サービスとデーモンの制御
systemctl を使用したサービスおよび起動プロセスの管理方法の確認
IPv6 ネットワークの管理
Red Hat Enterprise Linux システム上の基本的な IPv6 ネットワークの設定とトラブルシューティング
リンク・アグリゲーションとブリッジの設定
ボンディング、チーミング、ローカル・ソフトウェア・ブリッジなどの高度なネットワーク・インタフェース機能の設定およびトラブルシューティング
ネットワークポートのセキュリティの制御
SELinux および firewalld の高度なフィルタリング手法を使用してネットワークサービスへのアクセスを許可/拒否
サーバーの DNS の管理
システムへの正確な DNS レコードの設定と検証、およびセキュアな DNS キャッシュの設定
E メール配信の設定
システムから送信するすべての E メールの SMTP ゲートウェイへのリレーによる配信の一元化
ブロックベース・ストレージの配備
リモートディスクとしてネットワーク化された iSCSI ブロックデバイスの使用と提供
ファイルベース・ストレージの配備
特定のシステムとユーザーに対する SMB ファイル共有と NFS エクスポートの提供
MariaDB データベースの設定
プログラムやデータベース管理者が使用するための MariaDB SQL データベースを設定
Apache HTTPD Web サービスの設定
トランスポート・レイヤー・セキュリティ (TLS) 対応の Web サイトや仮想ホストを提供するための Apache HTTPD の設定
Bash スクリプトの記述
bash を使用して簡単なシェルスクリプトを記述
Bash の条件分岐と制御構造
より洗練されたシェルコマンドやスクリプトを書くための bash 条件文や制御構造の使用
シェル環境の設定
bash の起動および環境変数、bash エイリアス、bash 関数の使用に関するカスタマイズ
理解度の確認
Red Hat システム管理 III で学習した知識およびスキルの実践と実証

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、管理のための高度なタスクやテクニックを紹介し、インフラストラクチャのパフォーマンス向上、システムの使用方法とセキュリティの向上、システム障害への対応力強化のために必要なスキルを習得することです。これを受講すると、インフラストラクチャのセキュリティが強化され、インフラストラクチャ・サービスのコスト削減、IT インフラストラクチャの堅牢性向上、オープンソース・テクノロジーのデプロイの迅速化、インフラストラクチャ・サービスや製品の品質向上につながります。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを受講すると、フルタイムの Linux システムエンジニアまたはコンサルタントとして必要な主要タスクを実行できるようになります。このコースでは、Enterprise Linux の高度な管理トピックについて紹介します。その中には、サービスとデーモンの管理、ネットワークの設定とトラブルシューティング、NFS および SAMBA ファイルサーバー設定、Apache HTTP Web サーバー管理、MariaDB SQL データベースの設定、Postfix SMTP の設定、DNS のトラブルシューティング、および bash スクリプティングが含まれます。

以下のスキルを習得できます:

  • サービスとデーモンの制御
  • ネットワークの管理
  • リンクのアグリゲーション、ブリッジ、チーム、およびボンディングの設定
  • ファイアウォールでのフィルタの設定
  • SELinux を使用したネットワークサービスへのアクセスの許可や拒否
  • DNS サーバーの管理
  • SMTP メール配信の設定
  • iSCSI ブロックストレージの提供
  • NFS および SAMBA ファイルベース・ストレージの設定
  • MariaDB SQL データベースの設定
  • TLS 対応の仮想ホストによる Apache HTTPD の設定
  • 簡単な bash 自動化スクリプトの作成