検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
RH299

RHCE 認定ラボ

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

RHCE 認定試験 (EX300) の準備

RHCE® 認定ラボ (RH299) は、受講者向けに調整したラボ環境で、RHCE 認定試験 (EX300) を受験する前に、自分のペースで実践的な復習を行えます。

このラボに参加する受講者は、クラスルームトレーニングを受講済みで、認定試験の受験または再受験の準備を目的とする方を想定しています。主な成果は、ラボでの時間です。

4 日間のラボで、受講者は RHCSA (Red Hat 認定システム管理者) 速習コース (RH199)Red Hat システム管理 Ⅲ (RH254) 両方で扱うすべてのラボを自習します。RHCE 認定ラボには、systemd、firewalld、IPv6 などの主なテクノロジーを復習するための講義が少し含まれています。このラボのクラスルームおよびバーチャルクラスルーム・バージョンでは、演習に取り組む受講者を補助するサポーターを期間中に利用できます。

ラボの学習内容サマリー

  • ブートプロセス中の systemd サービスの管理とトラブルシューティング
  • ネットワーク構成と基本的なトラブルシューティング
  • ローカルストレージの管理、ファイルシステムの作成と使用
  • firewalld によるファイアウォール管理
  • kickstart を使用した Red Hat Enterprise Linux® の自動インストール
  • SELinux 設定の管理
  • NFS と Samba 共有ファイルシステムの使用
  • iSCSI イニシエータとターゲット構成
  • ドメイン名システム (DNS) のトラブルシューティングとキャッシュネームサーバー
  • ネットワーク・ファイル・システム (NFS) とサーバー・メッセージ・ブロック (SMB) ファイルサーバーの提供
  • Apache HTTPD Web サーバーの管理
  • MariaDB SQL データベース構成
  • サーバーの Postfix Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) nullclient
  • bash スクリプトによる自動化

コース対象者

受講の前提条件

このコースの認定を受けるには、受講者には以下の前提条件があります。

学習内容

学習内容

この概要で取り上げたテーマは Red Hat システム管理 I (RH124)Red Hat システム管理 Ⅱ (RH134)Red Hat システム管理 Ⅲ (RH254) のものですが、ラボセッションで必ずしもすべてを取り扱うわけではありません。

ローカルとリモートのログイン
システムにアクセスして Red Hat サポートを利用する方法を確認します。
ファイルシステムのナビゲーション
bash シェルのプロンプトから操作して、ファイルをコピー、移動、作成、削除、リンク、および整理します。
ユーザーとグループ
Linux のユーザーとグループを管理し、ローカル・パスワード・ポリシーを管理します。
ファイルのアクセス権
アクセス権とアクセス制御リスト (ACL) を使用して、ファイルとディレクトリへのアクセスを制御します。
SELinux の権限
ネットワークサービスが侵害された場合、システムにおける SELinux の動作を管理して、システムをセキュアに保ちます。
プロセス管理
Red Hat Enterprise Linux システムで実行されるプロセスを評価し、制御します。
ソフトウェアパッケージのアップデート
Red Hat および YUM のパッケージリポジトリからソフトウェアパッケージをダウンロード、インストール、更新、および管理します。
ファイルシステムの作成とマウント
コマンドラインからディスク、パーティション、ファイルシステムを作成して管理します。
サービス管理とブートのトラブルシューティング
システムデーモンを制御および監視し、Red Hat Enterprise Linux のブートプロセスをトラブルシューティングします。
ネットワーク構成
Red Hat Enterprise Linux システムで基本的な IPv4 ネットワークを設定します。
システムロギングと ntp
トラブルシューティングのために、関連するシステムログファイルを検索して正しく解釈します。
論理ボリューム管理
コマンドラインから論理ボリュームを作成して管理します。
スケジュールされたプロセス
将来自動的に実行されるようにタスクをスケジュールします。
ネットワーク・ファイルシステムのマウント
autofs とコマンドラインを使用して、NFS と SMB でネットワークストレージをマウントおよびアンマウントします。
ファイアウォール構成
基本的なファイアウォールを設定します。
仮想化と kickstart
Red Hat Enterprise Linux の仮想マシンへのインストールをカーネルベースの仮想マシン (KVM) と libvirt で自動化します。
IPv6 ネットワークの管理
Red Hat Enterprise Linux システム上の基本的な IPv6 ネットワークを設定し、トラブルシューティングします。
リンク・アグリゲーションとブリッジの設定
ボンディング、チーミング、ローカル・ソフトウェア・ブリッジなどの高度なネットワーク・インタフェース機能を設定し、トラブルシューティングします。
ネットワークポートのセキュリティの制御
SELinux および firewalld の高度なフィルタリング手法を使用してネットワークサービスへのアクセスを許可/拒否します。
サーバーの DNS の管理
システムに正確な DNS レコードを設定して検証し、セキュアな DNS キャッシュを設定します。
E メール配信の設定
システムから送信するすべての E メールを SMTP ゲートウェイにリレーして配信を一元化します。
ブロックベース・ストレージの配備
ネットワーク化された iSCSI ブロックデバイスをリモートディスクとして提供し、使用します。
ファイルベース・ストレージの配備
NFS エクスポートと SMB ファイル共有を特定のシステムとユーザーに提供します。
MariaDB データベースの設定
プログラムやデータベース管理者が使用するための MariaDB SQL データベースを設定します。
Apache HTTPD Web サービスの設定
トランスポート・レイヤー・セキュリティ (TLS) 対応の Web サイトや仮想ホストを提供するための Apache HTTPD を設定します。
bash スクリプトの記述
bash を使用して簡単なシェルスクリプトを記述します。
bash の条件分岐と制御構造
bash 条件文や制御構造を使用して、より洗練されたシェルコマンドやスクリプトを作成します。
シェル環境の設定
bash の起動をカスタマイズして、環境変数、bash エイリアス、bash 関数を使用します。

注:コース概要は、テクノロジーの変化や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください。

成果

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。