RH318

Red Hat Enterprise Virtualization

情報を表示しています:

仮想環境のデプロイと管理に必要なスキルの取得

Red Hat Virtualization (RH318) は、IT プロフェッショナルが Red Hat® Virtualization を使用して組織内の仮想マシンをデプロイ、管理、操作するために必要なスキルを習得するよう援助します。

このコースは、Red Hat Enterprise Virtualization 4.1 および Red Hat Enterprise Linux® 7.3 に基づいています。

コース概要

受講者は多数の実習により、Red Hat Virtualization を導入および設定し、それを仮想マシンのプロビジョニングおよび管理に使用します。このコースは、Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Virtualizationー の準備にも役立ちます。

学習内容サマリー

  • Red Hat Virtualization のインストールと設定
  • Red Hat Virtualization で使用するためのネットワークとストレージの設定
  • ユーザーアカウントの管理と Red Hat Virtualization 環境へのアクセス
  • Red Hat Virtualization での仮想マシンのインストールと管理
  • テンプレートの使用による仮想マシンの迅速なデプロイ
  • 仮想マシンのスナップショットとイメージの管理
  • Red Hat Virtualization のバックアップとアップグレード
  • 仮想マシンの移行、および高可用性 (HA) オプションの確認

対象者と前提条件

Red Hat Virtualization のオープン仮想化管理プラットフォームに基づいてデータセンター内の仮想サーバーを管理する、大規模な仮想化ソリューションの導入と管理に関心を持つ Linux システム管理者および仮想化管理者。

受講の前提条件

Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA®) 資格保持者、または同等の経験

学習内容

Red Hat Virtualization の概要
Red Hat Virtualization の目的とアーキテクチャの説明
Red Hat Virtualization のインストールと設定
最小限の Red Hat Virtualization 環境をインストールし、それを使用して仮想マシンを作成する
データセンターとクラスタの作成および管理
データセンターとクラスタを使用して、ハイパーバイザーをグループ化する
ユーザーアカウントとロールの管理
一元的なディレクトリサービスを使用してユーザーアカウントを設定する
ロールを使用して、ジョブの責任に基づいたリソースへのアクセスを割り当てる
物理ホストの追加
追加の Red Hat Virtualization ホストを自動的に追加し、必要に応じてデータセンターからホストを移動したり削除したりする
Red Hat Virtualization ネットワークの管理
1 つまたは複数のインタフェース上のネットワーク・トラフィックを複数のネットワークに分け、Red Hat Virtualization のパフォーマンスとセキュリティを向上させる
Red Hat Virtualization ストレージの管理
データおよび ISO ストレージドメインの作成と管理
仮想マシンのデプロイと管理
Red Hat Virtualization 環境で仮想マシンを操作する
仮想マシンの移行
仮想マシンの移行および自動移行の管理
仮想マシンのイメージの管理
仮想マシンのスナップショットとディスクイメージの管理
仮想マシンのデプロイメントの自動化
テンプレートと cloud-init を使用して、仮想マシンのデプロイメントを自動化する
Red Hat Virtualization のバックアップとアップグレード
Red Hat Virtualization のバックアップ、復元、およびアップグレード
高可用性プラクティスの確認
単一障害点を削除し、高可用性機能を実装することにより、Red Hat Virtualization の回復力と信頼性を向上させる手順を説明する
理解度の確認
Red Hat Virtualization のインストールと設定、それを使用した仮想マシンの作成と管理、および Red Hat Virtualization のコンポーネントのバックアップと更新によって、このコースで学んだスキルを実証する

注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください

個人にとっての効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、仮想化環境の効率を向上させるために必要なスキルを習得することです。期待される効果には、ベンダーロックインを回避しながらより多くのワークロードを仮想化することでハードウェアを減らし、 IT インフラストラクチャのコストを削減することが含まれます。このクラスでは、Red Hat Virtualization を使用して仮想化環境をデプロイ、管理、監視することで、仮想化管理者がより効率的に作業できるよう訓練します。これにより、仮想化されたリソースを要求および使用するユーザーへの応答時間が短縮されます。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースに参加した受講者は、Red Hat Virtualization および仮想サーバーを作成してデプロイできるようになります。単一のフルサービス管理インタフェースである Red Hat Virtualization Manager を使用して、仮想化環境内でシステムを設定、管理、移行できるようになります。