RH318

Red Hat Enterprise Virtualization

情報を表示しています:

仮想環境のデプロイと管理に必要なスキルの取得

Red Hat® Virtualization (RH318) では、経験豊富なシステム管理者を対象に、Red Hat Virtualization スイートによって管理する Red Hat Enterprise Linux® の仮想化機能の使い方について説明します。

コース概要

受講者は、専用の Red Hat Virtualization Hypervisor ノード上、または Red Hat Virtualization Manager を使用している Red Hat Enterprise Linux サーバー上にホストされる Linux 仮想マシンを効率的に作成、デプロイ、管理、移行するためのスキルと知識を取得できます。

このコースは、RHCVA 認定試験 (EX318) の準備にも役立ちます。この試験に合格すると、Red Hat 認定仮想化技術管理者 (RHCVA) 認定を取得できます。

詳細については、コース概要をすべてお読みください。

学習内容サマリー

  • Red Hat Virtualization のデプロイ
  • Red Hat Virtualization 環境 (データセンター、クラスタ、およびストレージドメイン) の設定
  • 仮想マシン (サーバーおよびデスクトップ) のインストール、管理、およびトラブルシューティング
  • 仮想マシンのスナップショットの作成
  • テンプレートの使用による仮想マシンの迅速なデプロイ
  • 複数レベルの管理者ロールによる Red Hat Virtualization 環境のセキュリティ保護
  • 監視とカスタムレポートの作成
  • 仮想マシンの移行、および高可用性 (HA) オプションの確認

対象者と前提条件

  • Red Hat Virtualization を使用して大量のサーバーまたは仮想マシンを管理する方法に関心がある、エンタープライズ・サーバーの管理を担当している経験豊富な Linux システム管理者
  • Red Hat 仮想化技術認定管理者 (RHCVA) 認定の取得を目指す IT プロフェッショナル

受講の前提条件

Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 認定を取得している、または同等の Linux 使用経験がある IT プロフェッショナルであること。

学習内容

Red Hat Virtualization の概要
Red Hat Virtualization における一般的な仮想化、カーネルベース仮想マシン (KVM)、および仮想化の概念を定義し、説明します。
マネージャーのインストール、設定、およびテスト
Red Hat Virtualization Manager のインストール、設定、セキュリティ保護、およびトラブルシューティングを行います。
ハイパーバイザー・ホストのインストールと設定
Red Hat Virtualization Hypervisor のインストール、設定、アップグレード、およびトラブルシューティングを行います。
データセンターとクラスタの作成
Red Hat Virtualization Manager を使用してデータセンターおよびクラスタを作成します。
ストレージの作成と保守
Red Hat Virtualization を使用してデータ、ISO、エクスポート・ストレージドメインを作成および管理します。
論理ネットワークの作成
Red Hat Virtualization Manager を使用して論理ネットワークを作成します。
仮想マシンのデプロイ
Red Hat Virtualization を使用して、適切なドライバーおよびエージェントと共に仮想マシン (VM) をインストール、デプロイ、および管理します。
VM スナップショットおよびイメージの管理
Red Hat Virtualization を使用して、スナップショットで VM を管理し、イメージを共有します。
VM デプロイの自動化
Red Hat Virtualization を使用し、テンプレート、プール、および cloud-init を利用して VM デプロイを自動化します。
Red Hat Virtualization の監視とレポート
Red Hat Virtualization 管理ポータルを使用して情報を検索し、環境のレポートを生成します。
Red Hat Virtualization の高度なトピックの概要
Red Hat Virtualization のバックアップと復元、Red Hat Virtualization の可用性向上、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) の使用について説明します。
Red Hat Enterprise Linux ホストのインストールおよび設定
Red Hat Enterprise Linux ホストのインストールおよび設定を行います。
VM の移行と高可用性の設定
VM を手動および自動で移行し、Red Hat Virtualization を使用してライブ・マイグレーションでの高可用性を設定します。
理解度の確認
コースの内容を復習します。

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください

推奨される次の試験またはコース

RHCVA 認定試験 (EX318)
実技形式の試験で、所要時間は 3 時間です。
RHCVA
RHCVA 認定を取得するには、Red Hat Virtualization を使用して本番環境で仮想ホストをデプロイおよび管理する能力を実証する必要があります。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、仮想化環境の効率を向上させるために必要なスキルを習得することです。期待される効果には、ベンダーロックインを回避しながらより多くのワークロードを仮想化することでハードウェアを減らし、 IT インフラストラクチャのコストを削減することが含まれます。このクラスでは、Red Hat Virtualization を使用して仮想化環境をデプロイ、管理、監視することで、仮想化管理者がより効率的に作業できるよう訓練します。これにより、仮想化されたリソースを要求および使用するユーザーへの応答時間が短縮されます。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースに参加した受講者は、仮想サーバーとワークステーションを作成してデプロイできるようになります。単一のフルサービス管理インタフェースである Red Hat Virtualization Manager を使用することで、受講生は仮想化環境内でシステムを設定、管理、移行することができます。

以下のスキルを習得できます。

  • Red Hat Virtualization のデプロイ
  • 仮想マシンの設定、インストール、およびデプロイ
  • ハイパーバイザー・ホスト間での仮想マシンの移行
  • トラブルシューティング作業の実行
  • 仮想化環境のセキュリティ保護と監視
  • 操作、環境、およびリソースのカスタムレポートの生成