RH404

Red Hat Satellite 6 Administration + 認定試験

情報を表示しています:

Red Hat Satellite 6 のインストール方法の学習

Red Hat Satellite 6 Administration は、Red Hat® Enterprise Linux® システムの大規模な管理を成功に導くために必要な概念と方法を学習する、演習ベースのコースです。コースの参加者は、Red Hat Satellite 6 のサーバーへのインストール方法とソフトウェア・パッケージの追加方法について学びます。

このコースは Red Hat Linux 7 および Red Hat Satellite Server 6 に基づいています。また、Red Hat Satellite 6 に基づく Red Hat エキスパート試験 ーDeployment and Systems Managementー (EX403) を含んでいます。

Red Hat Satellite 5 のコースをお探しですか詳細

コース概要

受講者は Red Hat Satellite を使用して、サブスクライブされたホストとその設定のソフトウェア開発ライフサイクルを管理し、ソフトウェアおよび Puppet 設定管理を組み込んだホストをデプロイ時にプロビジョニングする方法について学びます。

学習内容サマリー

  • Red Hat Satellite 6 のインストール
  • Red Hat Network の組織、場所、ユーザー、ロール
  • Red Hat Satellite 環境でのソフトウェアの管理とコンテンツビュー
  • カスタム RPM パッケージの作成
  • Red Hat Satellite を使用した、Puppet でのホストの設定
  • ソフトウェアおよび設定の管理を統合したホストのプロビジョニング
  • Satellite ディスカバリーによる Metal-as-a-Service (MaaS) の実装、および未プロビジョニング・ホストのプロビジョニング

対象者と前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux の上級システム管理者で、複数のサーバーの管理を担当している方

受講の前提条件

学習内容

Red Hat Satellite 6 のインストール
Red Hat Satellite 6 をサーバーにインストールし、Red Hat Enterprise Linux のソフトウェア・コンテンツを追加します。
さまざまな組織と場所を通じてのユーザーとホストの管理
ユーザーアクセスを効果的に制御して Red Hat Satellite を管理します。
Satellite サーバーへのクライアントの登録
インタラクティブな方法および自動的な方法の両方で、Red Hat Satellite サーバーにホストを登録します。
ソフトウェア開発ライフサイクルを介したソフトウェアデプロイの管理
どのパッケージがホストでインストール可能か、どの更新がホストに適用されるかを制御し、企業標準からのホストの逸脱度を判断します。
RPM パッケージの作成
クライアントシステムでプログラムとファイルをデプロイするための RPM パッケージを作成します。
Red Hat Satellite を使用したカスタムソフトウェアのデプロイ
Red Hat Satellite フレームワークに Red Hat 以外のソフトウェアパッケージを組み込みます。
Puppet によるシステム設定の管理
Red Hat Satellite フレームワーク内で Puppet リポジトリを作成して配置します。
Red Hat Satellite 6 によるシステム設定の標準化び設定管理
Puppet を使用してホストを設定します。
Satellite サーバーを使用したホストのデプロイ
PXE を使用してホストをデプロイし、プロビジョニングします。
エンタープライズ・システムをデプロイするための Satellite サーバーの設定
ソフトウェアおよび設定管理との統合のためのホスト・プロビジョニングを設定し、未プロビジョニング・ホストおよびプロビジョニング検出済みホストを検出します。

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについて不明な点については、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください。

推奨される次の試験またはコース

Configuration Management with Puppet (DO405)
Puppet の使用による DevOps 環境での Red Hat Enterprise Linux ホストの設定について学びます。
Red Hat エキスパート試験 ーConfiguration Management with Puppetー (EX405)
Puppet および Red Hat Enterprise Satellite 6 での構成管理を自動化するためのスキル、知識、および能力を実証します。
Configuration Management with Puppet+認定試験 (DO405)
Puppet を使用して DevOps 環境で Red Hat Enterprise Linux ホストを設定する作業について学びます。さらに、Puppet および Red Hat Satellite サーバーを使用して Red Hat Enterprise Linux システムを管理するスキルや知識を実証するためのテストを行います。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、組織内のコンピュータシステムの設計、設定、テスト、およびデプロイの効率を向上させるために必要なスキルを伸ばすことです。それにより、予期しないシステムダウンの発生が減少し、新しいシステム、アプリケーション、および機能の効率的なデプロイが促進されます。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを受講すると、ソフトウェア開発ライフサイクルのプロセスを利用して、組織内のホストシステムを計画、作成、テスト、およびプロビジョニングできるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • Red Hat Satellite 6 のインストール
  • 制御された実稼働環境内で設定済みホストをプロビジョニングおよびメンテナンスするために必要なソフトウェアのソフトウェア・ライフサイクル管理