言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

Red Hat トレーニング

Red Hat Taste of Training

Red Hat Taste of Training Web セミナー

特定のトレーニングコースをお探しの方にも、新しい何かを学びたいと考えている方にも、Taste of Training Web セミナーシリーズは最適です。受賞歴のある Red Hat® トレーニングを利用する際の足掛かりとなります。

Red Hat カリキュラムチームによる約 1 時間の Web セミナーデモで、実践的な知識と実例をご紹介します。予定されている Web セミナーに参加できない場合は、後から録画をオンデマンドでご覧になれます。

Red Hat ラーニングサブスクリプションを利用して Red Hat Enterprise Linux 7 に移行
この Web セミナーでは、Red Hat Enterprise Linux® 7 の新機能および変更された機能について学習します。 Red Hat Enterprise Linux 7 の大幅に変更されたシステム管理に関するトピックや、特に重要なトピックに焦点を当てます。 また、システムのパフォーマンスを評価および調整するうえで必要なスキルおよび専門知識についても説明します。
Red Hat Enterprise Linux Atomic Host による Docker コンテナの管理
Red Hat Enterprise Linux Atomic Host は、アプリケーションコンテナの実行のために最適化された効率的なホストプラットフォームです。この Web セミナーでは、既存の Docker コンテナから新しいコンテナを作成する方法について説明します。ソフトウェアをコンテナにインストールし、設定して、サービスを提供します。その後このコンテナを、新しい Docker イメージとして保存し、タグ付けします。
Keystone ID サービスのOpenStack への実装
Red Hat  OpenStack® Platform を管理する場合、特定の開発者に特定のリソースへアクセスし、管理してもらう必要がありますが、多くの場合そのリソースは、運用チームが扱うものとは異なります。その場合、従業員の多要素認証が必要です。Keystone ID サービスは、このような機能をすべて備え、さらに他の機能も備えています。
FirewallD の使用
このオンデマンド Web セミナーでは、この新しいメカニズムと Red Hat Enterprise Linux 6 で使用されるツールの比較、およびこの新しいファイアウォールのルールを firewall-cmd を使ってコマンドラインから変更する方法と、firewall-config を使ってグラフィカルフロントエンドから変更する方法について学びます。取り上げる内容は、RHCSA 速習コース (RH199) の内容とまったく同じものです。
systemd の世界における管理
このオンデマンド Web セミナーでは、systemctl、journalctl、systemd ユニットタイプの基本的の使用方法と、これらのツールを使ってブートに関する問題をトラブルシューティングする方法について学びます。 この Web セミナーで取り上げる内容は、Red Hat システム管理 I (RH124) および Red Hat システム管理 II (RH134) コースから抜粋されたものです。

Red Hat Taste of Training ビデオ

YUM を使用したソフトウェアのインストール
このビデオでは、Red Hat システム管理 I (RH124) コースのコンテンツを使用し、Red Hat RPM パッケージフォーマット上にスタックされるアプリケーションである YUM を使用してソフトウェアをインストールする方法について学びます。
システムでの SELinux モードの管理
このビデオでは、Red Hat システム管理 II (RH134) コースのコンテンツを使用し、システムで SELinux モードを管理する方法について学びます。
スタンドアローンモードとドメインモード
このビデオでは、Red Hat JBoss Application Administration I (JB248) コースのコンテンツを使用し、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (EAP) 6 のスタンドアローンモードとドメインモードの主な相違点について学びます。
ドメインコントローラーを使用したクラスタのローリングアップグレードのサポート
このビデオでは、Red Hat JBoss Application Administration II (JB348) コースのコンテンツを使用し、Red Hat JBoss EAP 6 のドメインコントローラーを使用してユーザーのダウンタイムをゼロにしてくれる、クラスタのローリングアップグレードをサポートする方法について学びます。
Business Central でのフォームの使用
Business Central におけるユーザータスクを含むビジネスプロセスを作成する方法について学習します。このビデオの内容は、Developing Workflow Applications with Red Hat JBoss BPM Suite (JB427) コースと同じものです。このトピックやその他の詳細については、Red Hat の Web サイトをご覧ください。
Red Hat JBoss Fuse へのデプロイ
このビデオでは、Maven を使用してアプリケーションバンドルを構築する方法について学習します。このアプリケーションバンドルは、OSGi システムを使用して、Red Hat JBoss Fuse に容易にデプロイできます。このビデオの内容は、Camel Development with Red Hat JBoss Fuse (JB421) コースと同じです。
統合デモ
このビデオでは、実際のシナリオを使用して、Java EE アプリケーションと Red Hat JBoss BRMS 間の統合を簡素化するための簡単な JUnit テストのデモをご覧いただきます。このビデオの内容は、Implementing with Red Hat JBoss BRMS (JB465) コースと同じものです。
キャッシュストアの設定
このビデオでは、データを格納するように JDBC キャッシュストアを設定する方法について学習します。このビデオの内容は、Red Hat JBoss Data Grid Development (JB453) コースと同じものです。
仮想データベースの管理
このビデオでは、Red Hat JBoss Data Virtualization サーバーに含まれる Red Hat JBoss EAP Management Console を使用して仮想データベースを管理する方法のデモをご覧いただきます。このビデオの内容は、Red Hat JBoss Data Virtualization Development (JB450) コースと同じものです。

Red Hat Taste of Training コースの抜粋

Red Hat OpenStack Platform のインストール
このコース抜粋では、Red Hat OpenStack Platform の基本アーキテクチャとインストール手順について説明します。
Red Hat JBoss Fuse 環境での Camel および Fabric
このコースの抜粋では、Red Hat のトレーニングコースの内容を直接引用して、Camel と Fabric 機能とのやり取り、Fabric アーキテクチャーの主な要素の特定、Camel Fabric コンポーネントを使用する Camel ルートの作成について学習します。