IT 最適化ソリューション

今の資産を活用する。
将来に備える。

現在利用中の IT スタックは、将来も組織を支え、持続させていくことができるでしょうか。IT を最適化すれば、業務を支えるシステムを維持しながら、新たな製品やサービスを構築することが可能になります。

Red Hat で IT をモダナイズしたお客様がコスト低減によりイノベーションに投資できるようになる金額は、今年 1 年の総額で 70 億米ドルに上る見込みです。その詳細をご確認ください。

「今」最適化すべき理由

IT 分野の意思決定者は誰しも、現状維持と長期的なイノベーションへの備えという 2 つの大きな要求の板挟みになっています。しかし、柔軟性に欠けるプロプライエタリーなインフラストラクチャを抱えている組織では、レガシーツールの保守という形で、バランスが現状維持に大きく偏る傾向があります。現状維持から脱却し、将来を見据えた施策を取るためには、既存システムをモダナイズするか、柔軟で安定したオープンなプラットフォームとツールに移行する必要があります。

Optimize IT graphic

Linux は幅広い分野で、現代のイノベーションを推進する原動力となっています。仮想化、クラウド、コンテナ、Kubernetes。これらのプラットフォームが存在するのは、Linux の存在ゆえです。Linux は今でも、あらゆる活動の基盤となっています」

Red Hat 製品・テクノロジー部門 社長 Paul Cormier (ポール・コーミア)
Red Hat で IT を最適化

弾力性に優れたインフラストラクチャの構築

ソフトウェア・デファインド・オペレーティングシステム、仮想化、ストレージがあれば、激化する要求に柔軟に対応できます。e ブックで詳細をご確認ください。

Red Hat Enterprise Linux 8 で IT の複雑さを軽減

Red Hat Enterprise Linux 8、登場

容易な拡張、どこでも実行できるアプリ、柔軟に移動できるワークロード。これらすべてが Red Hat® Enterprise Linux® 8 で実現します。Red Hat のバーチャルイベントに登録して、デモをご覧ください。

IT 最適化に関する課題

スムーズに扱えるシンプルな運用環境が必要

シンプルさは、より効率的でセキュアな IT エコシステムを実現するための鍵です。運用環境を Red Hat のインフラストラクチャで標準化すると、コストと複雑さを制御できるようになります。

Red Hat のソリューションは、スケーラブルな管理とセキュリティによって、環境に秩序をもたらします。そして、物理、仮想、プライベートクラウド、パブリッククラウドの環境すべてでプラットフォームを標準化し、既存のテクノロジーとプロセスと同様に、効果的に相互連係させることが可能になります。

クラウド対応のインフラストラクチャ・プラットフォームが必要

既存インフラにクラウド機能を導入しても不十分であれば、インフラのクラウド移行を準備すべきタイミングです。Red Hat のオープンソース・プラットフォームを利用すれば、企業のデジタル・トランスフォーメーションを急発進させることが可能です。

Red Hat のインフラストラクチャ移行ソリューションにおいて最初に着手する要素は、クラウド対応プラットフォームとハイパーコンバージド・インフラストラクチャです。また、プロプライエタリー技術に依存する仮想化から脱却してクラウドネイティブな未来を切り拓こうとする数々の組織を支援する中で Red Hat が蓄積してきた専門知識を活用することもできます。

Intermountain Healthcare、移行によりイノベーションを加速

医療システム Intermountain Healthcare にとって、患者にとって無害な環境づくりは、高速で柔軟な IT 環境を作れるかどうかにかかっていました。ユタ州ソルトレークシティに拠点を置く Intermountain Healthcare では、Red Hat の仮想化およびクラウド管理プラットフォームに移行することで、デプロイの所要時間が数週間から数時間にまで短縮されました。これらの技術面の向上により、開発者と運用チームは臨床上のニーズに迅速に対応できるようになりました。

Red Hat の OS がお客様にもたらす経済的メリットは、総額で 1 兆米ドル相当1に上ります。その詳細をご確認ください。