言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

お客様事例

Banco Azteca、インフラストラクチャコストを 40% 削減

Banco Azteca はメキシコ最大手の銀行です。将来の成長に備えて IT 環境を構築するために、Red Hat® コンサルティングと Red Hat トレーニングを利用して、プロプライエタリな UNIX インフラストラクチャから、Red Hat Enterprise Linux® で稼働する、完全に標準化された環境に切り替えました。その結果、サポートおよび保守コスト、インフラストラクチャコストをそれぞれ 40% 削減し、アプリケーションに関してはエラーを 99% 抑え、応答時間を 50% 短縮することに成功しました。

お客様の契約年度

2009 年

メキシコ、メキシコシティ

金融業界

目標

レガシーアーキテクチャーを標準化することで、セキュリティを強化し、アプリケーションエラーを低減させ、長期的な成長をサポートする。

ハードウェア

  • 40 コア Intel プロセッサーを搭載したサーバー 500 台

Red Hat Enterprise Linux を導入したことによって、堅牢性、効率性、安全性を備えたソリューションが少ないコストで手に入ります。他の Red Hat 製品と組み合わせた結果、より優れたサービスをお客様に提供することができています。

Banco Azteca テクノロジーサービス担当取締役 Efraín Carballo 氏

将来の成長に対応できる堅牢な IT インフラストラクチャ

メキシコ最大手の銀行である Banco Azteca は、ブラジルおよび中南米全域にわたる 6 カ国で事業を展開しています。680 万件以上の普通預金口座と 900 万件以上の掛売口座を取り扱っており、急速に成長を続けています。

しかし、このような急速な成長は IT の大きな課題ともなりえます。2009 年に、Banco Azteca の IT チームは、増え続ける大量のトランザクション件数を効率的にサポートできる、標準化されたプラットフォームを模索し始めました。顧客が入金や本人確認を行えなくなってしまうというアプリケーションエラーが著しく増加していることが最大の懸念となっていました。市販製品を徹底的に調査した IT チームは、プロプライエタリなインフラストラクチャから、より経済的なオープンソースプラットフォームに移行することが最善であると判断しました。

より優れたパフォーマンスを備えた、セキュアでスケーラブルなプラットフォーム

Banco Azteca は複数の UNIX オペレーティングシステムが混在する環境から、500 台の HP サーバーと Intel サーバー上で Red Hat Enterprise Linux を稼働する、完全に標準化された環境に移行しました。さらに、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform を採用したことによって、アプリケーションは常に効率的かつ効果的に実行できています。

Red Hat のテクノロジーは、Banco Azteca に将来の成長を見越したコスト効率に優れた基盤を提供し、顧客の変化するニーズに応える柔軟性とスケーラビリティを備え、さらに今日のユーザーエクスペリエンスの期待を上回るパフォーマンスをもたらしています。「Red Hat Enterprise Linux を導入したことによって、堅牢性、効率性、安全性を備えたソリューションが少ないコストで手に入ります。他の Red Hat 製品と組み合わせた結果、より優れたサービスをお客様に提供することができています。」と Banco Azteca のテクノロジーサービス担当取締役である Efraín Carballo 氏は述べています。

Banco Azteca は、Red Hat コンサルティングの力を借りて、最善の設計に基づいた新しいインフラストラクチャを構築し、最適なパフォーマンスを実現する新しい環境を実装しました。Red Hat トレーニングもまたデプロイメントにおいて、Banco Azteca のスタッフにツールや知識、そして新しい環境を最大限に活用するために必要な認定資格を提供するなど、重要な役割を果たしました。

2014 年、Banco Azteca で IT マネージャーを務める Jorge Juárez Acevedo 氏は、Red Hat 認定プロフェッショナルオブザイヤーとして表彰されました。Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA)、Red Hat 認定エンジニア (RHCE)、Red Hat 認定仮想化技術管理者 (RHCVA)、Red Hat 認定データセンタースペシャリスト (RHCDS) を取得している同氏の実践的な専門知識は、IT チームが新しいインフラストラクチャに移行し、24 時間体制でサービスを提供し続ける上で役立ちました。

企業全体で目に見える成果を実現

Banco Azteca が Red Hat 製品を導入した結果、さまざまな面で顕著な成果をあげています。サポートおよび保守コストが 40% も削除されたことに加え、重要なアプリケーションを以前よりも高速に実行できるようになったため、トランザクションの処理速度が落ちる確率も 1 日あたりわずか 10 件に低下しています。これは、1 日あたり平均 1,000 件発生していた以前と比べると大幅な減少であり、99% 向上したことになります。また、この移行に伴い、レガシーアプリケーション内の使用できないコンポーネントも消去したことによって、応答時間を 50% 短縮することに成功しています。さらに、コスト効率の高い Intel プロセッサーを利用することで、インフラストラクチャコストを 40% 削減しています。

そして何よりも、カスタマーエクスペリエンスが大幅に強化されています。現在では、クレジット取引の平均応答時間は 1 秒未満になりました。さらに、Red Hat のセキュアな Web プラットフォームによって、以前よりも機密性が高く安全な方法でクレジット履歴レポートを提供できるようになりました。

詳細はこちら