お客様事例

LDCC、クラウド・プラットフォームを構築し、顧客に新しいサービスを提供

Lotte Data Communication Logo

会社概要

業界:IT サービスプロバイダー
地域: APAC (アジア太平洋)
所在地:韓国、ソウル
会社規模:2,500 人

私たちは、グループの「サイロ」型システムを標準化して統合し、効率を上げるためにクラウドを採用しました。加えて、最小限の試行錯誤で環境を構築した後で、パブリッククラウド・サービスを提供することもできました。

Lotte Data Communication Company クラウドサービス・マネージャー Yoon-Soo Kim 氏

会社概要

Lotte Data Communication Company (LDCC) は、アジア各地に拠点を持つ韓国の IT サービスプロバイダーです。LDCC は、ビジネスを成長させ、IT リソースを統合し、効率を向上させるクラウド・プラットフォームを構築することで、将来に備えたいと考えていました。LDCC はまた、新しいサービスモデルを展開し、外部クラウドサービス・プロバイダーとなり、ビジネス向けのパブリッククラウドを提供したいと考えました。LDCC は Red Hat® ソリューションを使用し、OpenStack® ベースのクラウド・プラットフォームを構築しました。その結果、5 年間の総所有コスト (TCO) の 30% 削減、および物理的な占有スペースと電力コストの 80% 削減を実現しました。

成功への道のり

課題:クラウドへの移行でチャンスを拡大

LDCC は、企業を成長させ、効率性とアジリティを高め、顧客に新しいサービスを提供するためには、クラウド・プラットフォームに移行する必要があることを理解していました。ビジネスシステムをクラウドに移行することで、多様なシステムを統合でき、それによりパブリッククラウド・サービスを販売するという新たなビジネスチャンスを創出することができました。

事例

LDCC、Red Hat OpenStack Platform で将来に備える

ソリューション:OpenStack ベースのクラウド・プラットフォームを導入

LDCC は、OpenStack ベースのクラウド環境を構築し、ソフトウェア・デファインド・ストレージ やネットワーク、カーネルベースの仮想マシン (KVM) ハイパーバイザーなどの補完的なテクノロジーを採用することに決めました。しかし、LDCC 社内には OpenStack のエキスパートがあまりいませんでした。「専門知識と人材が不足しているため、OpenStack のコミュニティ版ではうまくいかなかったでしょう」と、LDCC のクラウド・サービス・マネージャー、Yoon-soo Kim 氏は言います。「信頼性を重視して Red Hat を選択しました」

ソフトウェアとサービス

ハードウェア

  • Cisco Unified Computing System (UCS) サーバー

結果:コスト削減と効率化、ビジネスの拡大

Red Hat ソリューションにより、LDCC は今後 5 年間で TCO の 30% 削減に加え、物理的専有スペースと電力コストの 80% 削減を見込んでいます。要求への応答時間も改善され、新しいサーバーの確立が、数時間ではなく数分で実現できるようになりました。LDCC はこの新しいソリューションを使用して事業を拡大し、外部パブリッククラウドを提供しています。「私たちは、グループの『サイロ』型システムを標準化して統合し、効率を上げるためにクラウドを採用しました」と、 Kim 氏は述べます。「加えて、最小限の試行錯誤で環境を構築した後で、パブリッククラウド・サービスを提供することもできました」

Red Hat のテクニカルサポート・ポータルから必要な情報をいつでも入手できるため、ほとんどの問題については外部の助けを得ることなく、自社内で解決することができます。Red Hat コンサルティングのおかげで、問題なくプロジェクトを完了することができました。

Lotte Data Communication Company クラウドサービス・マネージャー Yoon-Soo Kim 氏
OpenStack ワードマークと Square O Design は個別に、または一体として米国とその他の国における OpenStack Foundation の商標または登録商標であり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。