Red Hat Cloud Infrastructure

機能と利点

選択の自由を確保

Red Hat の製品はオープンスタンダードに基づいて構築されているため、1 つのベンダーに依存することがなくなります。Red Hat の最大の使命は、オープンソースを企業にもたらすことです。Red Hat が受賞歴のあるサポートでテクノロジーを担当するため、お客様は業務に専念していただくことができます。

柔軟性を維持

クラウドの導入に向けた IT の取り組みは、ビジネスニーズに基づいて行う必要があります。Red Hat Cloud Infrastructure は、ご希望の条件とスケジュールに沿って、組織のワークロードモデルを従来のものからクラウド対応のものへ移行するのをサポートします。統合されたコンポーネントは既存のインフラストラクチャ投資と共存でき、お客様はご利用の環境やニーズに合わせてクラウドを調整することができます。

コスト効率の高い安全な仮想化

Red Hat Virtualization により、データセンター仮想化の従来のワークロードを使用して、従来型のプライベートクラウドを構築します。Red Hat Cloud Infrastructure の一部である Red Hat Virtualization は、SPECvirt のパフォーマンスとスケーラビリティにおいて最高の仮想化ベンチマークを獲得しました。

自動化を維持

Red Hat Cloud Infrastructure は、Red Hat Enterprise Linux® および Red Hat パッケージマネージャーに基づくアプリケーションの自動プロビジョニング機能 (構成とソフトウェア管理を含む) を提供します。

必要なすべての環境をデプロイ

Red Hat Cloud Infrastructure は、複数の仮想化テクノロジー、Red Hat OpenStack® Platform、および Amazon Web Services や Microsoft Azure などのパブリッククラウド・プロバイダーを管理できます。どのクラウドを選択しても構いません。これらすべてのクラウドに対応します。

すべての環境を管理

Red Hat CloudForms は、既存の独立した仮想インフラストラクチャの可視化と制御を提供する、オープンなハイブリッドクラウド管理プラットフォームです。これにより、複数の仮想化プラットフォーム (Red Hat Virtualization や VMware vSphere など)、Red Hat OpenStack Platform、さまざまなパブリッククラウド・プラットフォーム (Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform など) で横断的に、クラウドサービスをデプロイ、監視、管理できます。

クラウドを構築する準備ができていますか?